お祭りリンク 秋田県の有名なお祭り

2月28日から3月3日までの 岩手県 奥州市、奥州水沢くくり雛まつりの雛は「押し絵」の技法で作られる。内裏雛、三人官女や五人囃子、歌舞伎やおとぎ話を題材にしたものなどが、ひな壇に飾られる。
2月4日に始まった 茨城県 桜川市の真壁のひなまつりは160軒もの商家や民家に江戸時代から平成までのさまざまなお雛様が飾られ、数多くの見学客で賑わいを見せています。3月3日まで。
2月10日に始まった 大分県 杵築市の杵築散策とひいなめぐりでは雛を「ひいな」と呼び、江戸時代の古今雛や旧家で愛されたお雛様、可愛い手作り雛などが城下町を華やかに彩る。3月10日まで。
1月27日に始まった 北海道 上川町の層雲峡温泉氷瀑まつりは極寒の自然を最大限に生かして作られた大小さまざまな氷のオブジェが暗くなると色とりどりにライトアップ。幻想的な風景を作り出す。3月中旬まで開催。

開催日開催地お祭りYouTubeWikipedia
1月2日
鹿角市大日堂舞楽(だいにちどうぶがく)
大日堂舞楽大日堂舞楽
1月15日秋田市火振りかまくら(仁井田)火振りかまくら仁井田 (秋田市)
1月17日
秋田市 三吉梵天祭
三吉神社の梵天祭太平山三吉神社
1月下旬の土・日曜日大館市比内とりの市比内とりの市比内鶏
1月最終土曜日羽後町ゆきとぴあ七曲ゆきとぴあ七曲羽後町
2月4日にかほ市掛魚(かけよ)まつり(秋田県公式ホームページ)
大タラ奉納!掛魚まつりタラ
2月初旬の金・土曜日湯沢市しがっこまつり小安峡しがっこまつり小安峡
2月10日仙北市上桧木内の紙風船上げ
上桧木内の紙風船上げ
上桧木内の紙風船上げ
2月11日
大仙市川を渡るぼんでん
川を渡るぼんでん雄物川
2月11日から15日美郷町六郷(ろくごう)のカマクラ・竹うち六郷のカマクラ美郷町 (秋田県)
2月14日仙北市角館火振りかまくら
角館の火振りかまくら火振りかまくら
2月第2金・土・日曜日
男鹿市なまはげ柴灯(せど)まつり
なまはげ柴灯(せど)まつり
2月第2金・土・日曜日
大館市アメッコ市(大館市公式ホームページ)大館アメッコ市
アメッコ市
2月第2土・日曜日湯沢市犬っこまつり
犬っこまつり
湯沢市
旧暦1月15日
大仙市刈和野の大綱引き
刈和野の大綱引き
市神
2月15日・16日
横手市横手のかまくら横手かまくら祭り
かまくら
2月第3土曜日大仙市鳥子舞・大曲の綱引き
大曲綱引き
大仙市
2月下旬の土・日曜日仙北市田沢湖高原雪まつり田沢湖高原雪まつり田沢湖
4月12日・13日秋田市星辻神社だるま祭り星辻神社だるま祭り
4月25日鹿角市松館天満宮三台山獅子大権現舞
松館天満宮三台山獅子大権現舞
松館天満宮三台山獅子大権現舞
5月5日八郎潟町願人踊
八郎潟町 願人踊り願人坊主
旧暦4月の中の申の前日能代市嫁見まつり嫁見まつり能代市
5月最終土曜日にかほ市小滝のチョウクライロ舞
小滝のチョウクライロ舞
象潟町
6月第2土・日曜日
湯沢市小町まつり小町まつり小野小町
6月第4週土・日曜日秋田市ヤートセ秋田祭ヤートセ秋田祭秋田市
6月下旬
大仙市鹿島流し
大曲の鹿島流し
丸子川 (秋田県)
7月14日・15日
北秋田市綴子大太鼓(北秋田市公式ホームページ)綴子大太鼓綴子大太鼓
7月20日・21日
秋田市 土崎港曳山まつり土崎港曳山まつり土崎神明社祭の曳山行事
7月下旬の土曜日仙北市たざわ湖・龍神まつりたざわ湖・龍神まつり
7月下旬の土曜日横手市よこての全国線香花火大会よこての全国線香花火大会蛇の崎橋
7月最終土・日曜日三種町サンドクラフトin三種サンドクラフト in みたね三種町
8月1日八峰町白瀑神社みこしの滝浴び白瀑神社みこしの滝浴び白瀑神社
8月3日から6日
秋田市 秋田竿燈まつり秋田竿燈まつり竿燈
8月5日から7日
湯沢市七夕絵どうろう祭り
七夕絵どうろうまつり
七夕絵どうろうまつり
8月6日・7日
能代市能代役七夕ねぶながし能代役七夕能代役七夕
8月第1土・日曜日小坂町小坂七夕祭小坂七夕祭小坂町
8月7日・8日
鹿角市花輪ねぷた
花輪ねぷた花輪ばやし
8月上旬能代市能代七夕 天空の不夜城
天空の不夜城安東愛季
山の日大館市大館大文字まつり
大館大文字まつり大文字まつり
8月14日・20日にかほ市釜ケ台番楽釜ヶ台番楽
にかほ市
8月15日五城目町きゃどっこまつりたいぞう/窓をあければ五城目町
8月15日鹿角市大湯大太鼓まつり(鹿角市公式ホームページ)大湯大太鼓まつり
8月16日
横手市横手の送り盆まつり横手の送り盆まつり送り盆まつり
8月16日横手市全日本元祖たらいこぎ選手権増田たらいこき゛選手権大会真人公園
8月16日大仙市ドンパン祭りドンパン祭りドンパン節
8月16日由利本荘市鳥海獅子まつり鳥海獅子まつり由利本荘市
8月16日から18日
羽後町西馬音内盆踊り
西馬音内盆踊り西馬音内の盆踊
8月18日から20日八郎潟町一日市盆踊り
一日市盆踊り一日市の盆踊
8月19日・20日
鹿角市花輪ばやし花輪ばやし花輪ばやし
8月21日から23日
鹿角市毛馬内盆踊り
毛馬内盆踊り毛馬内の盆踊
8月最終土曜日大仙市全国花火競技大会
大仙市 全国花火競技大会全国花火競技大会
9月7日・8日藤里町藤琴豊作踊り
藤琴豊作踊り佐竹氏
9月7日・8日・9日
仙北市角館祭りのやま行事
角館祭りのやま行事角館のお祭り
9月10日・11日大館市大館神明社例祭
大館神明社例祭出羽国
敬老の日直前の土・日曜日
横手市浅舞八幡神社祭典(横手市公式ホームページ)浅舞八幡神社祭典横手市
9月第2土・日曜日由利本荘市矢島神明社八朔祭り矢島町 八朔祭り矢島町
9月第2日曜日北秋田市たかのす太鼓まつりたかのす 太鼓まつり
9月下旬の日曜日湯沢市愛宕神社祭典 大名行列愛宕神社祭典 大名行列佐竹南家
11月7日・8日横手市霜月神楽保呂羽山の霜月神楽
保呂羽山の霜月神楽
11月下旬から12月上旬小坂町クリスマスマーケットin小坂クリスマスマーケットin小坂小坂鉱山
12月31日
男鹿市男鹿のナマハゲ
男鹿のナマハゲなまはげ
毎月下1桁 2 5 7 0 の付く日五城目町五城目朝市五城目朝市

北方に位置する秋田県は温暖な地ではない。冬は雪の舞う寒風が荒れ狂い、夏にも時には冷害が襲う。そんな厳しい北国の気候風土に生きて、美人や美酒、肥沃な秋田平野からは美味しいお米を育ててきた秋田県人は自然に対する信仰心が厚いと言われ、祭りにも色濃く出ているようです。
昔、この地方で栄えたというダンブリ長者に由縁のある大日堂で、年の始めに行なわれる大日堂舞楽(だいにちどうぶがく) は、各集落から氏子の能衆が集まって、田楽や能などの芸能を奉納する行事です。祭りは、各集落ごとの、早朝の舞に始まり、やがて行列を整えて各所から大日堂に集まり、宝物殿前の舞台で7種類の舞を奉納します。この祭りはユネスコ無形文化遺産にも登録されています。
ぼんでんの祭りは秋田県下に八十余りあります。その中で三吉梵天祭が広く知られています。この祭りは梵天と呼ばれる竹のかごに布や五色の紙を飾りつけたものを担ぎながら神殿までを競い合うお祭りで、境内を激しくもみ合いながら奉納する様子は、その勇壮さから「けんか梵天」とも呼ばれています。
2月 秋田県南西部の町にかほ市の金浦(このうら)地域では、毎年2月4日の立春の日に、掛魚(かけよ)まつりなるものが行われています。海上安全と大漁を願い、地元で獲れる巨大な「寒鱈」を担いで人々が町を練り歩き、守護神である金浦山神社に奉納して感謝を捧げるという、一風変わったお祭りです。
100年以上の歴史をもつ仙北市の小正月の行事、上桧木内の紙風船上げは「無病息災」「五穀豊穣」や「家内安全」などその年への願いを込めて武者絵や美人画などが描かれ、灯火をつけた60個余りの巨大紙風船がきらめく星々のごとく真冬の夜空に舞い上がります。
なまはげ柴灯(せど)まつりは男鹿市北浦の真山神社境内で行われている祭りで、1月3日に真山神社で行われる神事「柴灯祭(さいとうさい)」と、男鹿の民俗行事「なまはげ」を組み合わせた冬の観光行事です。柴灯祭とは、平安時代の終わり頃から行われる由緒ある祭で、境内に柴灯を焚き上げ、この火で炙られた大餅を奉納する儀式。なまはげも、男鹿を代表する民俗行事で面や藁で編んだケデと呼ばれる衣装を身にまとい、出刃包丁を持ち威厳のある所作で新しい年のはじまりを祝います。
犬っこまつりは約400年もの長い間続くといわれる湯沢地方の民俗行事です。かつて白昼堂々と人家を襲う「白討(はくとう)」という大盗賊が跋扈していたので、殿様がこれら一味を退治し、再びこのような悪党が現れないようにと、米の粉で小さな犬っこや鶴亀を作らせ、家の入口や窓にお供えして安全祈願をしました。その伝統が今も受け継がれ、現在は雪で作ったお堂の中にしんこ細工の犬っこを置き、お餅や甘酒などをお供えするようになりました。
「かまくら」と呼ばれる民俗行事は秋田県の各地にあるが、雪をトーチカのように固め、その雪洞の中に水神様を祀り、子供たちが集まって遊ぶ横手のかまくらが代表的なものです。中に子どもたちが入って、「はいってたんせ(かまくらに入ってください)」「おがんでたんせ(水神様をおがんでください)」といいながら、甘酒やおもちをふるまいます。
4月 松館菅原神社に伝わる三台山獅子大権現舞は、主神である学問の神様としても有名な菅原道真に因み、地元住民からは「天神さんのお神楽」と呼ばれています。境内の湯釜を据えた祭場で様々な舞が奉納され、今年1年の五穀豊穣と悪疫退散を祈ると共に、権現舞の終了後には、地元の子供たちの無病息災と学業成就を祈願して、獅子頭で噛む所作も行われ、また、火伏せと無病息災を祈願し、煮えたぎる窯の湯を笹束で振りまくダイナミックな所作が見どころの「湯立の神事」や、稲の作況を占う「作占いの儀」も行われます。
5月 願人踊の願人とは、山伏、修験者のことで、大阪の住吉踊りから発したされる願人坊踊りの系譜に連なるものされます。八郎潟町に伝えられたのはおおよそ300年前と言われ、裾をはしょった女物の長襦袢の羽織、前垂れを腰から下げた踊り手の、奔放でリズミカルな踊りが特徴です。途中、歌舞伎仮名手本忠臣蔵五段目の山賊、「定九郎」と爺ちゃ「与市兵衛」が登場して演じる寸劇が踊りをより一層楽しいものにしています。
5月の終わり、にかほ市象潟町小滝地区に伝わる小滝のチョウクライロ舞は国の重要無形民俗文化財に指定され、金峰神社祭礼におこなわれる延年の舞です。境内にはチョウクライロ山という土舞台があり、この舞台でしか舞うことができないものとされてきた。チョウクライロとは「長(ちょう)久(く)生(ら)容(いろ)」からきていて、長く久しく生きる容(すがた)の意味で延命長寿を祈って演じられる舞とされます。
6月 田植えも終わった旧暦5月、大曲周辺では鹿島流しが行なわれます。鹿島大明神の旗を立てた、わらで作って紙の鎧を着せた武者人形にお膳を備え、「おやき」と呼ばれる餅と路銀の十文銭を背負わせて船に乗せ、諏訪神社で御祈祷を受けたあと、丸子川に流して、五穀豊穣・悪疫退散などを祈願します。
7月 秋田市土崎の神明社の大祭が土崎港曳山まつりです。この祭りには二十台余りの山車が曳き出されて大賑わいになります。北前船でやってきた上方の商人たちが、土地の者とともに山車を曳きはじめたのがはじまりといわれています。山車に飾りつけられる人形は、表は武者人形ですが、裏の見返しにはさまざまの新しい趣向が盛りこまれていて、その人形が伝統ある山車を現代に結びつけているようです。
8月 東北三大祭の一つで観光的な祭りを代表する秋田竿燈まつりでは、46個の火の入った提灯を吊るした竿燈を絶妙なバランスで手のひら、額、肩、腰などに移していく曲芸のような技に圧倒されます。まつりに出る竿燈は200本を超えるので、それらが一斉にゆらめくのを見るのは壮観です。竿燈全体を稲穂に、吊るされた提灯を米俵に見立て、五穀豊穣を祈願します。
湯沢市の七夕絵どうろうまつりは、秋田藩佐竹南家七代目義安公に、元禄15年(1702年)、京都の公卿鷹司家から「おこし入れ」された姫君が、京都への郷愁の想いを五色の短冊に託し、青竹に飾りつけたのが始まりといわれています。期間中、家々では青竹に五色の短冊や吹流し等をつり下げて門前に飾るほか、浮世絵美人が描かれた大・小数百個の絵どうろうが通りに下げられます。その色彩と優雅さは夏の風物詩として人々を魅了します。
花輪ねぷたの見どころは、闇に揺れる武者絵の幻想さと町内に響き渡る大太鼓の音です。将棋の駒形をした高さ5メートル余りある王将大灯篭と鼓面が2メートルある大太鼓が米代川に架かる稲村橋に整列し、一斉に王将大灯篭に火を放ち、燃やして流す勇壮で幻想的なねむり流しに合わせて、大太鼓が打ち鳴らされ花火が打ち上げられます。
大館大文字まつりは大館市の夏の風物詩で、昼と夜の2部構成で開催されます。昼の部はおおまちハチ公通りをメイン会場として、大館大文字踊りや小学生のスクールバンドの演奏会などがあります。夜になると市内を流れる長木川の河川敷では露店が並び、ステージイベントでは「大館曲げわっぱ太鼓」の演奏などが行われ、そして、午後8時頃に市の東に位置する鳳凰山に「大」の火文字が浮かび上がると、フィナーレの打ち上げ花火が打ち上げられます。
8月16日に行われる盂蘭盆会の行事である、横手の送り盆まつりは、夕刻になると、町内ごとに屋形船が高張提灯を先頭に、15人ばかりの青年たちによって担がれ、蛇の崎橋を渡って川原へ繰り出し、先陣を競って互いに屋形舟を激しくぶつけ合います。同時に横手城をバックに花火が打ち上げられます。
400年の歴史を持ち秋田県三大盆踊りの一つとされる一日市盆踊りは、現在「でんでんつく踊り」「きたさか踊り」そして優雅な「三勝踊り」の三つが伝承されています。浦城から狐が化けて踊ったという一説もあり、化け(仮装して)て踊るのが定着した大衆盆踊りです。観て楽しむ踊りではなく、踊って楽しむ踊りで、浴衣姿から色とりどりの仮装をした踊り子が、大太鼓や笛の音に合わせて歌いながら踊る姿は、夏の風物詩となっています。
西馬音内盆踊りは、彦三頭巾と呼ばれる黒い頭巾で顔を隠しているのが異様ですが、これは祖霊の帰ってきた姿という伝承になり、また、端縫いと呼ばれる端切れを組み合わせた衣装は、祖母や母の着物の布地を綺麗に縫い合わせてあり、その衣装を身に着けることで祖先の霊とともに踊るという伝承をも残しているのは、いかにも盆踊りの性格を示しています。
大太鼓を打ち鳴らす毛馬内盆踊りは、通りの数か所に篝火が焚かれ、揃いの半纏姿の地区内の若者たちによる「呼び太鼓」の音により、篝火を囲んで細長い輪を作り踊ります。踊りは、祖先供養の意味をもつといわれる「大の坂踊り」と、より娯楽的な「甚句踊り」の二つがあり、最初に太鼓と笛の囃子が付く「大の坂踊り」が踊られ、続いて歌のみによる「甚句踊り」が踊られます。
日本一の祭り囃子とも称賛される鹿角市花輪の花輪ばやしには各町内から十台の屋台が曳き出される。「花輪囃子」と呼ばれているように屋台囃子に特色があります。十曲を超える囃子の曲目があり、それぞれが変化に富んでいる。囃子の構成は、小太鼓二、打太鼓八、横笛三、三味線二、鉦一を原則としているが、屋台によってその構成に差異があります。
9月 藤里町の浅間神社例大祭で奉納される藤琴豊作踊りは全体が大名行列をかたどり、棒使い、鋏箱、槍持ち等が先頭にたち、馬上の武士、御輿等と行列を組んで家々を周ります。奴は奴踊り、棒持ちは棒使い、槍持ちは槍踊り、馬上の武士は、いわゆる駒踊りと称する馬の頭と尾をかたどった木枠を腰に付け、後ろには旗をさし甲冑のような衣装を身にまといます。両肩には「羽」と呼ばれる袖を付けますが、この「羽」を両ひじで勢いよく跳ね上げるのが特徴で躍動感あふれる舞です。
人形を飾りつけた飾り山の山車をぶつけあったり、山車の前舞台で可憐な秋田おばこの踊りが踊られたりする祭りが 角館祭りのやま行事です。飾り山が通りで出会うと、二台の飾り山が激しくぶつかり合うので喧嘩祭りの異名もつけられています。曳山には、笛、大太鼓、小太鼓、鼓、摺り鉦、三味線等により「飾山囃子(おやまばやし)」を奏する人たちが乗って終始囃し、秋田おばこたちが艶やかに手踊りを披露します。
たかのす太鼓まつりは毎年恒例の太鼓まつりです。綴子大太鼓で大きい上町の3.80メートル、二番目に大きい下町の3.71メートルの大太鼓を観ることができる。また、他にも「鷹巣ばやし」や太鼓を集結させたイベントで、全身で響き渡る大太鼓の演奏を感じることができます。
11月 横手市保呂羽(ほろわ)の波宇志別(はうしわけ)神社に伝わる霜月神楽は、今年の収穫に感謝し、来る年の五穀豊穣を祈願する神事です。神社の神殿に集まった近郷の神官たちが、湯で浄める湯加持(ゆかじ)を中心とした33番の神楽を夜を徹して舞います。神子が、舞の途中で託宣を告げる「保呂羽山舞(ほろわさんまい)」や、最も重要とされ、鳥兜をかぶって荒々しく勇壮に舞う「山の神舞」などがあります。
大晦日の行事として全国的に有名な男鹿半島のなまはげがあり「春来る鬼」を迎えます。「なまはげ」とは、冬の間火のそばにいると脛(すね)に赤い斑点ができる。これを「なもみ」と言い、これを剥ぐ「なもみ剥ぎ」から、「なまはげ」になったと言われる。つまり「なもみ」を作るような怠け者になるなとの警告がこめられているのです。

タイトルとURLをコピーしました