千葉県の有名なお祭り

成田祇園祭

下総三山の七年祭り

Kosei Kitahara, Public domain, via Wikimedia Commons

佐原の大祭(秋祭り)

katorisi, CC BY 3.0, via Wikimedia Commons

南北に長い千葉県は、大きく北部、南部、東部に分けられる。東京のベッドタウンとして開発が進んだ北部は、これまでの伝承されてきた祭礼行事を守るのに大変な努力が必要なようです。しかし南部房総半島や九十九里浜の東部あたりの祭りは伝承されているようですので、その伝承のパワーを継続してください。
市川市大野の駒形大神社で行われるにらめっこおびしゃは餅を三臼つき、一臼は御供物、二臼は参拝者へ分配、そして三臼目は「餅ぶっつけ」と称して細かくちぎった餅を投げ合い、餅が当たると大当たりといって喜びます。この神事のあとで大盃を飲みあうが、笑うとまた大盃で酒を飲まされるという儀式が続く。まわりから盛んに囃したてられるが、笑ってはいけないので「にらめっこおびしゃ」と呼ばれています。
成田山新勝寺節分会は大相撲力士や芸能人などの特別参加で華やかに行われることが有名ですが、本来節分会は邪気を祓う伝統行事です。
四街道市和良比の和良比はだか祭りは、裸になった男たちが社殿の注連縄の藁を稲に見立てて神田で田植えの所作を行い、神田と社殿の間でお百度詣りをし、その間に宮参りに来た満一歳未満の幼児を抱き上げて神田に走り、その泥をわらすぽで頭につけます。子供の無病息災を祈願するのです。また、田植えは豊作を予祝する田遊びの一種です。
鎮花祭とは、「はなしずめ」の祭りです。春の花が咲く頃にはさまざまな悪霊がうごめき出す時季であり、花も散り急ぐことになります。この花の散るのを留め、悪霊の退散を願うのが「はなしずめ」で、成田市成田のおどり花見もこの「はなしずめ」の祭りであろうとみられています。成田市内の婦人たちが揃いの着物を着て、あちこちの寺社の境内を踊り歩く。全体に明るい雰囲気に満ちた踊りが展開されます。
香取市の香取神宮の御田植祭は、1日目は耕田式で、拝殿前にて鎌・鍬・鋤を使って田植え前の田んぼを耕す所作と、稚児による田舞や早乙女手代による植初め行事が行われる。2日目は田植式で、稚児や神職などが御神田へと向かい、早乙女手代が田植え歌を唄いながら苗を植える。桜が見られる時期に行われので境内は華やかな雰囲気に包まれます。
佐原の大祭夏祭りは八坂神社の祭礼で、10台の総欅(ひのき)造の本体に関東彫りの重厚な彫刻がされた山車が小江戸と呼ばれる町並みを進むさまは風情があり、江戸時代の情景を連想させます。囃子は、鼓・笛・大太鼓・小太鼓・鉦などの編成で、十数名で一組となる。佐原囃子と呼ばれているように、江戸の祭りの囃子の影響を受けながらも情緒豊かな囃子を作り上げています。
同じ頃の祭り、成田祇園祭も10台の山車・屋台が一同に集結し成田山へ続く参道を中心に巡行します。若者たちが、かけ声とお囃子にあわせて威勢よく踊ります。お囃子は佐原囃子が多いのですが江戸囃子や神田囃子もあり、その違いが祭りを一層賑やかにします。
仏教行事として注目される広済寺の鬼来迎があります。「鬼舞」とも称されるが、地獄の責め苦にあっている亡者を仏が救うという筋書の宗教劇で、全国的にみてもこの種の仏教劇は珍しいものです。
弥勒浄土を讃え、戦乱疫病が相次いでこの世が終わりになる時に、救世主の弥勒菩薩が現れて我々を救ってくれるという信仰から生まれたみろく踊りを代表するのが洲崎神社のみのこ踊りです。オンベ(御幣)と扇を持って踊る「みろく踊り」と、編み笠を被り扇を手にして踊る「鹿島踊り」があります。
上総十二社祭りは玉依姫命を祭神とする玉前神社の秋祭りですが、神話の中の玉依姫は一族を連れて釣ヶ浜に上陸したと伝えられており、この故事のっとって釣ヶ浜の祭場で祭りが行われます。近郊の神社の神輿が祭りに参加するが、今は九社の神輿が参加している。宵宮祭のあと上総神楽が奉納され、翌日になると神輿の行列が出発し、次々と還御の途につきます。上半身裸の男たちが神輿を担ぎ、シオフミといって波打ち際を駆け上がるさまは勇壮で、俗に裸祭りとも称されています。
鶴谷八幡宮の秋祭りは、千年余りの伝統を誇る10社の神輿が出る、安房地方で一番大きいお祭りで安房やわたんまちと呼ばれています。初日は順次10社の神輿が着御し、もみ・さしを繰り返す「神輿振」の勇姿を披露した後、御仮宮に納めます。2日目は、4基の山車と1基の御船が入社、その後に御仮宮の10社の神輿が還御します。2日間に渡る勇壮な祭りは10万人の人出で賑わいます。
大原はだか祭りは十数基の神輿が参加します。神輿が一斉に海へとかつぎこまれ、もみあう「潮踏み」は壮観です。海に入る神輿も多く、波しぶきをあげてもむ姿も感動的です。沖の向かって供養の歌を歌ったり、神輿が互いに寄り添うようにしながら別れの歌を歌ったりするのは、祭りの中に少し哀愁を誘いこんでしまいます。
勝浦秋祭り「大漁まつり」勝浦地区の複数の神社による秋季合同祭です。1日目各区内にて神輿の渡御(村廻り)を行う。2日目は勝浦市秋季合同祭典式典催行。3日目は屋台・山車の曳き廻しと勝浦商店街でお囃子の演奏や出し物が行われる。4日目は港で神輿の船渡しという壮観な海上渡御を展開する。神輿が船から降ろされると屋台・山車に見送られ、遠見岬神社まで渡御が行われる。
下総三山の七年祭りは、現在の船橋市・習志野市・八千代市・千葉市にまたがる9つの神社が寄り集まって行う寄合(よりあ)い祭りです。丑年と未年に行われ、数えで7年目に当たることから七年祭りと呼ばれています。この祭りは、安産と子育てを祈願する祭りです。参加する各神社には、出産と親族にちなんだ役割があるといわれています。
11月の芝山はにわ祭はきらびやかな衣装を身にまとった国造(くにのみやつこ)や、かつての古代人が集まって古代の祭礼、巫女の舞などの儀式、鎧をまとった武士らの行列があり、花火の打ち上げなどもあるユニークな祭りです。

開催日開催地お祭りYouTubeWikipedia
1月20日市川市にらめっこおびしゃ
にらめっこおびしゃ
節分の日
成田市成田山新勝寺節分会
成田山新勝寺節分会
2月25日
四街道市和良比はだか祭り(四街道市公式ホームページ)四街道はだか祭り
2月下旬から3月上旬
鋸南町頼朝桜竹灯篭まつり頼朝桜の里 竹灯篭まつり
3月8日近くの日曜日船橋市 海神の天道念仏
船橋海神の天道念仏
4月3日成田市おどり花見
おどり花見(成田市)
4月第1土・日曜日香取市香取神宮の御田植祭(香取市公式ホームページ)
香取神宮お田植祭
香取神宮御田植祭
4月中旬の土・日曜日
成田市成田太鼓祭成田太鼓祭
5月17日、10月17日、11月23日
南房総市
高家神社包丁式高家神社 庖丁式
6月の中旬の土・日曜日
浦安市浦安三社祭(浦安市公式ホームページ)
浦安三社祭入船会
浦安三社祭
7月7・8・9日に直近の金・土・日曜日
成田市成田祇園祭成田祇園祭
成田祇園祭
7月10日以降の金・土・日曜日
香取市佐原の大祭夏祭り(香取市公式ホームページ)
佐原の大祭・夏祭り
佐原の大祭
7月第3金・土・日曜日
香取市小見川祇園祭(香取市公式ホームページ)小見川祇園祭
小見川祇園祭
7月25日・26日
多古町多古祇園祭
多古祇園祭
7月下旬の金・土・日曜日
茂原市茂原七夕まつり茂原七夕まつり
茂原七夕まつり
8月4日・5日
匝瑳市八重垣神社 祇園祭(匝瑳市公式ホームページ)
八重垣神社祇園祭
8月16日
横芝光町鬼来迎
鬼来迎
8月16日から22日
千葉市千葉神社妙見大祭千葉神社 妙見大祭
8月20日
千葉市寒川神社 御浜下り神事
御浜下り 千葉寒川神社
8月21日・22日館山市洲崎神社のみのこ踊り
洲崎のみのこ踊り
洲崎のミノコオドリ
8月末から9月初めの土、日曜日
成田市宗吾霊堂 御待夜祭(成田市)宗吾霊堂御待夜祭
9月8日から14日
一宮町上総十二社祭り(一宮町公式ホームページ)
上総十二社祭
9月14日から16日
館山市安房やわたんまち(千葉県公式ホームページ)
安房国司祭 やわたんまち
9月23日・24日
いすみ市大原はだか祭り大原はだか祭り
大原はだか祭り
9月第三月曜日を最終日の4日間勝浦市勝浦秋祭り「大漁まつり」
勝浦大漁まつり
勝浦大漁まつり
6年ごと 9月と11月
千葉市下総三山の七年祭り
下総三山の七年祭り
下総三山の七年祭り
10月第2金・土・日曜日
香取市佐原の大祭秋祭り(香取市公式ホームページ)佐原の大祭秋祭り
佐原の大祭
10月19日長生村岩沼の獅子舞
岩沼の獅子舞
10月20日
船橋市意富比神社例大祭 意富比神社例大祭
11月の第2日曜日
芝山町芝山はにわ祭 (芝山町公式ホームページ)
芝山はにわ祭
芝山はにわ祭

千葉県の花はなのはな
千葉県の鳥はホオジロ
千葉県の木はマキ

タイトルとURLをコピーしました