お祭りりんく 温泉まつり

   注目のお祭り

7月20日の 鹿児島県 鹿児島市 曽我どんの傘焼き は、鎌倉時代に相模国の曽我兄弟(十郎祐成と五郎時致)が父の仇討ちを遂げる際、たいまつの代わりに雨傘を燃やして夜討ちした故事に由来する伝統行事。
7月20日と21日の 大分県 日田市 日田祇園祭 は絢爛豪華な山鉾が祇園囃子の音色と共に町並みを巡行。夜は提灯を飾り付けた優雅な晩山の巡行で祭りは一気に最高潮。祇園囃子は俗曲と端唄をアレンジした独特のもの。
7月13日の 愛知県 稲沢市 祖父江の虫送り は高張り提灯を先頭に実盛人形を掲げ、松明の行列をつくり鐘や太鼓を打ち鳴らしながら田んぼ道を練り歩く。最後に実盛人形を松明の炎の中に昇天させ五穀豊穣を祈る。
長野県 長野市弥栄神社の ながの祇園祭 が7月13日と14日に行われる。13日の宵山では屋台で披露される伝統的な演舞を間近で見ることができる。14日の本祭には絢爛豪華な伝統の屋台行列が市内を巡行する。( 祇園祭 )
4月に始まった 福岡県 小郡市如意輪寺(かえる寺)の 風鈴まつり は桜やあじさい、新緑や紅葉などを楽しめる如意輪寺で夏を無事に越せるようにと数千個の風鈴が境内に飾られ、その音色は涼やか。8月31日まで。

     蓮(ハス)

博多祇園山笠


鹿児島県 指宿温泉祭

写真協力:公益社団法人 鹿児島県観光連盟

都道府県開催日開催地お祭りYouTubeWikipedia
北海道2月3日・4日
登別市登別温泉湯まつり
登別温泉湯まつり登別温泉
北海道8月の最終土曜日・日曜日登別市登別地獄まつり登別地獄まつり登別地獄まつり
福島県8月9日・10日郡山市磐梯熱海温泉 萩姫まつり萩姫まつり萩姫まつり
栃木県7月下旬の金・土・日曜日日光市龍王祭
鬼怒川温泉の夏祭り鬼怒川温泉
群馬県1月20日
長野原町湯かけ祭り
川原湯温泉 湯かけ祭り川原湯温泉
群馬県5月の第2金・土曜日
沼田市老神温泉大蛇まつり老神温泉大蛇まつり老神温泉
神奈川県5月第4土曜日
湯河原町湯河原温泉湯かけまつり湯河原温泉湯かけまつり湯河原温泉
神奈川県8月2日・3日湯河原町湯河原やっさまつり湯河原やっさまつり湯河原町
石川県6月4日・5日加賀市山代温泉菖蒲湯まつり山代温泉菖蒲湯まつり山代温泉
石川県8月第3土・日曜日加賀市片山津温泉 湯のまつり片山津温泉湯のまつり片山津温泉
石川県9月下旬の土・日曜日加賀市こいこい祭
山中温泉こいこい祭りこいこい祭
福井県4月29日
あわら市あわら温泉春まつりあわら温泉春まつり芦原温泉
岐阜県8月1日から4日
下呂市下呂温泉まつり下呂温泉龍神火祭り下呂温泉
静岡県5月第3日曜日
松崎町岩地温泉大漁まつり岩地温泉大漁まつり
松崎町
愛知県2月の毎週土曜日新城市湯谷温泉花まつり湯谷温泉花まつり
兵庫県4月23日・24日豊岡市城崎温泉祭り温泉まつり城崎温泉
山口県4月第1土・日曜日山口市湯田温泉白狐まつり湯田温泉白狐まつり湯田温泉白狐まつり
山口県5月下旬の土曜日下関市川棚温泉まつり川棚温泉まつり
愛媛県3月中旬から下旬
松山市道後温泉まつり道後温泉まつり道後温泉
佐賀県4月上旬(3月下旬)の土・日曜日武雄市武雄温泉春まつり武雄温泉春まつり
熊本県10月上旬の土曜日南小国町黒川温泉感謝祭黒川温泉感謝祭
大分県4月1日と4月第1週の土・日曜日
別府市
別府八湯温泉まつり別府八湯温泉まつり別府八湯温泉まつり
鹿児島県9月最終土・日曜日指宿市指宿温泉祭指宿温泉祭指宿温泉

北海道 

厳寒の2月に開催される登別温泉湯まつりは、豊富な湯量と多彩な泉質を誇る「湯」への感謝と、お湯が尽きる事のないよう繁栄と無病息災の祈りを込めたお祭りで、温泉街を鬼が厄払いをしながら練り歩きます。伝統芸能「湯鬼神かぐら」や、「子宝もちつき舞」などもあるが、メインイベントは源泉湯かけ合戦です。下帯姿の若者がドラの音とともに激しく豪快に湯をかけあい、会場は熱気と湯気に包まれます。
登別温泉には年に一度、地獄谷の地獄の釜のふたが開き、閻魔大王が大勢の赤鬼・青鬼を従えて温泉街に現れるという物語が、古くから息づいています。登別地獄まつりは、まさしく、その赤鬼・青鬼が乱舞し、鬼踊りの大群舞が温泉街の目抜き通りを踊り歩く祭りです。

栃木県 

龍王祭は、龍王峡にある五龍王神社で日光東照宮の神職による神事が執り行われると、夜には鬼怒川・川治の両温泉街で盛大に祭が開催されます。勇壮な万燈神輿や、女性だけで担ぐ艶やかな女樽神輿(おんなたるみこし)の渡御が行われるほか、地元の保存団体などによる郷土芸能等のステージ、出店、さらに、祭のフィナーレを飾る打上花火が打ち上げられます。

群馬県 

河原湯温泉では湯かけ祭りがある。一月の厳寒の中で行われる行事でありながら、裸になった人たちが紅白にわかれて湯を掛け合う勇壮な祭りです。湯を掛けあうことで、「厄落とし」や「招福」の御利益があることから、見物人も湯のしぶきを浴びることを苦にしません。
5月の老神温泉大蛇まつりは赤城山の神と日光二荒山の神が相争ったという伝説にもとづいています。栃木県の日光側では赤城山の神が大百足に変身したことになっているが、この地では大蛇として立ち現れたという伝承になっていて、日光二荒山の神に追われた赤城の神がこの地の温泉で傷をいやし、日光の神を追い返したことになっています。

岐阜県 

下呂温泉の夏の最大イベント下呂温泉まつりは、1日に5頭の龍と椀みこしが勇壮に練り歩く龍神火まつりが繰り広げられ、2日は湯の華みこしやサンバパレード、下呂おどり・民謡ながしがある。3日は温泉感謝祭、花火が音楽に合わせて打ちあがる、下呂温泉花火ミュージカル夏公演と下呂おどりがあり、最終日の4日には、音楽祭であるサマーフェスティバルin下呂温泉が緑地公園内で開催され、街中は賑わいます。

愛媛県 

3月 道後温泉まつりは神代の昔、足を痛めた白鷺が湧き出る湯で傷を癒したという伝説の道後温泉で開催されている春の始まりを告げるまつりです。湯祈祷を皮切りに、ブラスバンドのパレードや長寿餅つき、道後温泉おどりや郷土芸能大会など様々なイベントが開催されます。中でも注目するのは法被姿の女たちが繰り広げる「女神輿かきくらべ」で、勇ましく華やかです。

鹿児島県

指宿温泉のいたる所に湧き出る豊富な温泉の恵みに感謝する祭りとして指宿温泉祭があります。花火大会や、鹿児島の民謡「ハンヤ節」に合わせてグループで踊る「指宿ハンヤ踊り」など、指宿の街が祭り一色になりますが、祭りの華は何と言っても神輿渡御です。湯権現神社から出発し、お囃子に合わせて「あんりゃ どした」という迫力のある掛け声を掛け合いながら、九州では珍しい担ぎ方で進みます。神輿渡御は市内外の老若男女問わず誰でも参加が可能です。