お祭りりんく 長崎県の有名なお祭り

注目のお祭り( Xにポスト )

6月7日から9日に行われる 東京都 台東区鳥越神社の 鳥越まつり はたくさんの町会神輿が登場するが神社神輿の宮入りは鳥越の夜祭りと呼ばれ、千貫神輿のまわりの提灯に灯がともり神秘的で荘厳な雰囲気になる。
福井県 越前町の越前陶芸村で5月25日・26日に開催の 越前陶芸まつり は県内の越前焼窯元が一堂に集結し、新作をはじめ数多くの焼き物を購入できる催し。伝統工芸品販売や飲食・バザーや茶会もある。
福井県 の三國神社で5月19日・20日・21日に行われる 三国祭 は北陸三大祭の一つ。高さ6メートルを超える豪勢な武者人形が笛太鼓のお囃子と共に町内を練り歩く。古い町並みを巨大な山車が進む光景は迫力満点。
4月に始まった 福岡県 小郡市如意輪寺(かえる寺)の 風鈴まつり は桜やあじさい、新緑や紅葉などを楽しめる如意輪寺で夏を無事に越せるようにと数千個の風鈴が境内に飾られ、その音色は涼やか。8月31日まで。

   ライラック

開催日開催地お祭りYouTubeWikipedia
1月3日五島市貝津の獅子こま舞(五島市公式ホームページ)貝津の獅子こま舞
1月中旬から3月中旬佐世保市白銀の世界白銀の世界
1月第3日曜日
五島市ヘトマトヘトマト五島市
1月最終日曜日佐世保市黒髪山 節分星まつり節分星まつり大智院 (佐世保市)
1月長崎市のもざき水仙まつり
のもざき水仙まつり野母崎町
2月初旬から3月3日島原市しまばら浪漫ひなめぐりんしまばら浪漫ひなめぐりん島原城
2月上旬の日曜日平戸市川内峠 野焼き川内峠で野焼き
2月上旬から下旬
雲仙市雲仙灯りの花ぼうろ灯りの花ぼうろ雲仙温泉
2月上旬から4月中旬
佐世保市ハウステンボス チューリップ祭100万本のチューリップ祭ハウステンボス
旧暦の1月1日から1月15日長崎市長崎ランタンフェスティバル
長崎ランタンフェスティバル長崎ランタンフェスティバル
2月下旬から3月下旬の土・日・祝日大村市長崎街道 松原宿ひなまつり長崎街道ひなまつり松原宿長崎街道
3月中旬から4月上旬佐世保市西海橋春のうず潮まつり西海橋春のうず潮まつり西海橋
3月下旬の土曜日
雲仙市観櫻火宴観櫻火宴
千々石ミゲル
4月上旬から下旬長崎市長崎ハタ揚げ
長崎ハタ揚げ大会長崎市
4月下旬
長崎市長崎帆船まつり
長崎帆船まつり
長崎帆船まつり
4月29日から5月5日
波佐見町波佐見陶器まつり波佐見陶器まつり波佐見焼
4月から10月の神社例祭新上五島町五島神楽五島神楽新上五島町
5月1日から5日佐世保市みちかわ焼き はまぜん祭り
はまぜん祭り
三川内焼
5月の金・土・日曜日佐世保市早岐茶市
早岐茶市早岐茶市
旧暦6月17日佐世保市竜神祭(ひよひよ祭)
宇久竜神祭(ひよひよ祭)
宇久島
7月第4土・日曜日
壱岐市郷ノ浦祇園山笠
郷ノ浦祇園山笠郷ノ浦祇園山笠
7月第4日曜日新上五島町有川十七日祭り十七日まつり海童神社 (新上五島町)
7月の最終日曜日
長崎市長崎ペーロン選手権大会
長崎ペーロン選手権大会
7月下旬
長崎市ながさきみなとまつりながさきみなとまつり長崎港
8月2日・3日大村市おおむら夏越まつり
おおむら夏越まつり大村市
8月第1土・日曜日
対馬市対馬 厳原港まつり厳原港まつり厳原港
8月上旬の土・日曜日
佐世保市させぼシーサイドフェスティバルさせぼシーサイドフェスティバルさせぼシーサイドフェスティバル
8月上旬島原市島原水まつり
島原水まつり
島原市
8月13日・14日五島市オネオンデ
五島富江町初盆
オネオンデ
8月13日から15日五島市チャンココ
チャンココ五島列島
8月13日から15日五島市オーモンデー
嵯峨島オーモンデー
オーモンデー
8月14日から17日対馬市対馬の盆踊(対馬市公式ホームページ)対馬の盆踊対馬
8月14日から18日平戸市平戸のジャンガラ
じゃんがら奉納平戸のジャンガラ
8月15日
長崎市精霊流し
精霊流し精霊流し
8月23日・24日佐世保市江迎千灯籠まつり江迎千灯籠まつり千灯籠まつり
(江迎千灯籠まつり)佐世保市水掛け地蔵まつり水掛け地蔵
9月中旬の土・日曜日
諫早市 のんのこ諫早まつりのんのこ諫早まつり諫早市
9月中旬の土・日・祝日長崎市長崎居留地まつり長崎居留地まつり外国人居留地
9月下旬から10月初旬長崎市長崎中華街中秋節長崎新地中華街 中秋節長崎新地中華街
9月末(10月初旬)の土・日曜日五島市福江みなとまつり福江みなとまつり福江島
10月7日から9日
長崎市長崎くんち長崎くんちの奉納踊り長崎くんち
10月中旬の土曜日島原市しまばら温泉不知火まつりしまばら温泉不知火まつり
10月10日から14日壱岐市聖母宮例大祭
壱岐勝本聖母宮大祭
聖母宮
10月14日・15日長崎市竹ン芸
竹ン芸竹ン芸
10月24日から27日平戸市平戸くんち平戸くんち城下秋まつりくんち
10月26日
平戸市平戸神楽
平戸神楽
平戸神楽
10月下旬の金・土・日曜日
佐世保市YOSAKOIさせぼ祭りYOSAKOIさせぼ祭りYOSAKOIさせぼ祭り
10月下旬の日曜日南島原市原城一揆まつり原城一揆まつり島原の乱
10月最終土・日曜日松浦市松浦水軍まつり(松浦市公式ホームページ)松浦水軍まつり松浦党
10月27日から31日長崎市長崎ベイサイドフェスティバル長崎ベイサイドフェスティバル
11月上旬の日曜日大村市大村の沖田踊・黒丸踊
大村の郡三踊
11月中旬から翌1月上旬佐世保市ハウステンボス 光の街のクリスマス光の街のクリスマス
11月第2土・日曜日長崎市丸山華まつりながさき丸山華まつり丸山 (長崎市)
11月第3木曜日から12月末佐世保市きらきらフェスティバル
きらきらフェスティバルきらきらフェスティバル
12月上旬の土曜日南島原市フェスティビタス ナタリス(南島原市公式ホームページ)フェスティビタス ナタリス南島原市
12月20日
壱岐市壱岐神楽壱岐大大神楽壱岐島
通年の土曜日(日・祝日)島原市島原城 夜の陣島原城 夜の陣島原城

長崎県は全土が半島と島嶼部からなり、山地からすぐに海に落ち込む地形のため平野部は少ない。対馬、壱岐、平戸、五島などの島が多く長崎県全体の印象は海洋県の色彩が強く、オランダを窓口とするヨーロッパとの海外交流や中国との交流による中国文化の影響などは、異国情緒と表現される独自の文化を長崎市を中心に形成してきました。
1月 ヘトマトは五島市下崎山地区に古くから伝わる民俗行事です。綱引きや玉の奪い合いなどにより豊凶を占い、生業の発展、除災招福を祈願する行事である。エンマゴヘイ(閻魔御幣)と呼ばれる御幣を捧持するハタモチ(旗持ち)の巡行から始まり、ハゴイタツキ(羽根突き)、タマゲリ(玉蹴り)、綱引きが順次行われます。
2月 雲仙市の雲仙灯りの花ぼうろは霧氷をイメージした灯りのイベントで、雲仙の温泉街や散歩道のツリーなどがイルミネーションによってきらびやかに彩られる。期間中の土曜日には花火が打ち上がります。
長崎の街を極彩色に彩る長崎ランタンフェスティバルは旧暦の1月1日から15日にかけて行われる長崎の冬の一大イベントです。もともと長崎新地中華街の人たちが、旧正月を祝う春節祭として始まったものが年々広がりを見せ、長崎の冬の風物詩として知られるようになりました。新地中華街はもとより、湊公園、中央公園、眼鏡橋周辺、浜の町・観光通りアーケードなど、市内中心部が色鮮やかなランタンで飾られます。
3月 雲仙市の観櫻火宴は、桜の季節に開催される日本一のたいまつ武者行列です。総勢200名の武者たちが、松明を片手に桜咲き誇る橘公園を練り歩く、県内最大の火祭りで、肥前龍造寺軍の千々石(ちぢわ)攻略の史実を基に再現される勇壮かつ幽玄な歴史絵巻を再現しています。
4月 長崎ハタ揚げは、出島のオランダ人の付き人だったインドネシア人が、望郷の思い忘れ難く、凧を揚げたのが始まりといわれています。長崎では凧のことを「ハタ」と呼び 長崎の凧は揚げて楽しむのではなく、他の凧と掛け合い、切り合うのが目的です。そのため、糸にはガラス粉が塗ってあり、糸同志に喧嘩させて、相手の凧糸を切って落とす仕組みになっています。
ゴールデンウィークに開催される波佐見陶器まつりは町内約150店の窯元・商社が出店し、多くの買い物客、やきものファンで賑います。お得な値引き販売のほか、出店者と対話しながら器探しができるのも楽しみの一つです。大型テント内での販売になるので、雨天時も安心して買物が楽しめます。また、同時期には近くで、有田陶器市も開催されているのため、両方の陶器市を回るツアーなども開催されています。
宇久島の神浦郷厳島神社では、旧暦6月17日に竜神祭(ひよひよ祭)が行われます。海神と信じられている竜神様を祀る祭りで、幟や御神灯で飾った漁船に子どもたちと神輿・笛・太鼓を乗せて、月が昇るのを見計らって出港し、その船の中で「ヒヨーヒヨーヒヨー」と声を掛け合いながら夜の港内を3周する幻想的なお祭りです。「ヒヨーヒヨー」という囃子は、かつて、村一番の笛の名手といわれた平左衛門の笛の音を真似たものだといわれています。
400年余り前の安土桃山時代、交通の要衝であった早岐では、漁師や農民らが山海の幸を持ち寄って物々交換したのをきっかけに「市」がたつようになりました。5月の早岐茶市は最盛期の江戸末期から明治の中頃にかけては600隻もの船が集結し、九州の茶の相場は早岐で決まるとまでいわれました。沢山の山海産物店や金物店、苗物、陶器店などの露天商が並び、早岐茶市は今でも活気に溢れています。
7月 壱岐市で最大のお祭り、八坂神社の郷ノ浦祇園山笠は、島で江戸時代から約280年間続く行事です。「山笠」とは、山車のような形状をしていますが、曳かないで、お神輿のように担ぐ(かく)ものです。この山笠を担いで石段を駆け上がる難所が、この祭りの大きな見所となっています。
かって船競漕は、その勝敗によって吉凶を占う行事でした。長崎港で初夏に行われる長崎ペーロン選手権大会の「ペーロン」には、中国の詩人屈原の霊を慰めるために始められた船競漕であるとの伝承が残されているようです。現在この大会は各地区の選抜チームが覇を競い、近年は、中国や兵庫県相生市との親善交流も行われています。なお、同じような船競漕には沖縄のハーリーがあります。
8月 大村市では市内にある二十五の神社が合同しておおむら夏越まつりを行う。夏を無事に越し、疫病退散を願う祭りとしてはじめられた新しい祭りで、約2千人にも及ぶ人が一斉に踊る夏越総踊りや太鼓の競演、奉納演芸やその他の催物が多数があり市民参加型のイベントとして親しまれています。
お盆の五島列島の各地には数多くの念仏踊りがあります。オネオンデチャンココオーモンデーなどの名称で伝えられるが、いずれも鉦と太鼓を打ち鳴らして踊り、その唱える声や叩く音から名称がつけられたといわれています。いずれの踊りの服装も頭に兜、花笠、独特の被り物と違いがあるが、腰は腰蓑を着けるなどの共通点があります。
平戸のジャンガラは平戸藩に伝わる念仏踊りで、豊年祈願の踊りとして神社仏閣に奉納したことに始まり、市内9地区に伝わっています。紙花で飾った菅笠をかぶった中踊(なかおどり)とよぶ踊り手が、腹に付けた太鼓を打ちながら激しく踊り、それを取り巻く太鼓や鉦、笛の楽器が囃します。ジャンガラというよび名は、「じゃん」は鉦(かね)の音、「ぐわら」は小鼓のふちを打つ音に由来するといわれます。
精霊流し(しょうりょうながし)と言えばお盆に行われる、盆前に逝去した人の遺族が故人の霊を弔うため行事で、長崎市、また近辺など長崎各地で行われているお盆の伝統行事です。佐賀県や熊本県の一部でも同じような風習が残っている場所もあります。種々の装飾を施した精霊船がカネや爆竹を鳴らしながら「チャンコン チャンコン」という鐘の音の後に、「ドーイ ドーイ」の掛け声で、夜遅くまで繰り出していきます。
9月 福江港や商店街を中心に3日間にわたって行われる福江みなとまつりは、福江島の秋を彩る一大イベント。神輿の巡行や炎上太鼓、龍踊り、島民総出で行われる総踊りなどが繰り広げられる。なかでも、遣唐使や倭冦など五島の歴史や民話を題材にした勇壮なねぶたが、賑やかな囃子に合わせて町を練り歩く姿が一番のみどころです。さらにフィナーレを飾る花火大会が盛大に行われ、福江港の夜空を鮮やかに彩ります。
10月 長崎くんちには、さまざまの奉納芸能が繰り広げられます。奉納芸能には唐人船、御朱印船、オランダ万才(まんざい)など異国情緒を感じさせるものがあるが、なかでも一番人気のあるのが「龍踊り」で、唐人服装をした11名の若者が、ドラ、太鼓、龍声ラッパの独特な拍子に合せて、長さ20メートルの龍を操り、さながら生き物のように踊る様は、実に壮観であります。なお、「くんち」は本来「おくんち」で旧暦の9月9日の「お九日」から出た言葉とも言われています。
平戸の秋の風物詩平戸くんちは平戸城内にある、歴代平戸藩主・松浦家祖霊を祀る亀岡神社の秋の例大祭です。祭りは4日間に渡って行われ、築地町の「ジャ踊り」、宮の町の「獅子舞」など各町による伝統芸能が披露された後、神輿や甲冑を着た武者、馬に乗った宮司らが市街地を練り歩く「御神幸」で街全体が賑わいを見せます。ハイライトは「平戸神楽(大々神楽)」で、舞のすべてが7時間以上かけて披露される貴重なもの。中でも2人の神主がお互いを担ぎ合う躍動的な神楽や真剣を使った神楽は必見です。
平戸神楽の由来は、戦国時代末期に壱岐国が平戸の松浦氏の領有となったため、壱岐の惣神主が、壱岐の社家20余名を率いて平戸の松浦氏の居城を訪れ、壱岐に伝わっていた神楽を舞ったことが発祥といわれている。全24番の平戸神楽は、氏子に任せず、各神社の神職が舞い手を務めるのが伝統であり、笛、太鼓を主旋律とした雅楽によって舞われ、中でも演目の「二剣(にけん)」は真剣3本を使うことから「三本舞」とも呼ばれ、舞手の技術力・体力・集中力が求められる最も難しい演目であるという。「二剣」の出来次第で、神楽全体の完成度が決まるともいわれており、平戸神楽を代表する演目の一つとされています。
12月 「神々が集う島」として知られる壱岐島の壱岐神楽は600年以上の歴史を持ち、国の重要無形民俗文化財に指定された。神職を世襲する社家の男性が、舞人と楽人を務めてきており、後継者不足などの課題を抱えながらも、島民によって守り、受け継がれています。

長崎県の花は 雲仙ツツジ(ミヤマキリシマ)
長崎県の花木は ツバキ
長崎県の鳥は オシドリ
長崎県の木は ヒノキ
長崎県の獣は 九州シカ
(長崎県の公式ホームページ)

長崎県のシンボル | 長崎県
タイトルとURLをコピーしました