お祭りりんく 岩手県の有名なお祭り

   注目のお祭り

7月20日の 鹿児島県 鹿児島市 曽我どんの傘焼き は、鎌倉時代に相模国の曽我兄弟(十郎祐成と五郎時致)が父の仇討ちを遂げる際、たいまつの代わりに雨傘を燃やして夜討ちした故事に由来する伝統行事。
7月20日と21日の 大分県 日田市 日田祇園祭 は絢爛豪華な山鉾が祇園囃子の音色と共に町並みを巡行。夜は提灯を飾り付けた優雅な晩山の巡行で祭りは一気に最高潮。祇園囃子は俗曲と端唄をアレンジした独特のもの。
7月13日の 愛知県 稲沢市 祖父江の虫送り は高張り提灯を先頭に実盛人形を掲げ、松明の行列をつくり鐘や太鼓を打ち鳴らしながら田んぼ道を練り歩く。最後に実盛人形を松明の炎の中に昇天させ五穀豊穣を祈る。
長野県 長野市弥栄神社の ながの祇園祭 が7月13日と14日に行われる。13日の宵山では屋台で披露される伝統的な演舞を間近で見ることができる。14日の本祭には絢爛豪華な伝統の屋台行列が市内を巡行する。( 祇園祭 )
4月に始まった 福岡県 小郡市如意輪寺(かえる寺)の 風鈴まつり は桜やあじさい、新緑や紅葉などを楽しめる如意輪寺で夏を無事に越せるようにと数千個の風鈴が境内に飾られ、その音色は涼やか。8月31日まで。

     蓮(ハス)

博多祇園山笠

面積はほぼ四国全体に相当する岩手県は、北が南部藩(盛岡藩ですが藩主が南部氏だったため南部藩とも呼ばれる 居城は盛岡城)に属し、南は伊達藩の土地で、そんなところから生活様式と気質に少し違いがあります。一般的に南部藩の人はのんびり屋で、伊達藩の人は律義者だそうです。
また、岩手県は民俗学の祖とされる柳田國男の「遠野物語」で知られる民俗のふるさと遠野市もあり民俗芸能の宝庫といわれます。
北上川流域地方には冬の裸の男と炎のまつり蘇民祭が数多く分布しているが、旧正月7日に行われる黒石寺蘇民祭が有名で、祭りのはじまる前に水垢離をとって身を浄め、やがて蘇民祭の中心となる餅と蘇民袋を争奪する壮絶な祭りをはじめます。
2月 サイトギは二戸市の冬の伝統行事です。薪を積み上げて火を付け、炎や火の粉の立ち上る方角によって農作物の作柄を占う。裸の男衆たちと、燃え盛る炎が高く舞い上がる様子は圧巻です。
大東大原水かけ祭りは、明暦3年(1657年)江戸に大火があり、この日を厄日と定め火防祈願の祭りとして始まったものと伝えられています。今日では、火防だけでなく厄除けも含まれており、厄年の男たちは裸で町の中を走り抜け、人々は桶を持って待ち構え、諸々の願いをこめて男達に冷水を浴びせかけるという祭りです。
江戸中期から昭和初期まで、盛岡市と遠野市を結ぶ街道の宿場町として、また、金、生糸、葉たばこなどの主要な生産地として栄えた大迫町の旧家には、享保雛や次郎左衛門雛、古今雛などのひな人形が大切に保管されています。平成10年から大迫宿場の雛まつりとして開催され、毎年、周辺市町村からの見物客でにぎわっています。
奥州市の奥州水沢くくり雛まつりの「くくり雛」という呼び名は水沢地方独特の呼び名です。厚紙の部品の上に綿をのせ、布で包み組み合わせて仕上げる、一般的には「押し絵」と呼ばれるもの。方言で綿を布でくるむことを「くくる」ということから「くくり雛」と呼ぶようになりました。内裏雛や三人官女、五人囃子のほか、歌舞伎やおとぎ話を題材にしたものなどが、ひな壇に飾り付られます。
4月 春の奥州市水沢日高小路の日高火防祭は、水沢城主伊達宗景公が少年時代に、江戸の振袖火事を体験し、城下に民間消防隊を組織して火防を祈願したことにはじまるといわれています。町内六組の火消し組の標識である町印を先頭にし、打ち囃子、囃子屋台が町を練るが、華麗に飾られた囃子屋台に人気が集まります。
5月 藤原まつりは中尊寺と毛越寺の法会を中心にしたまつりで、春の祭り秋の祭りがあります。春の祭りでは「源義経公東下り行列」が有名です。藤原四代の追善法要や古風な古実式三番などの舞もあり、秋まつりは、中尊寺本堂から金色堂まで練り歩く稚児行列があり、「曲水の宴」や「薪能」など、藤原氏の栄華がしのばれる祭りになっています。
6月 滝沢市のチャグチャグ馬コは、牛馬の神である蒼前(牛馬の守護神)信仰を伝えるものです。あでやかな飾り付けとたくさんの鈴をつけた馬のパレードが行われます。初夏の緑の中を鈴を鳴らして行く馬の行列はふるさとの風物詩として有名になり、観光行事としても人気をあつめています。
8月 盆踊りでは盛岡さんさ踊りが代表的な踊りです。太鼓と「サッコラ チョイワヤッセ」という独特の掛け声に合わせて、かなり激しい動きの踊りが繰り広げられます。踊りにつれて頭に被った花笠がリズミカルに振り動かされるのも大変魅力的です。掛け声の「サッコラ」は「幸呼来」となり、幸せは呼べばやってくる、という意味だそうです。
北上市で行われる北上みちのく芸能まつりは昭和37年からはじめられた新しい祭りです。北上市周辺には、鬼剣舞、鹿踊り、神楽、田植え踊り、盆踊りなどの民俗芸能が数多く伝承されている。これらの民俗芸能は、それぞれの地域の神社の祭礼に奉納されているが、これを一堂に集めて公演する祭りです。
陸前高田市のけんか七夕は「七夕」という響きからは想像できない激しい太鼓の音とともに豪華絢爛な山車がぶつかり合う祭りです。起源は定かでなく、口承だけで詳しい来歴は不明で、近代以前に発祥して以来受け継がれ、その後徐々に盛んになり、戦後、一時期衰えたが、間もなく復活し、現在、4町内が山車を出し実施している。山車に若衆が乗り込み、アザフ(金剛寺のしだれ桜を模したものという)や短冊・くす玉・ボンボリなどで飾り立てた山車を繰り出し、町内や長部漁港をパレードした後、勇壮な「けんか太鼓」の囃子で山車をぶっつけ合う。
月遅れのお盆、中尊寺の北方鎮守である白山神社の能舞台で中尊寺薪能は行われます。夕方、周囲にかがり火がたかれて、喜多流の能・和泉流の狂言が披露され、かがり火に照らしだされる幽玄な世界を堪能できます。杉木立に囲まれ、古格を備えた能舞台で行われる中尊寺薪能には独特の雰囲気があり、全国各地から大勢の能楽ファンが集まります。
9月 花巻市の花巻まつりは絢爛豪華な山車が出る祭りとして知られている。この山車は人形山車を基本とし、歴史上または伝説上の場面を作り上げる風流山車です。また、この祭りでは、花巻囃子による踊りのパレード、神楽権現舞パレード、鹿踊りパレードも盛大に開催されます。
岩手の鹿踊りは、県北の久慈市や二戸市から県南の一関まで、ほぼ全県に分布する岩手を代表する郷土芸能で、鹿踊りは風流獅子踊の一種として鹿の頭をかぶって勇壮に踊るものです。様式は「幕踊り」と「太鼓踊り」に大別されますが、花巻の鹿踊りの多くは太鼓を自ら打ちながら踊る「太鼓踊り」です。腹に太鼓を下げ、それぞれの踊り手が歌をうたい、太鼓を打ち鳴らしながら踊ります。
山田祭は「山田八幡宮神幸祭」と「大杉神社神幸祭」の2つの祭りがあります。山田八幡宮例大祭は、源義経の身代わりで討ち死にした佐藤継信の守り神を祀る山田八幡宮の歴史と伝統の祭りで、町中を神輿が勢いよく暴れまわります。大杉神社例大祭は漁の神「網場大杉(アンバさま)」を奉った大杉神社の祭り。「おしおごり」と呼ばれる神輿を担いだ男たちが海に入り練り歩く姿が必見です。
秋の軽米町の「軽米八幡宮の例祭」は軽米秋まつりと呼ばれる町民祭りになっています。祭りにはさまざまの芸能も参加するようなり、神輿渡御には、身の丈三メートルに余る猿田彦命の立像が台車に載って登場し、稚児行列や山車が供奉し、鹿踊り、虎舞、神楽も参加するので、一種の民俗芸能大会のような観を呈します。
市民のまつりとなった日本のふるさと遠野まつりは遠野でもっとも大きなイベントで、地域に伝わる60を超える伝統芸能が一堂に会する「郷土芸能の祭典」でもあります。1日目の郷土芸能パレードや共演会はもちろんですが、2日目の遠野郷八幡宮馬場で行われる「遠野南部流鏑馬」も一見の価値があります。
10月 釜石まつりは、古くから伝わる尾崎神社の祭典と釜石製鉄所の守護神社である山神社の祭典を合同で開催するおまつりです。土曜日の曳舟まつりは釜石まつりの最大の呼び物になっており、海上渡御や大漁旗で飾られた多くの漁船が周航するなど大いに賑わいをみせます。日曜日には、市内目抜き通りを、虎の装束を身に着けた踊り手が時に勇壮に時にコミカルに、表情豊かな舞いを見せる虎舞や神楽、山車や手踊りのほか両神社の神輿が渡御するなど、もっとも釜石らしいおまつりです。
一関・平泉バルーンフェスティバルは国内最高峰の競技会である「熱気球ホンダグランプリ」の一つで、国際大会で活躍する一流パイロットらによる競技飛行や、一般の方も参加できる熱気球教室や係留体験搭乗が行われます。夜には磐井川緑地でのバルーンイリュージョンが開催され、熱気球の灯りが色鮮やかに浮かび上がり、その光景は圧巻の美しさです。
霊峰早池峰山に抱かれながら、地域で大切に受け継がれてきた伝統の舞、早池峰神楽は大償(おおつぐない)と岳(たけ)の2つの神楽座の総称です。「岳神楽」は早池峰神社の門前に住んでいた岳の集落が伝える、早池峰神社へ奉納される神楽です。山の神の面が口を閉じた「吽」の形をしており、五拍子で勇壮であると言われています。「大償神楽」は早池峰山開山の祖である田中兵部が建立したといわれる大償神社の周辺の人が伝える神楽です。山の神の面が口を開けた「阿」の形になっており、七拍子で優雅に見えると言われています。演目は、始めに式舞(鳥舞、翁舞、三番叟、八幡舞、山の神、岩戸開き)を舞い、その後、神舞、女舞、荒舞、番楽舞、狂言などを舞い、最後には権現舞を舞ってしめます。

開催日開催地お祭りYouTubeWikipedia
1月2日花巻市胡四王神社蘇民祭胡四王蘇民祭
花巻市
1月8日八幡平市平笠裸参り八幡平市平笠裸参り八幡平市
1月15日頃紫波町山屋田植踊紫波町山屋田植踊り
田植踊
1月15日大船渡市吉浜のスネカ
吉浜のスネカ吉浜のスネカ
1月19日西和賀町白木野人形送り(西和賀町公式ホームページ)
白木野人形送り西和賀町
1月20日
平泉町毛越寺二十日夜祭毛越寺・二十日夜祭毛越寺
1月20日 5月5日 11月3日平泉町毛越寺 延年の舞
延年の舞延年
旧正月7日夜半から8日早暁
奥州市黒石寺蘇民祭
日本三大奇祭 蘇民祭蘇民祭
2月第1土曜日矢巾町スミつけ祭り
奇祭スミつけ祭り矢巾町
旧暦1月6日二戸市サイトギ
雨と炎のサイトギ 南部氏
2月11日一関市大東大原水かけ祭り
大東大原水かけ祭り一関市
2月第2土曜日奥州市全日本農はだての集い全日本農はだての集い
2月上旬の土曜日西和賀町雪あかり in にしわが西和賀雪あかり
2月上旬から3月上旬盛岡市南昌荘のひなまつり
南昌荘のひな祭り盛岡市
2月中旬から3月3日一関市せんまやひなまつりせんまやひなまつり千厩酒のくら交流施設
2月下旬の日曜日釜石市全国虎舞フェスティバル全国虎舞フェスティバル虎舞
2月下旬から3月上旬花巻市大迫宿場の雛まつり
宿場の雛まつり
2月下旬から3月上旬奥州市奥州水沢くくり雛まつり城下町水沢のひな人形展水沢市
2月最終土曜日遠野市小友町裸参り遠野の小友町裸参り
3月6日一関市長徳寺蘇民祭
長徳寺蘇民祭不動明王
4月第2土・日曜日盛岡市盛岡町家旧暦の雛祭り
盛岡町家 旧暦の雛祭り
盛岡藩
4月中旬
北上市北上展勝地さくらまつり北上展勝地さくらまつり北上市
4月最終土曜日
奥州市日高火防祭日高火防祭日高火防祭り
5月1日から5日
平泉町春の藤原まつり
春の藤原まつり藤原まつり
5月3日
奥州市駒形神社 子供騎馬武者行列春の駒形祭
駒形神社
5月3日・4日奥州市江刺甚句まつり
江刺甚句まつり江刺甚句まつり
旧暦4月8日 1月から3月(巡行)普代村鵜鳥神楽鵜鳥神楽鵜鳥神社
5月第4日曜日平泉町毛越寺曲水の宴
毛越寺曲水の宴平泉町
年4回 5月・6月・8月・10月久慈市平庭闘牛大会(久慈市公式ホームページ)
平庭闘牛大会
久慈市
6月上旬の土・日曜日滝沢市CHAGU CHAGU ROCK FESTIVALチャグロック
6月の第2土曜日
滝沢市チャグチャグ馬コチャグチャグ馬コチャグチャグ馬コ
6月20日から7月10日平泉町毛越寺あやめ祭り
毛越寺あやめ祭りアヤメ
6月第4日曜日遠野市東北馬力大会 馬の里遠野大会東北馬力大会 遠野大会
7月1日八幡平市岩手山山開き
岩手山で山開き岩手山
旧暦6月15日滝沢市大沢田植踊り
大沢田植踊り
滝沢市
7月中旬の土・日曜日
平泉町平泉水かけ神輿平泉水かけ神輿
観自在王院跡
7月中旬の日曜日奥州市奥州前沢よさこいフェスタ奥州前沢よさこいフェスタ 奥州市
7月下旬の土曜日(夏祭り)住田町五葉山火縄銃鉄砲隊五葉山火縄銃鉄砲隊演武
五葉山
7月下旬から10月下旬の土・日・祝日花巻市童話村の森ライトアップ童話村の森ライトアップ
7月31日から8月1日花巻市早池峰神社例大祭早池峰神社例大祭早池峰山
8月1日から4日
盛岡市盛岡さんさ踊り盛岡さんさ踊り盛岡さんさ踊り
8月第1金・土・日曜日
北上市北上 みちのく芸能まつりみちのく芸能まつり北上・みちのく芸能まつり
(北上 みちのく芸能まつり)北上市鬼剣舞 鬼剣舞大群舞鬼剣舞
8月上旬の土曜日(大船渡夏祭)大船渡市門中組虎舞門中組虎舞
8月7日陸前高田市けんか七夕
けんか七夕気仙町
8月7日陸前高田市うごく七夕まつりうごく七夕まつり
8月13日から15日一関市摺沢水晶あんどん祭り摺沢水晶あんどん祭り大東町 (岩手県)
8月14日
平泉町中尊寺薪能中尊寺薪能
中尊寺
8月14日・16日花巻市大迫あんどんまつり大迫あんどんまつり大迫町
8月14日から16日盛岡市永井の大念仏剣舞永井の大念仏剣舞
8月16日盛岡市盛岡舟っこ流し
舟っこ流し舟っこ流し
8月中旬の土・日曜日一関市藤沢野焼祭藤沢野焼祭藤沢町
8月中旬北上市浮牛城まつり
浮牛城祭り
8月中旬(浮牛城まつり)北上市口内鹿踊
行山流口内鹿踊り鹿踊
9月上旬の3日間普代村ふだいまつりふだいまつり普代村
9月第2金・土・日曜日
花巻市花巻まつり花巻まつり花巻まつり
9月第2金・土・日曜日花巻市花巻の鹿踊り群舞かがり火鹿踊
9月14日から16日盛岡市盛岡秋まつり盛岡秋まつり
敬老の日の前日山田町山田町 山田祭
山田祭山田八幡宮
敬老の日と前の土・日曜日軽米町軽米秋まつり
軽米秋祭り軽米町
9月第3金・土・日曜日久慈市久慈秋まつり(久慈市公式ホームページ)久慈秋祭り
9月第3土・日曜日
遠野市遠野まつり遠野まつり遠野物語
秋分の日遠野市六神石神社例祭
六神石神社例祭奉納遠野市
9月下旬の土曜日釜石市釜石よいさ釜石よいさ釜石よいさ
10月第1金・土・日曜日岩手町岩手町秋まつり岩手町秋まつり岩手町
10月上旬の日曜日一関市みちのくせんまや赤ちゃん相撲大会みちのくせんまや赤ちゃん相撲大会
4年に一度 10月中旬の日曜日陸前高田市黒崎神社 根岬梯子虎舞根岬梯子虎舞陸前高田市
10月中旬の金・土・日曜日一関市一関・平泉バルーンフェスティバル一関・平泉バルーンフェスティバル
10月中旬の金・土・日曜日釜石市釜石まつり
釜石祭り 門打ち釜石港
11月1日~3日平泉町秋の藤原まつり
秋の藤原まつり奥州藤原氏
11月3日大船渡市平組はしご虎舞
平組梯子虎舞
大船渡市
11月・1月・2月の2日間遠野市遠野どべっこ祭り
遠野どべっこ祭りどぶろく
12月中旬の日曜日一関市骨寺村荘園米納め骨寺村荘園米納め骨寺村荘園遺跡
毎月第2日曜日花巻市早池峰神楽
岳神楽「諷誦の舞」
早池峰神楽

岩手県の花は キリ
岩手県の鳥は キジ
岩手県の木は ナンブアカマツ
岩手県の魚は 南部さけ
(岩手県の公式ホームページ)

岩手県のシンボル
岩手県のマーク、花、鳥、木、魚などを紹介します。