お祭りりんく 神奈川県の有名なお祭り

注目のお祭り( Xにポスト )

7月5日から7日に行われる 神奈川県 平塚市 湘南ひらつか七夕まつり りの特色は七夕飾りの豪華さ。会場には10メートルを超える大型飾りも出現。人気キャラクターを取り入れたユニーク飾りもある。
東京都 台東区 下町七夕まつり は7月4日から8日に浅草かっぱ橋本通りで行われる。華やかに彩られた七夕飾り、商店の出店と様々なパフォーマーが集まる。夜はライトアップされた東京スカイツリーが幻想的。
4月に始まった 福岡県 小郡市如意輪寺(かえる寺)の 風鈴まつり は桜やあじさい、新緑や紅葉などを楽しめる如意輪寺で夏を無事に越せるようにと数千個の風鈴が境内に飾られ、その音色は涼やか。8月31日まで。

     紫陽花

大磯の左義長

提供:かながわフォトライブラリー

神奈川県は、中世には武家階級の抬頭を機とする源頼朝の鎌倉幕府が開かれ、歴史の上にも鎌倉時代という区分を生んでいます。また、江戸の開府で上方から江戸に通じる東海道は交通の中心となり、その街道を通じて運ばれた東西の文化が相模の地、神奈川県に幾重にも重なって伝えられ、それが今の神奈川県の祭りにも出ています。
1月 大磯の左義長は道祖神の火祭りでセエトバレエやドンドヤキなどとも呼ばれ、国の重要無形民族文化財に指定されています。松や竹、お正月のお飾りや縁起物などを浜辺に運んで大きな円錐型のサイトを作り、日が暮れると9つのサイトに火が入れられます。この火で団子を焼いて食べると風邪をひかない、燃やした書き初めが高く舞い上がると腕が上がるといわれています。
三浦市三崎の下町、花暮と仲崎地区の少女たちが踊るチャッキラコは風流踊りです。晴れ着を身に着けた少女の踊り手は、まず本宮様の前で踊り、海南神社で踊ったあと、町内の招かれた家に行き踊ります。「チャッキラコ」とは、踊りの中の一曲に「コキリコ(綾竹)」を用いて踊る踊りがあり、その打ち合わせる音からでています。唄は主婦たちが唄うが楽器は用いない。あどけない踊り振りの中に古風な美しさが潜んでいます。
2月 箱根神社節分祭は、宮中で行われていた追儺式と金太郎伝説に由来する鬼やらいが合わさった、古式豊かな節分追儺式です。そのあと、芦ノ湖を水上スキーで逃げ回る赤鬼、青鬼を船や岸から豆をまいて追い払う「鬼追」があり、境内では揚げたてのワカサギのフライが振舞われます。
百万遍念仏は円座になった男女が念仏を唱えながら大珠の数珠を手で繰ってまわすものです。百万回まわすと目的が成就されるとしているが、2月に行われる、世附の百万遍念仏は大数珠を数珠車にかけて勢いよくまわしながら念仏を唱える。この念仏行事のあと獅子舞が演じられ、また鳥刺しの狂言も上演されます。
3月 神楽の湯立と大神楽の獅子舞が結びついたのが仙石原湯立獅子舞です。湯釜の前に獅子が立ち、湯笹(熊笹の束)で熱湯をかきまわし、その湯笹を神前で打合せたり、湯笹の湯花を人々に振りかけたりするのは、全国的にみても例がなく貴重な伝承です。
5月 北條五代歴史と文化の祝典は戦国大名北条氏を称える小田原市最大のお祭りで北条五代歴代城主を模した武者行列、音楽隊、神輿が市中を練り歩き、北條鉄砲衆による発砲演技もあります。
相模の大凧まつりの大凧の魅力は、大きさと題字で、最も大きい凧が8間(14.5メートル)四方で、材料は竹と和紙です。竹で骨組みを作った後、反りを入れ、別に和紙を貼り合わせた複数の大貼りを作り、2文字の漢字を赤と青で書く、いわゆる字凧です。大凧に書かれる題字は、その年の世相を反映したものとなっており、現在は相模原市民から募集するようになっています。
古代の祭りの形を伝えているとされる相模国府祭は六所神社を総社とし他に5社が大磯に集まって行われる合祭で江戸時代には「天下祭り」とも「端午祭り」とも呼ばれていました。六所神社は、源頼朝が富士川に出陣した時に宿泊しとされる古社です。
港と共に発展してきた横浜にとって誕生日とも言うべき6月2日の開港記念日を中心に開催される横浜開港祭はまちづくりと観光の活性化を図るために開催される横浜市最大規模の市民祭で市民参加型の多彩なイベントと花火大会があります。
7月 湘南に夏の訪れを告げる湘南ひらつか七夕まつりは日本有数の七夕まつりです。中心街には約500本、市内全域で約3、000本の七夕飾りが掲出され中には、10mを超える大型飾りもあり、活躍中のスポーツ選手や人気の動物、キャラクターなどの流行り取り入れた飾りも大きな特徴です。パレードやステージイベント、地元グルメなども楽しめます。
江の島天王祭は、江島神社の末社八坂神社の例祭で、対岸の腰越の小動神社と同時開催される祭礼です。江の島の八坂神社の御神体は、もとは対岸の腰越の小動(こゆるぎ)神社の御神体でした。ある時嵐で流され海底に沈んでいたところ、江の島の大海士(ダイカイシ:男の潜水漁師)が拾い上げたという伝えがあります。祭りでは御神輿が海に入り、腰越の神社から迎えが来て、2基の御神輿が並んで腰越の町を練り歩く、行合い祭となっているのも言い伝えを再現しています。
獅子が湯立神楽(ゆたてかぐら)を舞うという宮城野湯立獅子舞は全国でも箱根と御殿場市の沼田しか残っていない、大変めずらしい伝承芸能です。 宮舞、平舞、剣の舞、行の舞の後、湯立作法が始まります。獅子は煮えたぎる湯釜の火を浄め、四方を祓い、湯釜を祓う。最後に湯笹を使って湯花を氏子たちの頭上に振り懸けます。この湯花をいただくと、一年間無病息災になるといわれています。
浜降祭は茅ヶ崎市寒川町の寒川神社の神輿を中心にして、近在の大小合わせて約40基の神輿が海岸に渡御し、浜降りの禊を行います。関東から東北の太平洋側の海岸では神輿が禊のために浜降りする神事は伝承されているが、この地の浜降祭のように三十を超える神輿が一斉に浜降りする豪壮な祭礼は珍しい例です。
愛川町の三増の獅子舞は三増諏訪神社境内に合祀される八坂神社祭礼時の奉納舞で、約300年ほど前から行われていたと伝わっています。一頭の獅子を一人が演じる一人立ち三頭獅子舞と呼ばれるもので、父の巻獅子、母の玉獅子、子の剣獅子の3頭で、この他、姥面をかぶった教導役としてのバンバ、露はらいの天狗、花笠(ササラという楽器を演奏する役)、笛師、歌師等が加わります。
海上渡御の船祭りには真鶴町の貴船まつりがあります。この祭りは、寛平年間(889~897年)、真鶴岬に神霊が降臨されたのを、住民が小舟でお迎えしたという故事にもとずくといわれています。色とりどりの吹き流しや大鳥毛、台傘、提灯などで飾った伝馬船で曳航された二隻の小早船が、湾を横切って貴船神社に神迎えをし、神輿を海に担ぎ込む勇壮な海中渡御があります。
7月31日の湖水まつりは箱根神社の宵宮祭で、芦ノ湖の主である九頭龍明神に三升三合三勺の赤飯を献じる祭典です。1000個を超える灯籠が湖上に浮かび、花火も打ち上げられる。7月31日から8月5日は芦ノ湖夏まつりウィークで、8月1日箱根神社例大祭、2日御神幸祭、3日駒形神社例祭、4日湖尻龍神祭、5日は鳥居焼まつりが行われます。
8月 本牧神社の神事にお馬流しがあります。お馬は茅で作った頭部が馬、胴体が亀という作り物です。このお馬を六体作り、満潮時に神船に乗せて沖に漕ぎ出し、お馬を海中に流す。お馬に悪霊をつけて流し厄除けをするという行事です。
古くは「朝詣り」とも呼ばれた長谷寺の四万六千日。8月10日にお詣りすると4万6千日の間お詣りしたのと同じご利益があるといわれています。かつて、三浦半島の人たちは、夜明け前から提灯を下げ、名越の山を越えて、杉本観音、長谷観音、田代観音を巡り、最後に逗子の岩殿寺を巡って帰宅したのだそうです。長谷寺の十一面観音像は、「長谷寺式」とも呼ばれ、金色に輝く高さ9メートルの巨大観音様で、木彫りの菩薩仏像では日本最大級です。右手に錫杖を左手に蓮華を持った独特な像です。
箱根町の箱根強羅温泉大文字焼は大正10年(1921年)に、観光や避暑客の慰安のため盂蘭盆の送り火として行なわれたという伝統行事で、箱根外輪山の一峰、標高924メートルの明星ヶ岳の山腹につくられた大の文字に午後7時30分に点火され、はじめ炎の点だったものが線になり、次第に「大」の文字となって暗闇に浮かび上がるさまは幻想的です。点火と同時に花火が打ち上げられます。
9月 鶴岡八幡宮例大祭は「吾妻鏡」によれば、源頼朝により文治3年(1187年)8月15日に放生会(ほうじょうえ)と流鏑馬が始行されたとあり、これが当宮例大祭の始まりとなります。以来絶えることなく800年の歴史と伝統が現在に伝えられています。お祭りは1日目に宵宮祭、2日目に例大祭と神幸祭、そして3日目に流鏑馬神事と鈴虫放生祭などが行われます。
鎌倉市御霊神社の面掛行列(御霊神社例大祭)は面をかぶった男達が練り歩く行列による仮面風流です。神輿とともに十種の仮面をつけた者が行列するが、仮面の多くが奇異な面で、舞楽(ぶがく)や田楽(でんがく)の流れをくむものだそうです。
観光行事化していますが、11月の箱根町湯本の箱根大名行列は箱根権現参拝の大名行列を模したもので、昭和初期に構成されたといわれています。旗持、露払を先頭に、毛槍、奥女中、大名駕籠など、総勢170名が湯本温泉郷を練り歩く時代絵巻です。

開催日開催地お祭りYouTubeWikipedia
1月7日から31日藤沢市藤沢宿 七福神めぐり藤沢江の島七福神めぐり江島神社
1月14日前後大磯町大磯の左義長
大磯左義長大磯町
1月15日三浦市チャッキラコ
チャッキラコチャッキラコ
1月下旬(2月上旬)の土・日曜日川崎市中原区乙女文楽
乙女文楽公演
節分の日箱根町箱根神社 節分祭
箱根神社 節分祭
箱根神社
節分の日川崎市川崎区川崎大師 節分会川崎大師 節分会平間寺
2月上旬の日曜日横浜市中区ヨコハマ映画祭ヨコハマ映画祭横浜市市民文化会館関内ホール
2月上旬から2月下旬小田原市小田原梅まつり
小田原梅まつり小田原市
2月中旬の土・日曜日山北町世附の百万遍念仏
世附の百万遍念仏百万遍念仏
3月中旬から下旬小田原市小田原城の桜まつり
夜桜ライトアップ小田原城
3月27日箱根町仙石原湯立獅子舞
仙石原 湯立獅子舞諏訪神社 (箱根町仙石原)
4月第2日曜日から第3日曜日
鎌倉市鎌倉まつり鎌倉まつり北条政子
4月中旬の土曜日伊勢原市日向薬師 春季例大祭日向薬師宝城坊春の例大祭日向薬師
4月中旬の土・日曜日
茅ヶ崎市大岡越前祭(茅ヶ崎市)大岡越前祭大岡越前祭
4月中旬の土・日曜日横浜市中区野毛大道芸野毛大道芸野毛大道芸
4月第3土・日曜日秦野市秦野丹沢まつり秦野丹沢まつり秦野市
4月29日横浜市鶴見区鶴見の田祭り鶴見の田祭り鶴見神社 (横浜市)
4月29日中井町五所八幡宮例大祭五所八幡宮例大祭五所八幡宮 (中井町)
5月3日
小田原市北條五代 歴史と文化の祝典
北條五代 歴史と文化の祝典
小田原北條五代祭り
5月3日から5日
小田原市松原神社例大祭松原神社例大祭松原神社 (小田原市)
5月4日・5日相模原市相模の大凧まつり
相模の大凧まつり相模川
5月5日
大磯町相模国府祭
相模国府祭国府祭
5月中旬の土曜日
横須賀市久里浜ペリー祭
久里浜ペリー祭
マシュー・ペリー
5月中旬の日曜日
鎌倉市大船まつり
大船まつり大船
5月中旬の土・日曜日
横須賀市よこすかカレーフェスティバル
よこすかカレーフェスティバルカレー
5月20日頃の土曜日小田原市曽我の傘焼まつり曽我の傘焼まつり曾我兄弟の仇討ち
5月第4土曜日
湯河原町湯河原温泉湯かけまつり湯河原温泉湯かけまつり湯河原温泉
6月2日およびその前後
横浜市中区横浜開港祭横浜開港祭横浜開港祭
6月第1日曜日横浜市鶴見区蛇も蚊も祭り蛇も蚊も祭り蛇も蚊も
6月中旬横須賀市浦賀の虎踊り浦賀 虎踊り
7月上旬の木曜日から日曜日平塚市湘南ひらつか七夕まつり
湘南ひらつか七夕まつり湘南ひらつか七夕まつり
7月第2土・日曜日
藤沢市江の島天王祭江の島天王祭江島神社
7月14日横浜市戸塚区八坂神社とお札まき八坂神社のお札まき
7月15日箱根町宮城野湯立獅子舞
箱根の湯立獅子舞
湯立
海の日
茅ヶ崎市浜降祭浜降祭浜降祭
7月20日前後の日曜日愛川町三増の獅子舞(諏訪神社)
三増の獅子舞
愛川町
7月の20日を中心に約1週間川崎市川崎区川崎大師風鈴市川崎大師風鈴市風鈴
7月20日頃の土・日曜日藤沢市藤沢宿 遊行の盆藤沢宿・遊行の盆藤沢宿
7月下旬の土・日曜日
相模原市上溝夏祭り
上溝夏祭り上溝
7月下旬の土・日曜日大和市神奈川大和阿波おどり(大和市)神奈川大和阿波おどり大和市
7月最終金・土曜日真鶴町貴船まつり
真鶴貴船まつり貴船まつり
7月31日から8月5日箱根町湖水まつり
箱根 湖水まつり
芦ノ湖
8月2日・3日湯河原町湯河原やっさまつり湯河原やっさまつり湯河原町
8月第1又は第2日曜日横浜市中区お馬流し
本牧神社 お馬流し本牧神社
8月初旬の金・土・日曜日
相模原市橋本七夕まつり
橋本七夕まつり橋本七夕まつり
8月上旬の土曜日大井町大井よさこいひょうたん祭大井よさこいひょうたん祭大井町
8月10日鎌倉市長谷寺の四万六千日
長谷寺 四萬六阡日大功徳の日長谷寺 (鎌倉市)
8月の立秋の前日から9日
鎌倉市ぼんぼり祭(鎌倉市)ぼんぼり祭鎌倉市
8月中旬の金・土曜日横浜市西区みなとみらい大盆踊りみなとみらい大盆踊りみなとみらい
8月中旬の土曜日清川村青龍祭(清川村公式ホームページ)青龍祭清川村
8月16日箱根町箱根強羅温泉大文字焼箱根強羅温泉大文字焼箱根町
8月17日藤沢市皇大神宮 例大祭鵠沼皇大神宮例大祭皇大神宮 (藤沢市)
9月第2土曜日開成町開成町阿波おどり開成町阿波おどり開成町
9月14日から16日
鎌倉市鶴岡八幡宮例大祭鶴岡八幡宮例大祭鶴岡八幡宮
9月中旬の日曜日相模原市相模原よさこいRANBU!相模原よさこい RANBU相模原市
敬老の日前の金・土・日曜日横浜市南区お三の宮秋祭りお三の宮秋祭り日枝神社 (横浜市南区)
9月18日
鎌倉市面掛行列(御霊神社例大祭)面掛行列面掛行列
9月19日寒川町寒川神社 流鏑馬神事寒川神社流鏑馬寒川神社
9月下旬の土・日曜日
藤沢市藤沢市民まつり
藤沢市民まつり藤沢市
9月下旬の土・日曜日
秦野市秦野たばこ祭
秦野たばこ祭秦野たばこ祭
10月の第1土・日曜日横浜市中区横濱ジャズプロムナード横浜でジャズプロムナード開幕
10月上旬の土・日曜日
川崎市川崎区川崎みなと祭り
川崎みなと祭り川崎港
10月上旬 鎌倉宮で鎌倉市鎌倉薪能鎌倉薪能鎌倉宮
10月中旬の土・日曜日横浜市泉区横浜いずみ歌舞伎
いずみ歌舞伎
泉区 (横浜市)
10月中旬の日曜日横須賀市よこすか開国花火大会よこすか開国花火大会
横須賀港
10月中旬の日曜日山北町山北のお峰入り(山北町公式ホームページ)
山北のお峰入り宗良親王
10月中旬から翌4月上旬川崎市多摩区よみうりランド ジュエルミネーションよみうりランド ジュエルミネーションよみうりランド
10月下旬の金・土・日曜日大磯町大磯うつわの日
大磯うつわの日
10月下旬の日曜日(郷土芸能まつり)厚木市相模人形芝居
相模人形芝居林座
相模人形芝居
60年に一度 10月下旬鎌倉市洪鐘弁天大祭洪鐘弁天祭洪鐘弁天大祭
11月3日
箱根町箱根大名行列(箱根町)
箱根大名行列箱根旧街道
11月3日相模原市甲州街道小原宿本陣祭甲州街道小原宿本陣祭小原宿
11月初旬から12月25日横浜市神奈川区横浜ベイクォーターのクリスマス横浜ベイクォーターのクリスマス横浜ベイクォーター
11月初旬から翌2月下旬横浜市中区春節燈花(イルミネーション)春節燈花(イルミネーション)横浜中華街
11月上旬から12月25日川崎市多摩区藤子・F・不二雄ミュージアムのクリスマスクリスマス 藤子・F・不二雄ミュージアム藤子・F・不二雄
11月上旬から翌2月中旬横浜市西区ヨコハマミライトヨコハマミライトグランモール公園
11月上旬から翌5月中旬相模原市さがみ湖イルミリオンさがみ湖イルミリオン相模湖
11月中旬から翌2月中旬横浜市西区ヨコハマイルミネーションヨコハマイルミネーション
11月中旬から翌2月下旬横浜市西区パシフィコ横浜 ウィンターイルミネーションパシフィコ横浜 ウィンターイルミネーション横浜国際平和会議場
11月下旬から12月25日横浜市中区Christmas Market in 横浜赤レンガ倉庫Christmas Market in 横浜赤レンガ倉庫
11月下旬から翌1月上旬横浜市中区ヨルノヨ横浜ヨルノヨ山下公園
11月下旬から翌2月下旬藤沢市湘南の宝石湘南の宝石江の島灯台
12月上旬から翌2月中旬横浜市中区アートリンクin横浜赤レンガ倉庫
横浜赤レンガ倉庫アートリンク横浜赤レンガ倉庫
12月17日・18日小田原市飯泉観音だるま市飯泉観音だるま市勝福寺 (小田原市)
毎週日曜日三浦市三崎朝市三崎朝市三浦市
毎日 日没から24時横浜市横浜ベイブリッジのライトアップ横浜ベイブリッジ ライトアップ横浜ベイブリッジ

神奈川県の花は ヤマユリ
神奈川県の鳥は カモメ
神奈川県の木は イチョウ
(神奈川県の公式ホームページ)

神奈川県のシンボル / 県民歌「光あらたに」
神奈川県のシンボル/県民歌「光あらたに」
タイトルとURLをコピーしました