お祭りりんく はだかまつり

   注目のお祭り

7月20日の 鹿児島県 鹿児島市 曽我どんの傘焼き は、鎌倉時代に相模国の曽我兄弟(十郎祐成と五郎時致)が父の仇討ちを遂げる際、たいまつの代わりに雨傘を燃やして夜討ちした故事に由来する伝統行事。
7月20日と21日の 大分県 日田市 日田祇園祭 は絢爛豪華な山鉾が祇園囃子の音色と共に町並みを巡行。夜は提灯を飾り付けた優雅な晩山の巡行で祭りは一気に最高潮。祇園囃子は俗曲と端唄をアレンジした独特のもの。
7月13日の 愛知県 稲沢市 祖父江の虫送り は高張り提灯を先頭に実盛人形を掲げ、松明の行列をつくり鐘や太鼓を打ち鳴らしながら田んぼ道を練り歩く。最後に実盛人形を松明の炎の中に昇天させ五穀豊穣を祈る。
長野県 長野市弥栄神社の ながの祇園祭 が7月13日と14日に行われる。13日の宵山では屋台で披露される伝統的な演舞を間近で見ることができる。14日の本祭には絢爛豪華な伝統の屋台行列が市内を巡行する。( 祇園祭 )
4月に始まった 福岡県 小郡市如意輪寺(かえる寺)の 風鈴まつり は桜やあじさい、新緑や紅葉などを楽しめる如意輪寺で夏を無事に越せるようにと数千個の風鈴が境内に飾られ、その音色は涼やか。8月31日まで。

     蓮(ハス)

博多祇園山笠


千葉県 大原はだか祭り

提供 (公社)千葉県観光物産協会

佐賀県 竹崎観世音寺修正会鬼祭

提供:(⼀社) 佐賀県観光連盟

都道府県開催日開催地お祭りYouTubeWikipedia
北海道毎年1月13日から15日木古内町佐女川神社の寒中みそぎ祭り
佐女川神社の寒中みそぎ祭木古内町寒中みそぎ祭り
岩手県1月2日花巻市胡四王神社蘇民祭胡四王蘇民祭
花巻市
岩手県毎年旧正月7日夜半から8日早暁
奥州市黒石寺 蘇民祭
日本三大奇祭 蘇民祭蘇民祭
岩手県2月11日一関市大東大原水かけ祭り
大東大原水かけ祭り一関市
岩手県2月最終土曜日遠野市小友町裸参り遠野の小友町裸参り
岩手県3月6日一関市長徳寺蘇民祭
長徳寺蘇民祭不動明王
宮城県1月15日栗原市小僧不動の滝寒中みそぎ小僧不動の滝 寒中禊栗原市
山形県1月15日に近い日曜日庄内町ややまつり
ややまつり
やや祭り
福島県1月1日
三春町西方水かけまつり西方水かけまつり田村氏
福島県1月7日柳津町七日堂裸詣り
柳津町七日堂裸参り七日堂裸まいり
茨城県大寒に近い日曜日鹿嶋市鹿島神宮 大寒禊
大寒みそぎ
群馬県9月下旬の土曜日みなかみ町ヤッサ祭りヤッサ祭り
みなかみ町
千葉県2月25日
四街道市和良比はだか祭り(四街道市公式ホームページ)和良比はだか祭り四街道市
千葉県3月15日四街道市内黒田はだか参り(四街道市公式ホームページ)内黒田はだか参り
千葉県9月8日から14日一宮町上総十二社祭り(一宮町公式ホームページ)
上総十二社祭り上総国
千葉県9月23日・24日
いすみ市大原はだか祭り大原はだか祭り大原はだか祭り
新潟県2月第2土曜日長岡市栃堀巣守神社裸押合大祭栃堀巣守神社 裸押合大祭
新潟県2月中旬新発田市赤谷どんつきまつり
どんづき祭り
新発田市
新潟県3月第1土曜日南魚沼市浦佐毘沙門堂裸押合大祭
浦佐毘沙門堂裸押合大祭普光寺 (南魚沼市)
長野県3月の第2日曜日飯田市時又初午はだか祭り時又初午はだか祭り天竜川
長野県7月第1日曜日松本市島立堀米の裸祭り島立堀米の裸まつり牛頭天王
長野県9月下旬から10月上旬飯田市七久里神社秋季祭典 裸まつり
七久里神社秋季祭典 裸祭り
宗良親王
石川県4月2日能登町酒樽がえし酒樽がえし
福井県大寒過ぎ最初の日曜日福井市足羽神社 寒中みそぎ足羽神社 寒中みそぎ足羽神社
岐阜県節分の日大垣市節分会はだか祭節分会はだか祭宝光院 (大垣市)
岐阜県12月第2土曜日岐阜市池ノ上みそぎ祭
池ノ上みそぎ祭り葛懸神社
静岡県旧暦の8月10日磐田市見付天神裸祭
見付天神裸祭矢奈比賣神社
愛知県旧暦1月13日
稲沢市尾張大国霊神社 はだか祭国府宮はだか祭尾張大国霊神社
愛知県2月上旬の土・日曜日豊田市天下祭天下祭豊田市
三重県7月15日津市ザルやぶりざるやぶりざる
京都府1月14日京都市伏見区法界寺裸踊り
法界寺で裸踊り法界寺
大阪府1月14日大阪市天王寺区四天王寺 どやどや
四天王寺どやどや四天王寺
岡山県2月第1土曜日岡山市金山寺会陽金山寺会陽金山寺
岡山県2月第2土曜日美作市安養寺会陽(はだかまつり)安養寺会陽(はだか祭り)美作市
岡山県2月第3土曜日
岡山市西大寺会陽(はだか祭り)西大寺会陽西大寺 (岡山市)
広島県2月第3土曜日三原市久井稲生神社のはだか祭久井稲生神社 はだか祭り
山口県大寒の日から3日間防府市春日神社 大寒みそぎ春日神社で大寒みそぎ
愛媛県10月第4土・日曜日西予市高山の潮垢離潮垢離
福岡県1月3日福岡市東区玉取祭/玉せせり 筥崎宮玉取祭(玉せせり)筥崎宮
福岡県成人の日の前日春日市春日の婿押し春日の婿押し春日の婿押し(むこおし)
福岡県6月1日・2日久留米市高良川渡祭(へこかきまつり)
高良大社 へこかき裸参り高良大社
福岡県12月の第3土曜日糸島市白糸寒みそぎ
寒みそぎ
佐賀県1月2日・3日太良町竹崎観世音寺修正会鬼祭竹崎観世音寺修正会鬼祭
竹崎観世音寺
長崎県1月第3日曜日五島市ヘトマトヘトマト五島市
熊本県1月中旬の日曜日長洲町破魔弓祭(的ばかい)
的ばかい長洲町
熊本県1月20日苓北町苓北町八坂神社裸まつり上津深江八坂神社裸まつり苓北町
大分県11月8日から10日豊後高田市若宮八幡秋季大祭(豊後高田市公式ホームページ)若宮八幡秋季大祭若宮八幡神社 (豊後高田市)
大分県12月の第1土曜日中津市やんさ祭り
やんさ祭り
中津市
宮崎県成人の日宮崎市青島神社 裸まいり
青島神社 裸まいり青島神社

北海道 

1月 佐女川神社の寒中みそぎ祭りは厳寒の中で行われる寒中みそぎです。四人の選ばれた若者が弁天・山の神・稲荷・別当の四体の御神体を抱いて厳寒の海に駆け込む。1月の北海道の寒さは想像を絶するものがある。まさに北海道ではこの地にだけ伝えられる壮絶な禊の神事です。

岩手県 

北上川流域地方には冬の裸の男と炎のまつり蘇民祭が数多く分布しているが、旧正月7日に行われる黒石寺蘇民祭が有名で、祭りのはじまる前に水垢離をとって身を浄め、やがて蘇民祭の中心となる餅と蘇民袋を争奪する壮絶な祭りをはじめます。
2月 大東大原水かけ祭りは、明暦3年(1657年)江戸に大火があり、この日を厄日と定め火防祈願の祭りとして始まったものと伝えられています。今日では、火防だけでなく厄除けも含まれており、厄年の男たちは裸で町の中を走り抜け、人々は桶を持って待ち構え、諸々の願いをこめて男達に冷水を浴びせかけるという祭りです。

山形県 

1月 庄内町千河原のややまつりは、八幡神社の歳越し祭りで、少年たちによる裸参りがおこなわれます。子供たちのすこやかな成長を祈願する祭りで、5歳から14歳までの少年が参加し、藁の腰蓑をつけただけの裸の姿で、手桶の冷水を身に浴び集落内を一周した後、神社にお参りする神の加護を祈る行事です。

福島県 

正月の祭りである西方水かけまつり、若者たちがバケツで激しく水をかけ合う、いわゆる婿いじめの風習を伝える祭りともいわれるが、無病息災・子孫繁栄・五穀豊穣を祈願する古くからの「みそぎ」の行事です。かけあう井戸の水がなくなると、泥水までかけあうことから「泥かけまつり」とも呼ばれています。
1月7日に行われる七日堂裸詣りは、千余年の伝統を持つ、無病息災を祈る行事です。御堂で鳴らす一番鐘を合図に、数百人の裸の若者たちが、掛け声も勇ましく113段の石段を駆け上がり、本堂の天井につるされた大鰐口目指して麻縄に一斉に揉み合いながら攀じ登る熱気あふれる勇壮な祭りです。

群馬県 

みなかみ町のヤッサ祭りは「ヤッサ、モッサ」の掛け声が祭りの名前になった裸祭りです。見どころは鳥居から「ヤッサ、モッサ、シンジュウロウ」の掛け声とともに本殿に向かう裸の男の行進です。前の人の褌に手をかけ、蛇のように数珠つなぎになって、まさに蛇行するようにあばれまわり、社殿の柱を上がりながら、最後に社殿大鈴の縄を切るお祭りです。この縄が早く切れるほど、その年は豊作になると言い伝えられています。

千葉県 

四街道市和良比の和良比はだか祭りは、裸になった男たちが社殿の注連縄の藁を稲に見立てて神田で田植えの所作を行い、神田と社殿の間でお百度詣りをし、その間に宮参りに来た満一歳未満の幼児を抱き上げて神田に走り、その泥をわらすぽで頭につけます。子供の無病息災を祈願するのです。また、田植えは豊作を予祝する田遊びの一種です。
9月 上総十二社祭りは玉依姫命を祭神とする玉前神社の秋祭りですが、神話の中の玉依姫は一族を連れて釣ヶ浜に上陸したと伝えられており、この故事のっとって釣ヶ浜の祭場で祭りが行われます。近郊の神社の神輿が祭りに参加するが、今は九社の神輿が参加している。宵宮祭のあと上総神楽が奉納され、翌日になると神輿の行列が出発し、次々と還御の途につきます。上半身裸の男たちが神輿を担ぎ、シオフミといって波打ち際を駆け上がるさまは勇壮で、俗に裸祭りとも称されています。
大原はだか祭りは十数基の神輿が参加します。神輿が一斉に海へとかつぎこまれ、もみあう「潮踏み」は壮観です。海に入る神輿も多く、波しぶきをあげてもむ姿も感動的です。沖の向かって供養の歌を歌ったり、神輿が互いに寄り添うようにしながら別れの歌を歌ったりするのは、祭りの中に少し哀愁を誘いこんでしまいます。

新潟県 

2月 新発田市の上赤谷鎮守山神社の赤谷どんつきまつりは約700年前から行われている祭りです。厄年を迎えた男衆が、下帯・鉢巻・白足袋で神社に集まり、お祓いを受けた後、拝殿から鳥居までの間を「ヨイヨイ」「ワッショイ」の掛け声で激しくもみ合い、肌を刺す寒気をものともせず、お互いに厄払いをして五穀豊穣と平和を祈願します。男衆が胴上げされる姿が名物です。
3月 2メートルを超える雪の中で行なわれる浦佐毘沙門堂裸押合大祭は約1200年前、坂上田村麻呂がこの地に御堂を建立し、守護仏の毘沙門天を祀り祝宴の中で歌い踊って士気を鼓舞したのがはじまりといわれています。上半身裸の男衆が「さんよ、さんよ」の掛け声とともに押し合い、一段高い所に祀ってある毘沙門天を、誰よりも早く近くで参拝しようと押し合う、その様は勇壮かつ迫力満点です。また、特別な製法で作られる30キロ超の巨大ローソクが用いられることから、「大ローソク祭り」とも呼ばれています。

長野県 

3月 昔から馬の産地として名高い土地にふさわしい祭りの時又初午はだか祭りは神馬神輿をかついで天竜川へ行列し、川に飛び込んで神輿洗いをするが、神水を汲み上げる樽神輿と五穀豊穣を祈願する米俵神輿とともに川の中でもまれるのが壮観です。樽神輿に御神水をを汲みこんで長石寺へ帰った人びとは、この御神水で木馬の目を洗います。
9月 飯田市の七久里神社秋季祭典 裸まつりは夜の祭りです。各集落から選ばれた若者が腰に太い注連縄を付け、手に大きな桶を持って頭上にかざして振り分けながら七久里神社へと進む。神官からお祓いを受け、「しんせん」と称する筒花火に点火する。この花火が散る中で裸男の桶振りが続けられ、最後に高い柱の先に取り付けられた大三国(手筒煙火)に点火する。勇壮な裸祭りは男の祭りであるとともに火の祭りです。

静岡県 

旧暦の8月 菅原道真の怨霊を鎮める祭りといわれる見付天神裸祭は、晒の腹帯と下帯だけの裸体に新藁で作った腰蓑をつけた男たちが、神社の拝殿へ繰込んで床を激しく踏みつけながら踊る。この踊りを鬼踊りと呼ぶが、その跳躍乱舞は壮絶です。鬼踊りが最高潮に達する中、八鈴が打ち鳴らされ、いよいよ神輿が出御する。漆黒の闇に包まれた拝殿内にお出ましになった御神霊は、お供を従えて総社へとお渡りになります。

愛知県 

旧暦1月 尾張大国霊神社 はだか祭は正式には儺追神事(なおいしんじ)と呼び、裸男が群れをなして拝殿に駆け込むのも壮観ですが、厄年の者の中から選ばれた儺負人が神男となり、人々の罪けがれを塗り込んだ鏡餅と人形を背負って追放され、その鏡餅を捨てるのを神官が拾って土中に埋め、すべての災厄を封じ込めたとする神事には、古俗の信仰がよくうかがえます。

京都府 

法界寺は安産と授乳に霊験ありと女性の信仰が厚いお寺です。法界寺裸踊りは修正会の結願行事で、元日より14日間、本堂の薬師堂において五穀豊穣と天下太平を祈り、結願日にあたる1月14日の夜、阿弥陀堂の広縁で、精進潔斎した少年・青壮年の信徒が下帯のみの裸となり、願いを込めて頂礼(ちょうらい)という言葉を連呼しながら踊りを奉納します。踊りに用いられた下帯は妊婦の腹帯に良いとして厚い信仰を集めています。

岡山県 

2月に岡山市の西大寺では二週間の修法の最終日の結願の日に西大寺会陽(はだか祭り)があります。本堂で投下される「シンギ」と呼ばれる宝木を奪い合うために、褌一つになった裸男たちが群れ、勇壮なもみあいを演じ、柄杓でかけられた水が、たちまち水蒸気になってしまうほどの熱気に満ち溢れます。

佐賀県 

竹崎観世音寺は行基の開山と伝えられる古寺で、有明海の海上守護仏として漁民の厚い信仰を集めています。1月2日の
竹崎観世音寺修正会鬼祭の見どころは、4人の鬼副(おにぞえ)といわれる青年が、鬼面を納めてある鬼箱を庭へ持って出ると、待機していた大勢の裸の青年たちが一斉に喚声をあげて、鬼箱めがけて激しく揉み合い、鬼箱の脱出を阻止します。この時に鉦、太鼓、法螺貝の音が響きわたり、祭りは最高潮に達します。激しい攻防の末、鬼箱に蓆がかけられると揉み合いはおさまり、鬼箱は元の場所に安置されます。

長崎県 

1月 ヘトマトは五島市下崎山地区に古くから伝わる民俗行事です。綱引きや玉の奪い合いなどにより豊凶を占い、生業の発展、除災招福を祈願する行事である。エンマゴヘイ(閻魔御幣)と呼ばれる御幣を捧持するハタモチ(旗持ち)の巡行から始まり、ハゴイタツキ(羽根突き)、タマゲリ(玉蹴り)、綱引きが順次行われます。

熊本県 

1月 破魔弓祭(的ばかい)は年占いの行事です。円座をかたどった、ワラと麻で編まれた「的」が有明海の海に投じられると、海中で待ち受けていた裸の若者が飛沫を挙げて奪い合う勇壮な祭りです。「ばかい」とは、「奪い合う・取り合う」という意味の方言で、「的」は氏子の数だけ小さく分け、各家々の神棚に供え、一年間の健康と除災招福を願います。

大分県 

12月に行われる中津市耶馬溪町の大野八幡神社霜月祭りは、やんさ祭りと呼ばれています。33人の若者が褌姿になって餅つきをするが、まず臼のまわりで「ヤンサヤンサ」と囃しながら臼の縁を杵で叩いて激しくまわり、一斉に右に回りながら七臼半の餅をつきます。つき終わるとその臼を守る座元側と、これを倒そうとする氏子に別れ攻防戦「臼倒し」が行われ、臼の倒れ方で来年の豊作を占います。