お祭りリンク 福岡県の有名なお祭り

12月2日と3日に行われる 埼玉県 秩父神社の秩父夜祭は、豪華な笠鉾と屋台が、勇壮な太鼓囃子のリズムに乗って曳きまわされ、屋台歌舞伎や曳き踊りを上演する、秩父地方が冬を迎える祭りです。
宮崎県 の高千穂の夜神楽は11月下旬から翌年2月にかけて町内のおよそ20の集落ごとに民家や公民館を神楽宿として徹夜で舞われる。五穀豊穣に感謝し、来る年の幸を祈る習俗が現在も継承されている。

川渡り神幸祭

「写真提供:福岡県観光連盟」

開催日開催地お祭りYouTubeWikipedia
1月3日
福岡市東区玉取祭/玉せせり 筥崎宮玉せせり / 玉取祭
筥崎宮
1月7日
久留米市大善寺玉垂宮 鬼夜大善寺玉垂宮 鬼夜
鬼夜
1月7日
太宰府市太宰府天満宮 鷽替え・鬼すべ神事太宰府天満宮 鬼すべ神事
太宰府天満宮
1月8日北九州市尻振り祭り
小倉南区 しりふり祭り
小倉南区
1月8日から11日
福岡市博多区十日恵比須神社 正月大祭十日恵比須神社で正月大祭
十日恵比須神社
1月20日
みやま市幸若舞(大江天満神社)幸若舞 大江天満神社
幸若舞
節分の日福岡市博多区節分大祭 櫛田神社
櫛田神社 大きなおたふく面
櫛田神社 (福岡市)
旧暦元旦
北九州市
和布刈神事
和布刈神事
和布刈神社
2月上旬から3月中旬飯塚市いいづか雛(ひいな)のまつりいいづか雛(ひいな)のまつり飯塚市
2月9日から11日
大川市風浪宮大祭風浪宮大祭
風浪宮
2月中旬から3月中旬八女市雛の里・八女ぼんぼりまつり雛の里・八女ぼんぼりまつり八女市
2月中旬から4月上旬
柳川市柳川雛祭り
柳川雛祭りさげもんめぐり
柳川市
2月中旬から4月上旬
うきは市筑後吉井おひなさまめぐり
筑後吉井おひなさまめぐり
筑後吉井
3月第4日曜日
朝倉市泥打祭り(朝倉市公式ホームページ)
奇習 奇祭 泥打ち
朝倉市
3月最終日曜日
豊前市求菩提山のお田植祭(豊前市公式ホームページ)求菩提山のお田植祭求菩提山
4月第3日曜日
苅田町等覚寺の松会(苅田町公式ホームページ)
等覚寺の松会
苅田町
4月26日糸島市高祖神楽
高祖神楽
高祖神社
4月29日から5月1日豊前市八屋祇園
豊前 八屋祇園八屋祇園
4月30日・5月1日豊前市感応楽感応楽
大富神社
5月3日・4日
福岡市博多区博多どんたく博多どんたく港まつり
博多どんたく
5月3日から5日
柳川市沖端水天宮祭沖端水天宮祭
沖端水天宮
5月3日から5日東峰村春の民陶むら祭小石原焼民陶むら祭小石原焼
5月3日から7日久留米市水天宮春大祭
久留米水天宮春大祭
水天宮春大祭
5月第2日曜日糸島市福井神楽
福井神楽
糸島市
5月の第3土・日曜日
田川市川渡り神幸祭川渡り神幸祭川渡り神幸祭
5月第4土・日曜日
北九州市門司みなと祭門司みなと祭り門司港レトロ
6月1日・2日
久留米市高良川渡祭(へこかきまつり)
高良大社 へこかき裸参り高良大社
7月1日から15日
福岡市博多区博多祇園山笠博多祇園山笠博多祇園山笠
7月8日・9日北九州市八幡西区木屋瀬祇園木屋瀬祇園山笠木屋瀬
7月14日に近い土・日曜日北九州市二島の祇園(北九州市公式ホームページ)
二島祇園山笠二島祇園
7月15日飯塚市飯塚山笠飯塚山笠飯塚山笠
7月19日に近い日曜日福津市津屋崎祇園山笠
津屋崎祇園山笠津屋崎祇園山笠
海の日を最終日とする3日間北九州市前田祇園山笠
前田祇園山笠前田祇園山笠
7月の第3金・土・日曜日北九州市小倉祇園太鼓
小倉祇園太鼓小倉祇園太鼓
7月第3土曜日みやま市江浦町祇園江浦町祇園みやま市
7月第3から4週目の4日間
北九州市黒崎祇園山笠黒崎祇園山笠黒崎祇園山笠
7月第4金・土・日曜日
北九州市戸畑祇園大山笠戸畑祇園大山笠戸畑祇園大山笠
7月第4土曜日柳川市中島祇園祭り中島祇園祭
7月下旬の金・土・日曜日
北九州市若松みなと祭り
若松みなと祭り
若松区
7月下旬の土・日曜日
大牟田市おおむた大蛇山まつり大牟田大蛇山まつりおおむた『大蛇山』まつり
7月最終週の土・日曜日直方市直方山笠
直方山笠直方山笠
7月末(8月初旬)の金・土・日曜日
行橋市今井祇園今井祇園行橋市
8月3日・4日
久留米市水の祭典久留米まつり水の祭典 久留米まつり筑後川
8月上旬の金・土・日曜日北九州市わっしょい百万夏まつりわっしょい百万夏まつりわっしょい百万夏まつり
8月16日福岡市博多区海元寺 閻魔祭
海元寺 閻魔祭
閻魔
8月24日から26日福岡市博多区大浜流灌頂大浜流灌頂灌頂
9月12日から18日
福岡市東区筥崎宮放生会大祭筥崎宮放生会大祭放生会 (筥崎宮)
9月中旬の土・日曜日福岡市博多区中洲ジャズフェスティバル
中洲ジャズ中洲ジャズ
9月20日から25日
太宰府市太宰府天満宮 神幸式大祭太宰府天満宮 神幸式大祭
9月から12月(市内の神社)豊前市豊前神楽
豊前神楽
豊前市
10月1日宗像市宗像大社 みあれ祭みあれ祭みあれ祭
10月初旬から翌3月中旬北九州市門司港レトロ浪漫灯彩門司港レトロ浪漫灯彩門司区
10月第1日曜日苅田町苅田山笠
苅田山笠苅田町
10月上旬の土・日曜日
春日市春日奴国あんどん祭り春日奴国あんどん祭り
春日あんどん祭り
10月中旬東峰村秋の民陶むら祭
東峰村民陶むら祭
10月中旬から下旬
福岡市博多区福岡オクトーバーフェスト福岡オクトーバーフェストオクトーバーフェスト
10月23・24日
福岡市博多区博多おくんち博多おくんち博多おくんち
10月25日筑後市水田天満宮 稚児風流
水田天満宮 稚児風流水田天満宮
10月下旬の金・土・日曜日福智町上野焼 秋の窯開き上野焼 秋の窯開き上野焼
11月1日から3日柳川市柳川 白秋祭柳川 白秋祭北原白秋
11月初旬から翌1月上旬福岡市博多区光の街・博多光の街・博多博多駅
11月初旬から翌2月中旬北九州市小倉イルミネーション小倉イルミネーション小倉市
11月上旬福岡市博多区住吉神社 横綱奉納土俵入り住吉神社・横綱奉納土俵入り住吉神社 (福岡市)
11月第2日曜日朝倉市秋月鎧揃え
秋月鎧揃え
黒田長興
11月中旬の土・日曜日福岡市中央区ふくこいアジア祭り
ふくこいアジア祭り
福岡市
11月中旬から12月25日福岡市早良区ももち ブルーライトイルミネーションももち ブルーライトイルミネーション福岡タワー
3年ごと11月中旬久留米市虫追い祭
田主丸・虫追い祭り
虫送り
11月下旬から翌1月末大任町おおとう桜街道イルミネーションおおとう桜街道イルミネーション大任町
12月2日
朝倉市おしろい祭り(朝倉市公式ホームページ)おしろい祭り
おしろい祭り
12月上旬から翌2月中旬久留米市ほとめきファンタジーほとめきファンタジー西鉄久留米駅
12月中旬から下旬の土・日曜日福岡市東区うみなかキャンドルナイトうみなかキャンドルナイト国営海の中道海浜公園
12月の第3土曜日糸島市白糸寒みそぎ
白糸寒みそぎ

福岡県は、かって、筑前、筑後、豊前の三国から成り立っていました。平野と山地がモザイクのように組み合わされた地形ですが、九州の北端に位置するために本州と九州をつなぐ基点となり、朝鮮半島や中国大陸との距離も近く、早くから海外との交流が行われてきました。特に博多は昔から日宋貿易や日明貿易で栄え、九州一帯の中心地としてではなく、日本有数の町として繁栄しています。
1月 正月の玉取祭/玉せせり 筥崎宮は祭事で祓い清められた陰陽2つの木玉のうち、陽の玉を裸に締め込み姿の競り子達に手渡され祭典が始まります。この玉に触れると悪事災難を逃れ幸運を授かるといわれており、男衆が勢い水を浴びながら、陽の玉をめぐって激しい争奪戦を繰り広げます。陸側と浜側に分かれた玉の争奪戦は、一年の吉凶を占う意味合いもあり陸側が玉をあげれば豊作、浜側があげれば豊漁といわれています。
境内の灯りが一斉に消され真の闇となるなかで、日本一といわれる大松明6本が紅蓮の炎を上げて燃え盛り、それを数百人の裸の氏子若衆がカリマタで支えて境内を廻るという大善寺玉垂宮 鬼夜は、鐘・太鼓が乱打され境内が火の海になる、熱気あふれる勇敢な年頭の祭りです。大松明は直径1メートル余り、全長約13メートル、重さ約1.2トンもあります。この大松明の火の粉を浴びると無病息災と云われ、五穀豊穣、家内安全、災難消除を祈願される人々で賑わいます。
太宰府天満宮 鷽替え・鬼すべ神事は、まず、「鷽替え神事」が行われます。参加者が「替えましょ、替えましょ」の掛け声のもと、暗闇の中で手にした木彫りの「ウソ」をお互いに交換し取り替え、一年間の幸福を祈念します。「鬼すべ神事」はその年の災難消除や開運招福を願い、境内の鬼すべ堂にて火祭りが行われます。およそ300人が鬼を退治する「燻手すべて」と鬼を守る「鬼警固」、「鬼係」に分かれ、炎の攻防戦を繰り広げます。
地元の人からは「お櫛田さん」の愛称で広く市民から親しまれている櫛田神社(くしだじんじゃ)の節分大祭の日には櫛田神社の門の三か所に、高さ約5メートルの日本一巨大な「お多福面」が置かれ、その口から境内に入るようになっています。 このお多福面の口をくぐって参拝すると福がもたらされると云われています。
旧暦元旦 和布刈神事は神功皇后が三韓征伐からの凱旋を祝って、早鞆の瀬戸のワカメを神前にささげたという古事に由来しています。神職が干潮の海に降りて鎌でワカメを刈りとり、それを神前に供えて航海の安全、豊漁を祈願します。真っ暗な中を烏帽子、狩衣、白足袋に草履姿の神職たちが、松明を頼りにワカメを刈りとる様子は幻想的で、関門海峡両岸の人々に春の訪れが近いことを感じさせてくれます。
柳川雛祭りは、雛壇よりも、部屋いっぱいに吊される「さげもん」が主役で、「さげもんめぐり」は、江戸時代から続く伝統行事です。柳川地方では、女の子が生まれると雛壇と色鮮やかな「さげもん」を飾り、初節句に盛大に祝う風習があります。さげもんは、鮮やかな糸で巻いた「柳川まり」と布細工の動物や縁起物の鶴などを組み合わせたものです。柳川のさげもんは、雛まつりシーズンに開催される色とりどりの飾りが美しい、心温まる伝統的な柳川のお祭りです。
3月に朝倉市の阿蘇神社で行われる泥打祭りは「おみくじ」で決定したその年の代宮司が純白の神衣に着替え、道祖神まで歩いて行く間、氏子が土でこねられた泥をとって一斉に代宮司に投げつけます。代宮司の体に泥がつくほど、その年は豊作であるといわれています。
5月 博多どんたくは、今では、動員数は200万人を越える一種のカー二バル的にさまざまな踊りがパレードする祭りとなっていますが、元は四福神と稚児で構成され、豪華な傘鉾の下で謡曲調の言い立てを唱えて練る「博多の松ばやし」が起源とされます。また「どんたく」はオランダ語から名づけられたとも言われています。
平家滅亡の折、按察使伊勢局がこの地に逃れて、安徳天皇の御霊を奉祀したと伝えられる水天宮の、水天宮春大祭は3日に献茶祭、3日から4日にかけて御座船の一般乗船があり、5日には青年達が揃いのはっぴ姿で筑後川で禊祓を行い、筑後川から潮井を汲んでご神前に供え祈願する「潮井行事」や御座船に御神輿が設置され、浦安の舞が披露される「神幸祭」があります。
田川市にある風治八幡宮の川渡り神幸祭は神輿と幟山笠が彦山川を渡る祭りです。神輿と共に川を渡る幟山笠は十基前後もありバレンを立て、赤い旗指物で飾られた幟山笠が次々と清流を渡って行く様は、勇壮にして豪壮な神事です。
6月 みそぎの行事の一つである高良川渡祭は、別名「へこかきまつり」と呼ばれ、その昔、男性は赤いへこ(褌)、女性は赤いゆもじ(湯文字)をつけてお参りをしたことからその名がついています。当日は、茅の輪くぐり神事や心身を清める禊神事を行い、赤いふんどし姿の男衆や子どもたちが、高良大社まで威勢良くかけ登る、へこかき裸参りが行われます。
7月 おおむた大蛇山まつりの主役である「大蛇山」の起源は300年以上も昔、蛇や龍を水の神の象徴とする水神信仰と、悪病よけの神の祇園信仰が絡み合い、生まれたとされています。かっと目を見開き、裂けるように開いた口から七色の火花を吐く、長さ10メートル以上もある「大蛇山」の山車が、街中の大通りを練り歩きます。この大蛇に子どもをかんでもらうと無病息災になるとも言われています。
博多祇園山笠は博多に夏の訪れを告げる櫛田神社の夏祭りです。クライマックスの追い山笠は早朝に太鼓を合図にスタート。法被に締め込み姿の男たちが、重さ1トンの舁き山(かきやま)を担いで、「オイサー」の掛け声とともに博多の街を駆け抜けます。若者たちの発散するエネルギーが祭りの雰囲気を見事に盛り上げる日本の夏祭りの代表的な祭りです。
北九州市小倉北区の小倉祇園太鼓は、太鼓祇園として知られるが、「無法松の一生」という小説と映画で一躍有名になった。江戸時代には、山鉾、踊り屋台、人形山車などが出て大変な賑わいを見せたが、幕末の長州戦争で屋台や山車は焼失してしまい、太鼓を中心とする祭りになった。残った山鉾を曳いたりするが、いまは太鼓山車の数が増え太鼓祇園として人気を呼んでいます。
北九州市八幡西区の黒崎祇園山笠は「けんか山笠」と称される山笠同士をぶつけ合う勇壮な祭りですが、祭りの幕開けとなる「お汐井取り」の行事に、二本の笠を立てた笹山笠が出るのが、山笠の古型を示すもので貴重です。このほか前夜祭では八基の武者人形山笠が駅前通りを走り、祭礼日には御神幸のお供をしたあと、町内を練ります。
北九州市の戸畑祇園大山笠は悪疫退散の祈願から始まった祭りで、四基の古式豊かな大山笠(幟山笠)が夜になると飾り物を外し、約10メートル、309個の提灯に彩られた提灯大山笠に姿を変えます。この提灯山笠を数百人の担ぎ手が交代で担ぎますが、前後左右のバランスを保ち、鉦や太鼓のお囃子に合わせ、 ヨイトサヨイトサの掛け声と共に歩調を合わせ進む様は圧巻です。
筑豊炭田の石炭の積み出しで栄えた北九州の若松港で、若松みなと祭りが開催されます。初日は、若松の郷土芸能「五平太ばやし」、ごんぞうレース、キッズダンスなどのイベントがあります。「五平太ばやし」は、船の形をした山車が商店街をタル太鼓に合わせて練り歩く行事で、昔石炭の事を五平太と呼び五平太を運ぶ船のヘリを叩いたリズムに詩がついたと言い伝えられています。最終日、高塔山の河童伝説にちなんだ「かっぱ祭り」のあとの、約2000人が松明を持ち高塔山を登る「火まつり行事」は、松明行列が輝く糸で山肌を縫うように進む光景が幻想的です。
7月末 行橋市元水の今井祇園は、巨大な山車は一台ですが、鎌倉時代からの「連歌奉納」が続けられていることと、「八撥神事」が行われているのが特色です。稚児を選んで神格化させ、男神、女神に扮装させて神社に参拝させる行事です。
9月 筥崎宮にて行われる放生会大祭は「万物の生命をいつくしみ、殺生を戒め、秋の実りに感謝する」神事です。千年以上前から続く最も重要な祭典で、春の博多どんたく、夏の博多祇園山笠並ぶ博多三大祭りにも数えられています。祭り期間中は参道一帯に700もの露店が立ち並び、どこか懐かしい昔の雰囲気を残す、博多の人々にとっては馴染み深い秋のお祭りです。筥崎宮を参拝した際には「新生姜」を土産に持ち帰った名残で、放生会では緑の葉がついたままの新生姜も販売されています。
太宰府市の太宰府天満宮 神幸式大祭は古い伝承を残す祭りですが、「お下りの儀」と「お上りの儀」の行列が圧巻で、平安時代の王朝絵巻を再現する華麗な行列が人目をひきます。また、神輿還御の後の本殿では稚児がササラの舞と扇の舞を奉納します。最終日の千灯明は、水面にろうそくの灯りが映り幻想的な風景です。
宗像大社で10月1日に行われるみあれ祭は宗像三女神が一堂に合う祭りで、竹に大漁旗を掲げた百数十隻もの漁船が1時間かけて大規模な海上神幸(海上パレード)を行なう光景は壮観です。
約1200年前から伝わる博多おくんちは日本三大くんちとして唐津や長崎のものと並んで有名な、秋の豊作に感謝する博多区の櫛田神社の秋季大祭です。見どころの一つの御神幸パレードは牛車に引かれた神輿や稚児行列、ブラスバンドやミス博多の乗るオープンカーなどが博多のまちを約2時間かけて巡ります。また、境内では五穀豊穣市も開かれます。
筑後市の水田天満宮 稚児風流は、稚児が太鼓を打つ芸能で、頭屋制度で伝承されています。稚児は十数名で構成され、稚児の最年長者二人が大太鼓を交替で打ち、これに合わせて他の稚児たちは腰太鼓と鉦を叩く。稚児が無心で演じるのがとても愛らしい、五穀豊穣を祈願する神事です。
11月 福岡市の住吉神社で毎年九州場所前に横綱奉納土俵入りが行われます。住吉神社は相撲との縁は古く、なんでも約1800年前に神功皇后が三韓遠征から帰国した際、無事御帰還できたことに感謝し相撲と流鏑馬を奉納したことが始まりのようです。日本相撲協会の公式行事で、格調高い横綱の土俵入りを間近で一目見ようと大勢の人々が会場を埋め尽くします。

福岡県の花は うめ
福岡県の鳥は うぐいす
福岡県の木は つつじ
(福岡県の公式ホームページ)

県のシンボル - 福岡県庁ホームページ
タイトルとURLをコピーしました