お祭りりんく 福井県の有名なお祭り

   注目のお祭り

7月20日の 鹿児島県 鹿児島市 曽我どんの傘焼き は、鎌倉時代に相模国の曽我兄弟(十郎祐成と五郎時致)が父の仇討ちを遂げる際、たいまつの代わりに雨傘を燃やして夜討ちした故事に由来する伝統行事。
7月20日と21日の 大分県 日田市 日田祇園祭 は絢爛豪華な山鉾が祇園囃子の音色と共に町並みを巡行。夜は提灯を飾り付けた優雅な晩山の巡行で祭りは一気に最高潮。祇園囃子は俗曲と端唄をアレンジした独特のもの。
7月13日の 愛知県 稲沢市 祖父江の虫送り は高張り提灯を先頭に実盛人形を掲げ、松明の行列をつくり鐘や太鼓を打ち鳴らしながら田んぼ道を練り歩く。最後に実盛人形を松明の炎の中に昇天させ五穀豊穣を祈る。
長野県 長野市弥栄神社の ながの祇園祭 が7月13日と14日に行われる。13日の宵山では屋台で披露される伝統的な演舞を間近で見ることができる。14日の本祭には絢爛豪華な伝統の屋台行列が市内を巡行する。( 祇園祭 )
4月に始まった 福岡県 小郡市如意輪寺(かえる寺)の 風鈴まつり は桜やあじさい、新緑や紅葉などを楽しめる如意輪寺で夏を無事に越せるようにと数千個の風鈴が境内に飾られ、その音色は涼やか。8月31日まで。

     蓮(ハス)

博多祇園山笠

福井県は敦賀市にある木ノ芽峠で嶺北(越前)と嶺南(若狭)に分けられ気候、風土、生活慣習や言語にも違いがみられます。伝統文化にも嶺北(越前)は北陸加賀の色合いが濃く、嶺南(若狭)は近畿地方の影響を強く受けています。ただ、かって越前の国であった敦賀地方では両者の文化が混在しています。
1月 美浜町の日向の水中綱引きは、水中に張った藁綱を若者が飛び込んで引き合うという勇壮な綱引きです。一月の水温は低くて身体の感覚を失うほどで、東西二組に分かれた裸の若者は元気一杯で水の中に飛び入り、綱を断ち切ってこれを海に流す。大蛇退治を模した行事ともいわれるが、本来は東西に分かれて漁の豊凶を占う行事です。
敦賀市では、小正月の行事として夷子・大黒綱引きが行われます。厄年の男性が扮した「夷子神」と「大黒神」が練り歩き、集まった数百人の老若男女が、夷子方と大黒方に分かれて綱引きの勝負を競い、夷子が勝てば豊漁、大黒が勝てば豊作と占う。綱引きの参加は自由で引き合った大綱の藁は持ち帰ることもでき、無病息災のお守りになるといわれています。
2月 越前市粟田部の蓬莱祀(おらいし)は、マユ玉を飾った山車を地区内に曳き回すもので、継体天皇の即位を祝って始まったとされ、山車は二百束の藁と青松葉を用いて俵じめの円形の台座を作る。これにマユ玉を指して飾り立てるのですが、これは年頭にあたっての五穀豊穣やと無病息災を祈願する祭りと言えるでしょう。
白山信仰を中心として、諸社寺には中世の芸能文化が祭礼・法会の行事として取り込まれ、猿楽や延年、あるいは田楽が伝承されている。池田町の水海の田楽能舞はその一つとして貴重な存在で、田楽と能の両方をあわせ持つ舞であり、古い型が現在も生きた形で継承されています。
2月終わりに、小正月に松飾りを集めて燃やす左義長で知られる勝山左義長まつりは、各町内に櫓を建て、その上で赤い長襦袢姿の大人たちが子供を交え、独特のおどけ仕草で三味線、笛、鉦による軽快なテンポの左義長囃子にのって祭りを盛り上げます。夕方、神明神社で採火した御神火が、どんど焼き会場に運ばれ、狼煙を合図に一斉に点火され、冬空美しく雪に映えて燃え盛る炎の競演とともに祭りのフィナーレを迎えます。
3月12日に奈良東大寺二月堂で行われる「お水取り」に先がけて、3月2日に行われる小浜市神宮寺のお水送りは、奈良と若狭の関係を物語る伝統行事で、「お香水」が若狭鵜の瀬から10日間かけて二月堂「若狭井」に届くといわれています。
4月 桜の季節に始まる敦賀市の花換まつりは桜の名所である金崎宮に桜見物に訪れた人々が「花換えましょう」と声をかけ、桜の小枝を交換することで想いを伝えるロマンチックなお祭り。期間中は福娘との花換え、夜桜ライトアップ、特産品が当たる抽選会、花換神事(土日開催)などの催しが行われます。
隔年に行われる糸崎の仏舞は、大陸から渡来した奈良時代の舞楽を今に伝える貴重な伝統芸能です。仏面を着けた8人の舞仏と2人念菩薩が、白い童子の面を着けた角守りと呼ばれる2人の幼児に見守られ、太鼓と鉦に合わせて舞うもので、菩薩や天女の喜びの舞である、ゆっくりとした舞ぶりは舞楽の演目を感じさせるものです。
5月 東尋坊にも程近い「三國神社」で行われる三国祭は北陸三大祭の一つとされ、山車巡行で披露される高さ6メートルを超えるの豪勢な武者人形が笛太鼓のお囃子と共に町内を練り歩きます。古い町並みを、見物人の波をかき分けるように巨大な山車が進む光景は迫力満点ですが、この武者人形は地元有志や人形師の手で毎年作り替えられているそうです。
越前町の越前陶芸村で開催されるの越前陶芸まつりは県内の越前焼窯元が一堂に集結し、新作をはじめ数多くの焼き物を購入できる催しです。伝統工芸品販売や飲食・バザーや、陶芸館茶苑では「さつきあげ茶会」もあります。
6月 高浜町の高浜七年祭は佐伎治(さきち)神社の祭礼で、巳年と亥年の六年目ごとに行われることから「七年祭」の名があり、祭礼は七日間にわたります。俗に「喧嘩祭り」と称される神輿渡御、大刀振りなどがあるが、これらとともに「お田植神事」があります。はじめに、二人が「えぶり」、六人が鍬(くわ)を持った八人による「御用叶う」が踊られ、続いての「大田植え」「小田植え」では、三人の神主と二十人ほどの男児の扮する早乙女が、問答風に唄を掛け合いながら所作を演じます。
8月 日本三大松原の一つである「気比の松原」で開催される、戦没者の霊を慰めようと始まった、敦賀市のとうろう流しと大花火大会は、読経に合わせて約4000個のとうろうが海へ流されて海上を鮮やかに彩り、同時に花火が打ち上げられ、海と空に光と音の豪華絵巻が繰り広げられます。
古くから太鼓の盛んな越前町織田地区で行われるO・TA・I・KO響は太鼓の町のシンボルとして大太鼓「明神」を作ったことから始まったイベントです。県内の太鼓グループが演奏を披露するほか、各地から有名な太鼓グループや演奏家を招き、迫力満点のパフォーマンスが繰り広げられます。
九頭竜川の永平寺河川公園で行われる永平寺大燈籠ながしは永平寺町の夏の風物詩です。曹洞宗大本山永平寺の役寮・雲衲衆による読経の後、先人たちへの「愛と感謝」、供養の想いを込めて九頭竜川に約1万個の燈籠が流される。川面にいくつもの幻想的な光の帯をつくる光景は、燈籠ながしとしては日本一の規模です。クライマックスは、色とりどりの花火が夜空を染め、水面と夜空に映し出された灯りが、光の祭典を最高に演出します。また、当日はステージやバザー販売などのイベントも開催されます。
9月 敦賀まつり(氣比神宮例祭)は、9月2日宵宮祭、3日神幸祭、4日例大祭、5日より10日まで後祭、15日の月次祭をもって終わる「氣比の長まつり」として 有名です。宵山の、笛や太鼓などの賑やかなお囃子と稚児踊りで始まり、神幸祭では御神体が市内を巡行する御凰輦(ごほうれん)巡幸があり、例大祭で6基の山車(やま)が揃います。敦賀の山車の特徴は等身大の人形に本物の能面や甲冑を飾り付け、戦国時代の合戦における武将の勇姿を表現しています。まつり期間中は、各商店街によるお祭り広場や、カーニバル大行進、民謡踊りの夕べなどが行われ、露店も軒をつらね、北陸一円はもちろん京阪神などからも多くの人が敦賀に訪れます。
放生会(ほうじょうえ)とは捕獲した魚や鳥獣を野に放し、殺生を戒める宗教儀式で、放生祭は昔、放生会が行われていた小浜八幡の祭礼である。現在は神輿、大太鼓、神楽、獅子、山車などの演じ物が旧小浜町内を巡行し芸や囃子を披露する祭りです。

開催日開催地お祭りYouTubeWikipedia
1月1日越前市古式鍛錬 初打ち越前打刃物 初打
1月9日・10日福井市毛谷黒龍神社 十日えびす祭り毛谷黒龍神社 十日エビス祭毛谷黒龍神社
1月の第3日曜日美浜町日向の水中綱引き
日向の水中綱引き日向の綱引き行事
1月の第3日曜日敦賀市夷子・大黒綱引き
夷子大黒綱引き敦賀西町の綱引き
旧暦1月8日直前の日曜日敦賀市だのせ祭り野坂だのせ祭り
野坂だのせ祭り
大寒過ぎ最初の日曜日福井市足羽神社 寒中みそぎ足羽神社 寒中みそぎ足羽神社
1月下旬から3月下旬大野市越前おおのひな祭り
春を彩る圧巻のひな人形越前国
1月最終日曜日勝山市勝山年の市勝山年の市勝山市
2月上旬の土・日曜日大野市越前おおの冬物語越前おおの冬物語
2月11日越前市蓬莱祀(おらいし)
蓬莱祀大瀧神社・岡太神社
4年目毎の2月14日に近い日曜日福井市睦月神事
睦月神事
睦月神事
2月15日池田町水海の田楽能舞
水海の田楽・能舞
水海の田楽・能舞
2月中旬から3月3日高浜町若狭たかはまひなまつり若狭高浜ひなまつり高浜町
2月の最終土・日曜日
勝山市勝山左義長まつり(勝山市公式ホームページ)勝山左義長まつり勝山左義長
3月2日
小浜市お水送り若狭小浜のお水送り若狭神宮寺
3月下旬から4月中旬
坂井市丸岡城桜まつり丸岡城桜まつり丸岡城
3月下旬かた4月上旬敦賀市花換まつり恋の宮で花換まつり花換まつり
4月5日若狭町闇見神社例祭神事(若狭町公式ホームページ)闇見神社例大祭
4月8日若狭町宇波西神社王の舞
宇波西神社例祭宇波西神社
2年に1度 4月18日
福井市糸崎の仏舞糸崎の仏舞糸崎の仏舞
4月20日
坂井市雄島祭り
雄島祭り雄島
4月29日
あわら市あわら温泉春まつりあわら温泉春まつり芦原温泉
5月1日美浜町彌美(みみ)神社 王の舞彌美神社王の舞美浜町 (福井県)
5月3日越前市式部とふじまつり紫式部ふじまつり紫式部
5月3日・4日越前市あじまの万葉まつり
あじまの万葉まつり万葉集
5月3日から5日越前市神と紙のまつり神と紙のまつり越前和紙
5月5日福井市じじぐれ祭りじじぐれ祭り
5月5日福井市花山行事花山行事花山行事
5月19日・20日・21日
坂井市三国祭三国祭り三国祭
5月24日福井市馬鹿ばやし馬鹿ばやし福井市
5月下旬の土・日曜日越前町越前陶芸まつり越前陶芸まつり越前町
6月第3日曜日坂井市瀧谷寺観音まつり瀧谷寺 観音祭 火渡り瀧谷寺
6年ごと6月下旬の7日間高浜町高浜七年祭
高浜七年祭
逸見昌経
6月30日福井市足羽神社 夏越の大祓足羽神社で夏越の大祓
海の日前日日曜日を中日の3日間
あわら市金津まつり金津祭り金津町
7月下旬の土曜日越前町あさひまつりあさひまつり
8月上旬の土曜日福井市ふくい祇園まつりふくい祇園まつり木田神社
8月14日・15日越前市越前市サマーフェスティバル越前市サマーフェスティバル越前市
8月15日勝山市谷のはやし込み谷はやし込み行列
8月15日美浜町精霊船精霊船送り精霊船
8月16日
敦賀市とうろう流しと大花火大会とうろう流しと大花火大会
とうろう流しと大花火大会
8月第2土曜日越前町O・TA・I・KO響オタイコ・ヒルズ
8月下旬の金・土・日曜日福井市福井フェニックスまつり福井フェニックスまつり福井フェニックスまつり
8月下旬の土曜日永平寺町永平寺大燈籠ながし永平寺大燈籠ながし永平寺
8月下旬の土・日曜日福井市越前朝倉万灯夜
越前朝倉万灯夜一乗谷朝倉氏遺跡
9月第1日曜日美浜町新庄 八朔祭八朔祭(新庄)美浜町 (福井県)
9月2日から10日
敦賀市敦賀まつり (氣比神宮例祭)敦賀まつり敦賀まつり
9月上旬の土曜日坂井市三國湊帯のまち流し三國湊帯のまち流し三國湊帯のまち流し
9月上旬の土曜日おおい町スーパー大火勢スーパー大火勢スーパー大火勢
9月上旬越前市武生国際音楽祭武生国際音楽祭武生国際音楽祭
9月第3日曜日敦賀市相撲甚句 利椋八幡神社 阿曽阿曽 相撲甚句相撲甚句
9月第3日曜日敦賀市赤崎の獅子舞赤崎の獅子舞
敬老の日前の土・日曜日
小浜市放生祭若狭小浜の放生祭放生祭
10月の第1または第2土・日曜日
坂井市丸岡古城まつり(坂井市公式ホームページ)丸岡古城まつり丸岡古城まつり
10月9日・10日越前町劔神社秋季例大祭劔神社秋季例大祭劔神社
10月上旬から11月上旬越前市たけふ菊人形
たけふ菊人形武生市
10月第2土・日曜日福井市オシッサマのお渡りオシッサマのお渡り
10月20日敦賀市御船遊管絃祭 金崎宮 敦賀港御船遊管絃祭
10月下旬から翌1月末越前町越前焼 四千色の陶あかり越前焼 四千色の陶あかり越前焼
11月初旬から12月25日敦賀市敦賀港イルミネーション「ミライエ」
敦賀港イルミネーション ミライエ敦賀港
11月上旬の土曜日(日曜日)越前町大谷寺万灯会越知山大谷寺 万灯会
11月20日敦賀市せんべい焼き(天満神社)天満神社 せんべい焼き天満神社 (敦賀市栄新町)
12月上旬の日曜日敦賀市山の神講(かんこ)赤崎の伝統行事 山の神講
春分の日から大晦日まで毎日大野市七間朝市七間朝市大野市
火曜日を除く毎日坂井市ゆりの里公園 イルミネーションゆりの里公園 イルミネーションゆりの里公園

福井県の花は 水仙
福井県の鳥は つぐみ
福井県の木は 松
福井県の魚は 越前がに
(福井県の公式ホームページ)

福井県のシンボル | 福井県ホームページ
福井県公式サイト。