お祭りりんく 岡山県の有名なお祭り

注目のお祭り( Xにポスト )

7月5日から7日に行われる 神奈川県 平塚市 湘南ひらつか七夕まつり りの特色は七夕飾りの豪華さ。会場には10メートルを超える大型飾りも出現。人気キャラクターを取り入れたユニーク飾りもある。
東京都 台東区 下町七夕まつり は7月4日から8日に浅草かっぱ橋本通りで行われる。華やかに彩られた七夕飾り、商店の出店と様々なパフォーマーが集まる。夜はライトアップされた東京スカイツリーが幻想的。
4月に始まった 福岡県 小郡市如意輪寺(かえる寺)の 風鈴まつり は桜やあじさい、新緑や紅葉などを楽しめる如意輪寺で夏を無事に越せるようにと数千個の風鈴が境内に飾られ、その音色は涼やか。8月31日まで。

     紫陽花

岡山県はかって備前、備中、美作の三国から成り、「桃太郎の鬼退治」を生んだ吉備の文化と瀬戸内海の航路を通じての中国大陸の文化、中国山脈を越えてきた出雲文化、奈良や京都からの上方文化などと融合して独自の伝統文化を熟成してきました。
2月の美作市顕密寺では、上餅、下餅、三方(木製台)合わせて総重量185キログラムもある巨大な鏡餅を運ぶ五大力餅会陽が行われます。この祭は後鳥羽上皇が隠岐の島に配流される途中、この寺に立ち寄り国家安泰と開運招福を祈願し、近隣の農民が献上した米5斗で大きい重ね餅を作り献上したことが由来といわれています。会陽では、力自慢の人たちが、2段の餅を持ち上げ声援を受けながら、誰が一番遠くまで運べるか競います。
同じ2月に岡山市の西大寺では二週間の修法の最終日の結願の日に西大寺会陽(はだか祭り)があります。本堂で投下される「シンギ」と呼ばれる宝木を奪い合うために、褌一つになった裸男たちが群れ、勇壮なもみあいを演じ、柄杓でかけられた水が、たちまち水蒸気になってしまうほどの熱気に満ち溢れます。
倉敷市の五流尊瀧院お日待大祭は修験道の山伏の祭りです。山伏たちは山伏装束で採灯大護摩供養が行われ、法螺貝の合図で入場した山伏たちは、悪魔を射落とす法弓の儀から法剣の儀を行い、斧によって護摩壇を浄めます。護摩の火が赤々と燃えさかり、参詣者はその火に手をかざし、身体の患部にあて御利益を願う。伝統の祭りで古式を伝える祭りです。
3月 江戸中期以降、勝山藩の城下町として繁栄した真庭市勝山で勝山のお雛まつりが行なわれます。 旭川最上流の舟運発着所でもあった勝山は、勝山町並み保存地区として歴史的な家並みが保存されていますが、町並み保存地区から新町商店街の1kmの間の160軒もの家に伝来の御殿雛、江戸時代の雛人形などが展示されます。
4月 国橋まつり大神楽は、備中神楽の創始者である西林国橋(こっきょう)が活躍した地で神楽を奉納します。備中神楽とは、日本の故事を演劇仕立てにし勇壮に舞う神事で、旧来の荒神神楽に、江戸時代末期の学者・神官であった高梁出身の西林国橋が文化・文政年間に神代神楽を加えて完成させた神楽です。現在では五穀豊穣、家内安全を願い、地域の各神社の秋祭りで奉納され、岡山県を代表する郷土芸能として全国に知られるようになっています。
5月 布施神社のお田植祭は布施神社の境内で行われる豊年祈願の行事である。境内を浄める獅子の練り舞のあと、「荒起こし」「しろかき」「くめしろ」「田植え」の神事が繰り広げられ、最後に殿様と福太郎が登場して滑稽な諸作を演じる。殿様と福太郎が様々な掛け合いが繰り広げられ、見物人は笑いに包まれるが、殿様は決して笑ってはならない。殿様が笑うとその年は不作になるといわれるからです。
笠岡市のおしぐらんごは源平の舟いくさが発端で「船漕ぎの競争」とも言われています。2隻の和船に6人ずつのこぎ手が乗り、源氏方と平家方に分かれて金浦湾の沖合いから陸の方をめざして競争します。漁業者の減少から一時は中止となったが地元の努力により復活し、盛大に挙行されています。
お盆の時期に行われる備中たかはし松山踊りは、3日間通して踊られる「松山踊り(地踊り)」「ヤトサ踊り」は参加型の踊りで、誰でも踊りの輪に入れます。優雅な身のこなしの松山踊り、軽快なリズムのヤトサ踊りと相反するイメージの踊りを交互に踊り続けます。1日だけ披露される武士を中心に踊られた「仕組踊り」もあり、高梁市の伝統芸能として市民に愛され続けています。
笠岡港の南に浮かぶ白石島には白石踊りと呼ばれる華麗な盆踊りがよく知られています。踊りには、男踊り、女踊り、笠踊り、娘踊りなどがあり、それぞれに踊り衣装が違っているが、これらの踊り手が一つの音頭、一つの太鼓に合わせて、それぞれに振りを違えて踊ります。踊りの輪は華やかで、その美しさには惹かれるものがあります。
10月 倉敷市の鴻八幡宮の秋祭りは、十数台のだんじりが曳きまわされる盛大な祭りです。八幡宮の神輿が地区内を巡行し、だんじりは境内に勢ぞろいする。ここのだんじりは岸和田のだんじりに似て機動性にすぐれており、勇壮に曳きまわされます。地区どうしの対抗意識が強く、その地区ごとの装束を着た老若男女が力を合わせてだんじりを盛り立てます。だんじりからは篠笛、胴長太鼓 締太鼓、鐘などの演奏がだんじりの動きに合わせて聞こえてきます。
津山まつりは、東の津山城鬼門守護・大隅神社、津山城下総鎮守・徳守神社、西の美作二宮・高野神社の秋祭りの総称です。森忠政が慶長9年(1604年)に徳守神社を再建して間も無くから始まったとされる歴史ある祭りです。各祭りでお披露目される神輿やだんじりが一番の見所で、「津山だんじり」は各町内で守り受け継いできただんじりが徳守神社に20臺、大隅神社に7臺あり、飾り山車(だし)と呼ばれる昭和になって新造されただんじりと併せ約50臺のだんじりが、400年の歴史を持つ「津山まつり」を盛り上げます。
唐子踊は牛窓紺浦地区に伝わる伝統芸能で、牛窓神社祭礼に併せて、紺浦疫神社を始め、地区内4箇所で奉納されます。青年たちの唐歌(からうた)にあわせて、唐装束の男児2人がゆったりしたテンポの異国風の踊りを踊ります。江戸時代末には踊られていたようで、おそらく牛窓港が古くから栄えた開かれた良港であったため、韓国から伝承し、稚児舞楽化したものではないかといわれています。
真庭市の久世祭りは久世地区の5つの神社の神輿が繰り出す五社立会祭りです。昼は町の中心を神輿5台が先行し、その後を鐘と太鼓の町まわり囃子を奏でながら、10社のだんじりが付き従う巡行があります。 夜は見どころの、鉄板で覆っただんじりの後部を、勢いをつけてぶつけあう「だんじり喧嘩」が行われる、非常に迫力のあるお祭りです。
吉備中央町の町内八社の神輿が、樹齢500年を越えると言われる杉や桧の森に覆われた総社宮に参集する加茂大祭は各神社の獅子舞、棒使い、毛槍練りなどが奉納されたあと、歓声を上げて、八社の神輿が揃って高々と差し上げられる「セイタカ(背高)」と称する一瞬は壮観です。
茶屋町と言えば鬼、鬼と言えば茶屋町と言われるくらい、倉敷市の茶屋町の鬼まつりは有名です。茶屋町の鬼の文化は江戸時代に遡り、住吉神社や稲荷神社の秋祭りに現れては町内を練り歩いて勇壮なパフォーマンスで祭りを盛り上げていたそうです。ここの鬼は恐ろしい鬼ではなく、どこかひょうきんな憎めない雰囲気を持った可愛い鬼です。

開催日開催地お祭りYouTubeWikipedia
1月1日から3日岡山市岡山後楽園 初春祭岡山後楽園 初春祭
1月3日岡山市矢立の神事 吉備津神社矢立の神事 吉備津神社吉備津神社
1月5日備前市田倉牛神社大祭田倉牛神社で新年の大祭吉永町
1月第3日曜日岡山市宗忠神社 どんど祭宗忠神社 どんど祭宗忠神社
2月初旬の土曜日鏡野町恩原高原氷紋まつり 恩原高原氷紋まつり
2月初旬から4月上旬倉敷市野崎家のお雛様展野崎家のお雛様展旧野﨑家住宅・野﨑家塩業歴史館
2月上旬岡山市岡山後楽園 芝焼き岡山後楽園 芝焼き
2月上旬の土・日曜日真庭市ひるぜん雪恋まつりひるぜん雪恋まつり
2月第1土曜日岡山市金山寺会陽金山寺会陽金山寺
2月第1日曜日
美作市五大力餅会陽 顕密寺
顕密寺五大力餅会陽
2月第1日曜日真庭市北房ぶり市ぶり市北房ぶり市
旧暦1月1日から3日津山市福力荒神社大祭福力荒神社大祭福力荒神社大祭
2月第2土曜日美作市安養寺会陽(はだかまつり)安養寺会陽(はだか祭り)美作市
2月第3土曜日
岡山市西大寺会陽(はだか祭り)西大寺会陽西大寺 (岡山市)
旧暦の1月23日・24日倉敷市五流尊瀧院お日待大祭
倉敷市 五流尊龍院 護摩供養
五流尊瀧院
2月下旬から3月中旬倉敷市倉敷雛めぐり倉敷雛巡り
3月3日から同月上旬備前市備前市かたかみひなめぐり備前 片上ひなめぐり
3月3日から1カ月津山市津山城下町雛めぐり津山城下町雛めぐり
3月上旬5日間
真庭市勝山のお雛まつり勝山のお雛まつり勝山のお雛まつり
3月下旬から4月上旬
津山市津山さくらまつり
津山さくらまつり津山城
3月下旬から4月上旬高梁市備中たかはし町家通りの雛まつり(高梁市公式ホームページ)備中たかはし町家通りの雛まつり高梁市
4月上旬岡山市岡山さくらカーニバル
岡山さくらカーニバル旭川 (岡山県)
4月第3日曜日久米南町誕生寺お会式誕生寺二十五菩薩練供養久米南町
4月下旬和気町藤まつり(和気町公式ホームページ)
藤まつり和気町
4月の最終日曜日高梁市国橋まつり大神楽国橋まつり大神楽備中神楽
5月3日から5日笠岡市真鍋島の走り神輿
走り神輿 真鍋島真鍋島
5月5日鏡野町布施神社のお田植祭
布施神社のお田植祭 鏡野町
5月中旬の土曜日真庭市蒜山 山開き蒜山山開き神事蒜山
旧暦5月5日に近い日曜日笠岡市おしぐらんごおしぐらんご
おしぐらんご
6月中旬の日曜日岡山市北区岡山後楽園 お田植え祭岡山後楽園お田植祭後楽園
7月下旬の土曜日
倉敷市倉敷天領夏祭り倉敷天領夏祭り天領
7月下旬の土・日曜日
倉敷市水島港まつり水島港まつり
水島港
7月30日
岡山市玉井宮東照宮 夏祭(輪くぐり)玉井宮東照宮
7月下旬から8月下旬(お盆)真庭市大宮踊
大宮踊蒜山
8月岡山市夏の烏城灯源郷
夏の烏城灯源郷岡山城
8月の第1土・日曜日
岡山市おかやま桃太郎まつりおかやま桃太郎まつりおかやま桃太郎まつり
8月の第1土・日曜日岡山市うらじゃ
うらじゃうらじゃ
8月上旬の土・日曜日
玉野市玉野まつり玉野まつり玉野市
8月中旬から下旬倉敷市ハートランド倉敷ハートランド倉敷
8月13日から15日笠岡市白石踊り白石踊り白石踊
8月14日深夜より15日未明美咲町両山寺護法祭
二上護法祭護法祭
8月14日から16日
高梁市備中たかはし松山踊り備中松山踊り松山踊り
8月16日
和気町和文字焼きまつり(和気町公式ホームページ)和文字焼きまつり
中秋の名月岡山市岡山後楽園 名月観賞会岡山後楽園 名月観賞会
10月第2土・日曜日
倉敷市鴻八幡宮の秋祭り鴻八幡宮例大祭鴻八幡宮
10月15日新見市土下座まつり(御神幸武器行列)土下座まつり 御神幸武器行列御神幸武器行列
10月18日から20日真庭市勝山喧嘩だんじり勝山喧嘩だんじり勝山 (真庭市)
10月第3週と第4週の土・日曜日津山市津山まつり
津山まつり津山まつり
10月第3土・日曜日
備前市備前焼まつり
備前焼まつり備前焼
10月第3土・日曜日倉敷市阿智神社 秋季例大祭阿智神社 秋季例大祭
10月第3日曜日
吉備中央町加茂大祭
加茂大祭吉備中央町
10月第4日曜日吉備中央町吉川八幡宮当番祭吉川当番祭
10月第4日曜日瀬戸内市唐子踊(疫神社)唐子踊 in 疫神社唐人おどり
10月24日から26日
真庭市久世祭り
久世祭り久世祭り
10月最終土・日曜日
倉敷市乙島祭り 戸島神社
乙島祭り乙島まつり
11月初旬から翌2月中旬倉敷市くらしききらめきのみち イルミネーションくらしき きらめきのみち倉敷みらい公園
11月上旬から下旬備前市旧閑谷学校ライトアップ
旧閑谷学校ライトアップ
閑谷学校
11月第2日曜日
矢掛町矢掛の宿場祭り 大名行列(矢掛町公式ホームページ)矢掛の宿場まつり矢掛
11月中旬から下旬岡山市北区岡山後楽園 秋の幻想庭園秋の幻想庭園
11月中旬から翌1月上旬岡山市西川イルミ西川イルミ西川緑道公園
11月第2土・日曜日井原市三原渡り拍子三原渡り拍子三原渡り拍子
11月第3日曜日倉敷市茶屋町の鬼まつり茶屋町の鬼まつり茶屋町地区
4月 8月 11月(2日間)2月 の各下旬奈義町横仙歌舞伎
横仙歌舞伎奈義町
12月初旬から翌1月上旬総社市SOJAイルミネーションSOJAイルミネーション総社市
12月中旬から翌2月末真庭市真庭イルミネーションinハート広場真庭イルミネーションin北房ハート広場
毎月第1日曜日岡山市備前岡山京橋朝市
備前岡山京橋朝市京橋 (岡山市)
毎月第2日曜日瀬戸内市牛窓朝市牛窓朝市牛窓町
毎月第3日曜日倉敷市倉敷三斎市倉敷三斎市高梁川
毎月第4日曜日瀬戸内市備前福岡の市備前福岡の市長船町
3月-11月 第2月曜日休 12月-2月 平日休倉敷市くらしき川舟流し倉敷川舟流しの様子

岡山県の花は ももの花
岡山県の鳥は きじ
岡山県の木は あかまつ
(岡山県の公式ホームページ)

岡山県のシンボル/都道府県情報/全国知事会
全国知事会のホームページです。
タイトルとURLをコピーしました