お祭りりんく 田植踊・田植祭

   注目のお祭り

7月20日の 鹿児島県 鹿児島市 曽我どんの傘焼き は、鎌倉時代に相模国の曽我兄弟(十郎祐成と五郎時致)が父の仇討ちを遂げる際、たいまつの代わりに雨傘を燃やして夜討ちした故事に由来する伝統行事。
7月20日と21日の 大分県 日田市 日田祇園祭 は絢爛豪華な山鉾が祇園囃子の音色と共に町並みを巡行。夜は提灯を飾り付けた優雅な晩山の巡行で祭りは一気に最高潮。祇園囃子は俗曲と端唄をアレンジした独特のもの。
7月13日の 愛知県 稲沢市 祖父江の虫送り は高張り提灯を先頭に実盛人形を掲げ、松明の行列をつくり鐘や太鼓を打ち鳴らしながら田んぼ道を練り歩く。最後に実盛人形を松明の炎の中に昇天させ五穀豊穣を祈る。
長野県 長野市弥栄神社の ながの祇園祭 が7月13日と14日に行われる。13日の宵山では屋台で披露される伝統的な演舞を間近で見ることができる。14日の本祭には絢爛豪華な伝統の屋台行列が市内を巡行する。( 祇園祭 )
4月に始まった 福岡県 小郡市如意輪寺(かえる寺)の 風鈴まつり は桜やあじさい、新緑や紅葉などを楽しめる如意輪寺で夏を無事に越せるようにと数千個の風鈴が境内に飾られ、その音色は涼やか。8月31日まで。

     蓮(ハス)

博多祇園山笠


都道府県開催日開催地お祭りYouTubeWikipedia
青森県2月17日八戸市八戸えんぶり八戸えんぶり開幕えんぶり
岩手県1月15日頃紫波町山屋田植踊紫波町山屋田植踊り
田植踊
岩手県旧暦6月15日滝沢市大沢田植踊り
大沢田植踊り
滝沢市
宮城県旧暦1月15日仙台市太白区秋保の田植踊秋保の田植踊保存会
秋保の田植踊
宮城県4月29日仙台市青葉区愛子の田植踊(仙台市公式ホームページ)
愛子の田植踊
愛子の田植踊
福島県1月上旬の日曜日二本松市石井の七福神と田植踊(二本松市公式ホームページ)
石井の七福神と田植踊
石井の七福神と田植踊
福島県1月14日浪江町南津島の田植踊り南津島の田植踊津島の田植踊
福島県旧暦1月6日棚倉町八槻都々古別神社の御田植祭
御田植祭 八槻都々古別神社都々古別神社の御田植
福島県7月7日会津坂下町栗村稲荷神社例大祭 御田植祭会津坂下御田植祭御田植祭
福島県7月11日から13日会津美里町伊佐須美神社の御田植祭
伊佐須美神社の御田植祭伊佐須美神社
茨城県夏至の日大子町近津神社の中田植近津神社の中田植近津神社 (大子町下野宮)
群馬県2月11日玉村町すみつけ祭と春鍬祭
すみつけ祭り
樋越神明宮の春鍬祭
埼玉県4月4日
秩父市秩父神社 御田植祭
秩父神社 御田植祭秩父神社御田植祭
東京都2月11日板橋区徳丸北野神社の田遊び
徳丸北野神社 田遊び神事北野神社 (板橋区)
千葉県4月第1土・日曜日香取市香取神宮の御田植祭(香取市公式ホームページ)
香取神宮の桜と御田植祭香取神宮御田植祭
新潟県5月中旬から下旬の大安の日佐渡市車田植車田植え佐渡の車田植
富山県6月の初卯の日
射水市加茂神社「御田植祭」加茂神社 (射水市)
石川県2月6日輪島市ぞんべら祭り
能登半島・ぞんべら祭り
輪島市
福井県旧暦1月8日直前の日曜日敦賀市だのせ祭り野坂だのせ祭り
野坂だのせ祭り
福井県4年目毎の2月14日に近い日曜日福井市睦月神事
睦月神事
睦月神事
岐阜県5月4日垂井町南宮神社の御田植え神事
南宮大社 御田植え祭
南宮大社
静岡県1月3日森町小國神社 田遊祭小國神社 田遊祭小國神社の田遊び
静岡県1月7日袋井市法多山 田遊祭法多山 田遊祭法多山尊永寺
静岡県3月17日焼津市藤守の田遊び
藤守の田遊び藤守の田遊び
愛知県1月3日岡崎市デンデンガッサリ
デンデンガッサリ
山中八幡宮
愛知県6月第1日曜日岡崎市大嘗祭悠紀斎田お田植まつり
大嘗祭悠紀斎田お田植まつり六ツ美悠紀斎田お田植えまつり
愛知県6月下旬の日曜日稲沢市国府宮神社 お田植祭
御田植祭 国府宮神社
尾張大国霊神社
三重県5月5日
伊勢市御田祭 (猿田彦神社)猿田彦神社 御田祭猿田彦神社
三重県6月24日志摩市伊雑宮の御田植祭伊雑宮御田植祭磯部の御神田
滋賀県6月第1週の日曜日
多賀町多賀大社の御田植祭
多賀大社御田植祭多賀大社
京都府5月3日南丹市田原の御田
田原の御田田原の御田
大阪府6月14日大阪市住吉区住吉大社の御田植神事
住吉大社 御田植神事住吉の御田植
奈良県2月11日河合町砂かけ祭
砂かけ祭廣瀬大社
奈良県6月25日桜井市大神神社 御田植祭大神神社 御田植祭
岡山県5月5日鏡野町布施神社のお田植祭
布施神社のお田植祭 鏡野町
岡山県6月中旬の日曜日岡山市北区岡山後楽園 お田植え祭岡山後楽園お田植祭後楽園
広島県4年目毎の5月下旬庄原市塩原の大山供養田植
塩原の大山供養田植え
塩原の大山供養田植
広島県5月最終日曜日安芸高田市安芸高田のはやし田(花田植)原田はやし田安芸のはやし田
広島県6月第1日曜日北広島町壬生の花田植え
壬生の花田植壬生の花田植
山口県6月30日防府市防府天満宮 御田植祭防府天満宮 御田植祭
愛媛県旧暦5月5日
今治市大山祇神社 御田植祭大山祇神社 御田植え祭大山祇神社
愛媛県7月第1日曜日西予市城川どろんこ祭り面白いどろんこ活劇どろんこ祭り
高知県西暦奇数年の5月3日室戸市吉良川の御田祭り
御田八幡宮の御田祭御田八幡宮
福岡県3月15日糸田町糸田町 田植祭お田植祭糸田町
福岡県3月18日添田町英彦山神宮御田祭 庭上祭英彦山神宮御田祭英彦山神宮
福岡県3月最終日曜日
豊前市求菩提山のお田植祭求菩提山のお田植祭求菩提山
佐賀県12年ごと4月初申の日から13日間神埼市仁比山神社大御田祭大御田祭 仁比山神社
仁比山神社
熊本県7月28日阿蘇市御田祭(オンダマツリ)
阿蘇神社 御田祭阿蘇市
大分県6月中旬の日曜日豊後高田市田染荘御田植祭(豊後高田市公式ホームページ)田染荘御田植祭
大分県6月下旬の日曜日宇佐市宇佐神宮 御田植祭宇佐神宮 御田植祭
宮崎県7月第1日曜日美郷町田代神社の御田祭と農耕行事田代神社の御田祭
鹿児島県旧暦2月2日近い日曜日いちき串木野市ガウンガウン祭りガウンガウン祭り
鹿児島県旧暦2月4日いちき串木野市太郎太郎祭り太郎太郎祭
鹿児島県6月第1日曜日日置市せっぺとべ
せっぺとべ鬼丸神社
鹿児島県6月10日霧島市霧島神宮斎田御田植祭
霧島神宮御田植祭
霧島神宮

青森県 

八戸えんぶりは、八戸地方に春を呼ぶ郷土芸能です。えんぶりは、その年の豊作を祈願するための祭りで、太夫と呼ばれる舞手が馬の頭に似せた華やかな烏帽子を被り、頭を大きく振る独特の舞は「摺り」と呼ばれて、稲作の一連の動作である種まきや田植えなどの動作を表現したものです。また、えんぶり摺りの合間に行われる子供たちの可愛らしい祝福芸も、見る者を楽しませてくれます。

宮城県 

年の初めに稲の豊作を予め祝うことで、その年の豊作を願う芸能、秋保の田植踊は秋保地区の馬場・長袋(ながふくろ)・湯元の3地区に伝わる田植踊の総称です。踊り手は、華やかな花笠をかぶった早乙女を女子、道化役で口上役でもある弥十郎を男子、そして鈴振りを年少の男子がつとめ、稲作の様子を美しく振り付けた踊りを次々と踊ります。また、田植踊のほか数曲の余興踊も伝わります。

福島県 

7月 伊佐須美神社の御田植祭は、まず、佐布川地区の長男に代々継承されている、早乙女に扮して踊る早乙女踊が奉納されてから、神輿の渡御があり、道中で催馬楽(さいばら)が謡われます。御田神社に神輿が着くと、早苗を植える田植式が厳かに執り行われ、それから早乙女によって田植が行なわれます。また、会津地方の御田植祭の特徴として、「デコ人形(田植人形)」と呼ばれる神子人形が登場します。これらは田の神の依代と考えられており、早乙女が御田植をする際には、田の周りで見守ります。

千葉県 

香取市の香取神宮の御田植祭は、1日目は耕田式で、拝殿前にて鎌・鍬・鋤を使って田植え前の田んぼを耕す所作と、稚児による田舞や早乙女手代による植初め行事が行われる。2日目は田植式で、稚児や神職などが御神田へと向かい、早乙女手代が田植え歌を唄いながら苗を植える。桜が見られる時期に行われので境内は華やかな雰囲気に包まれます。

東京都 

2月 徳丸北野神社田遊びは農作業に入る前に豊かな実りをあらかじめ祝福する予祝(よしゅく)と呼ばれる民俗芸能の一種で、社殿の前にモガリという忌竹を四方に立てたニ間四方の庭を用意し、苗代の数を調べる「町歩調べ」で始まり、太鼓の音や囃子歌の調子に合わせて四方に向かって種をまく「種まき」など、唱え言葉や所作により、収穫に到るまでの稲作の一連の作業を模擬的に演じて、その年の五穀豊穣と子孫繁栄を祈願する祭りです。

石川県 

2月 700年も前から行われているぞんべら祭りは、鬼屋神明宮の本殿で、田の荒おこしから田植えまでの所作を神前で演じて豊作を祈る祭典です。田植えは、かすり姿の早乙女に扮した数名の小学生が、松葉を苗に見立てて行います。この芸能の中に「そんぶり(水音のザブザブ)」という文言が繰り返されることから「ぞんべら祭」と呼ばれるようになったと伝えられています。

岐阜県 

南宮神社の例大祭は5月5日です。御旅所への神幸式があり、「蛇山神事」や「還幸舞」などの祭礼行事があるが、前日の4日には御田植え神事がおこなわれます。この神事は、三歳から五歳までの早乙女21名と鍬役と杁役(えぶりやく)の少年二人にによって演じられる。笛・小鼓・太鼓の囃子が入り、鍬役と杁役が耕田のさまを演じ、早乙女は田植え唄に合わせて、苗に見立てた松葉を並べます。

静岡県 

藤守の大井八幡宮は、大井川の河口に近いデルタ地帯にあり、早くから水田耕作の土地として知られています。この地の稲作の豊穣を祈っての祭りが、3月に行われる藤守の田遊びですが、開墾、田植えから稲刈りまでの農作業の様子を表す25組の演目と番外とで構成される演舞が奉納されます。古い形の田遊びを伝える代表格として全国的に有名です。

三重県 

5月5日に豊作豊漁を祈願して行われる猿田彦神社の御田祭は、桃山時代の風俗衣裳を身につけた男女が田楽の囃子にのって苗を植えていきます。植えたあとは大団扇を打ち合わせる「団扇角力(うちわずもう)」や「ハエーヤハエ」の掛声とともに「豊年踊」が、そして「団扇破り」が行われます。
もう一つ知られている御田植祭として伊雑宮の御田植祭があります。神田で実際の田植えが行われるが、その中に竹奪いの神事があり、サシバ(団扇)をつけた忌竹を漁師の人びとが競い合って倒します。この竹を漁船に飾ると豊漁になるといわれ、それぞれ持ち帰る。豊作を祈って行う御田植に豊漁の祭りが習合しているのが珍しい祭りです。

滋賀県 

6月 多賀大社の御田植祭は豊年講から選ばれた早乙女約60名が昔ながらの菅笠、紅タスキ、袴姿で、田植え歌に合わせて神田のお田植えをします。その年一年の豊年満作を祈願するこの祭りで、御田植え踊りや豊年太鼓踊りや尾張万歳も奉納されます。境内では神賑行事として植木市が催され、多くの参拝客で賑わいます。

岡山県 

5月 布施神社のお田植祭は布施神社の境内で行われる豊年祈願の行事である。境内を浄める獅子の練り舞のあと、「荒起こし」「しろかき」「くめしろ」「田植え」の神事が繰り広げられ、最後に殿様と福太郎が登場して滑稽な諸作を演じる。殿様と福太郎が様々な掛け合いが繰り広げられ、見物人は笑いに包まれるが、殿様は決して笑ってはならない。殿様が笑うとその年は不作になるといわれるからです。

広島県 

中国山地の村々で古くから行われてきた囃子を伴う共同の田植行事で、音頭に合わせ大太鼓や小太鼓・笛や手打鉦で囃し、早乙女が田植歌を歌いながら植えていきます。無病息災と豊穣を願う農耕儀礼であると共に、重労働である作業を手早く楽しくこなすための工夫であったとされ、やがて大勢の人々を集め、代掻き牛は造花で飾った花鞍をのせ、早乙女らは着飾って、一層華やかになりました。その様子から「花田植」の名が付いたと言われています。壬生の花田植えは現在西日本に残る花田植としては、最大の規模を誇ります。

愛媛県 

旧暦5月 大山祇神社御田植祭は島内の集落から選ばれた早乙女が白衣の装束に赤い襷をかけ、手甲脚絆姿で斎田に田植えをするのですが、その田植えの前に、一力山(力士)が目に見えない稲の精霊と相撲をとる一人角力(ひとりずもう)が奉納されます。これは、目に見えない稲の精霊の威力を示すことで豊作を祈る神事です。

熊本県 

「御田植神幸式」通称御田祭(オンダマツリ)は、阿蘇大明神が阿蘇開拓と農耕の道を広めた御神徳を称え、年々の豊作を祈るもの。年に一度、御仮屋に大規模な神幸がされる重要な祭りです。神幸式にはお伴として、神々の昼飯持ちである白装束に覆面をした宇奈利(うなり)が頭上に膳を乗せて従い、獅子、田楽、早乙女、四基の神輿、田植人形などが、古式ゆかしく神幸門から出立、阿蘇の青田を巡り、途中ではおんだ歌がうたわれ、還御門に戻ってきます。 青々とした、阿蘇の田園の中をゆったりと進む神幸絵巻は、盛夏の阿蘇谷にいにしえの古式ゆかしい絵巻を見るような感激を与えてくれます。

鹿児島県

6月 せっぺとべは文禄4年(1595年)から日吉地域に伝わる「お田植え祭り」です。「せっぺとべ」とは、鹿児島弁で「精一杯跳べ」ということで、若い衆が田の中で円陣を組み、酒を飲み、唄を歌いながら勢いよく飛び跳ねます。この祭りは土をこねらす意味と害虫を踏み潰す意味があり、泥にまみれて今年一年の豊作を祈願します。当日は地域住民や子供会による棒踊り、虚無僧踊りなども奉納され、町は終日活気にあふれます。