香川県の有名なお祭り

四国こんぴら歌舞伎大芝居

Toto-tarou, CC BY-SA 3.0, via Wikimedia Commons

ひょうげ祭り

中山農村歌舞伎

提供:(公社)香川県観光協会

瀬戸内海の海と島の生活、讃岐平野における農業生活、讃岐山脈に近い人々の山村生活、香川県の人々は、それぞれぞれの土地に応じた生活を長く営んできました。そしてその土地の伝統文化を今にいたるまで守り伝えてきています。
「こんぴらさん」で有名な、四国は香川県琴平町にある、国指定重要文化財「旧金毘羅大芝居(通称:金丸座)」は、四国こんぴら歌舞伎大芝居の復活により、全国から熱い注目を浴び、四国路の春を告げる風物詩として昭和60年から毎年行われています。金丸座では江戸時代そのままの芝居小屋のため舞台操作は、電気も機械も使わずにすべて人力により行います。
高松市女木町の女木島 住吉神社大祭は、男木島の祭りと一年交代で行われるが、祭礼日には神輿を中心とした神幸行列が御旅所へ出るが、この時には太鼓台も出て、唐子姿の子供が太鼓を打ち続ける。太鼓台をさしあげたり、投げおろしたりして暴れるのが壮観ですが、神輿荒れもあってなかなか勇壮な祭りです。
念仏を唱えながら踊る雨乞い念仏踊りは滝宮念仏踊りが有名です。讃岐の国中が大干ばつにみまわれた時、国司であった菅原道真公が7日7夜の雨乞いの祈祷を行ったところ、満願の日に大雨が降り、喜んだ人々が滝宮神社で踊ったのが始まりだといわれています。踊りの中心は大団扇をもった下知(踊り手)で、太鼓打と中鉦とともに中踊をつとめる。まわりには、法螺貝・鉦・皷・笛などの鳴り物がつき、外鉦と警固による鉦や念仏にあわせて飛び跳ねるように踊ります。
綾子踊は、まんのう町に伝わる民俗芸能で風流踊り唄といわれます。ある旱魃の年、弘法大師がこの村の「綾」という女性に雨乞いの踊りを教えて竜王の祠の前で踊らせると、急に空が曇って雨が降り出したと伝えられ、以来、旱魃のときにはこの踊りを奉納して雨乞いをしたという。踊りは、長刀持と棒持が踊場の中央で口上を述べて踊り、次に芸司の口上のあと子踊、大踊、側踊の組が並んで踊る。曲目は十二曲があり、それぞれの小歌に合せて踊を展開していきます。
高松市香川町にある新池という「ため池」を舞台に行われるひょうげ祭りの神輿は杉の葉を束ねた手造りで、鳥毛や太刀もすべて農作物で作るという農村らしいユニーク祭りです。「ひょうげ」とはおどけてとかひょうきんなとかいう意味の方言のようです。
秋風に乗ってキンモクセイの香りが豊浜町内に漂い始める頃、観音寺市豊浜町のさぬき豊浜ちょうさ祭りが行われます。金糸刺繍に彩られた絢爛豪華な「ちょうさ(太鼓台となる山車)」が一堂に会して行われる「かきくらべ」は圧巻です。御神輿が船に乗って海上を渡る「船渡御」のほか、夜は提灯の灯りに照らし出された幻想的なちょうさの姿もみられます。
小豆島の中山農村歌舞伎は、江戸時代の中期から、現在に至るまで上演され続けている貴重な郷土芸能です。お伊勢参りへ出かけた島民たちが、上方歌舞伎の場面を描いた絵馬や衣裳を持ち帰り、旅回りの一座や振付師を招いて自分たちで歌舞伎を演じるようになったのが始まりです。最も盛んな明治から大正の時期には、島全体で歌舞伎舞台が30以上、役者が約600人いたといわれています。
10月の金刀比羅宮例大祭は一年間で行われる祭典の中で一番大きなお祭りです。毛槍・鳥毛をうちふるう奴を先頭に、「お頭人さん」と呼ばれる幼い男女2名ずつ、神馬、神職、巫女、舞人、伶人、五人百姓、庄官など総勢約500名の平安絵巻さながらの神輿行列が御本宮から御旅所までの間、繰り広げられ沿道は数万人の見物客で大変賑わいます。
秋祭り太鼓台奉納は秋の豊作に感謝する小豆島最大のお祭り。小豆島と豊島(てしま)の2島8か所にある八幡神社でそれぞれの地区の氏子が太鼓台を奉納します。きれいに飾った赤い布団屋根の太鼓台をみんなで力を合わせて威勢よく担ぎ、妙技を競う様は躍動感があります。

開催日開催地お祭りYouTubeWikipedia
1月15日に近い土・日曜日小豆島町西村のトンド(香川県公式ホームページ)
小豆島町西村地区の「とんど」
旧暦2月1日に近い日曜日三豊市生里のモモテ
生里 百々手祭
4月上旬から下旬
琴平町四国こんぴら歌舞伎大芝居四国こんぴら歌舞伎大芝居
旧金毘羅大芝居
5月3日から4日
丸亀市丸亀お城まつり3年ぶりの丸亀お城まつり
丸亀お城まつり
5月4日・5日
東かがわ市白鳥だんじり子供歌舞伎(香川県公式ホームページ)白鳥神社 だんじり子供歌舞伎
3年ごとに開催 4月から香川県瀬戸内国際芸術祭瀬戸内国際芸術祭
瀬戸内国際芸術祭
7月中旬の土・日曜日
観音寺市かんおんじ銭形まつり
かんおんじ銭形まつり花火大会
7月最終土・日曜日東かがわ市山王宮の夏祭(香川県公式ホームページ)
山王宮夏祭り
西暦奇数年隔年8月第1土・日曜日高松市女木島 住吉神社大祭
女木島住吉神社大祭
8月上旬から9月中旬
高松市むれ源平石あかりロードむれ源平石あかりロード
むれ源平石あかりロード
8月14日
坂出市櫃石の盆踊り(香川県公式ホームページ)
8月25日前後(3年に一度)丸亀市坂本念仏踊(香川県公式ホームページ)
坂本念仏踊り
8月25日綾川町滝宮念仏踊り
滝宮の念仏踊
滝宮の念仏踊
西暦偶数年隔年8月下旬から9月上旬の日曜日まんのう町綾子踊
綾子踊
綾子踊
9月上旬の日曜日
高松市ひょうげ祭り(高松市公式ホームページ)
ひょうげ祭り
9月22日
高松市佐料編笠神楽(香川県公式ホームページ)佐料編笠神楽奉納
10月第1土・日曜日観音寺市伊吹八幡神社の秋祭(香川県公式ホームページ)
伊吹八幡神社・秋祭り
10月第2金・土・日曜日観音寺市さぬき豊浜ちょうさ祭り
さぬき豊浜ちょうさ祭
豊浜ちょうさ祭
10月上旬
小豆島町中山農村歌舞伎(小豆島町公式ホームページ)中山農村歌舞伎
10月9日から11日
琴平町金刀比羅宮例大祭金刀比羅宮例大祭
10月スポーツの日東かがわ市川東尺経獅子
川東尺経獅子
10月スポーツの日
東かがわ市西村の天鵞絨獅子(香川県公式ホームページ)西村天鷲絨獅子
10月第2土・日曜日さぬき市塚原稲荷神社のあばれ神輿(香川県公式ホームページ)
塚原稲荷神社 あばれみこし
10月16日小豆島町亀山八幡宮の秋まつり
小豆島 亀山八幡宮 秋祭り
10月中旬の土・日曜日
高松市仏生山大名行列
高松秋の祭り・仏生山大名行列
高松秋のまつり・仏生山大名行列
10月中旬から下旬
土庄町秋祭り太鼓台奉納(小豆島)秋の太鼓祭り
10月第4土・日曜日
丸亀市垂水神社湯立神楽(香川県公式ホームページ)丸亀市垂水神社(御神楽)
湯立神楽
10月下旬
宇多津町宇多津秋祭り(宇多津町公式ホームページ)宇多津秋祭
11月第1日曜日・第2日曜日
高松市祇園座歌舞伎(香川県公式ホームページ)農村歌舞伎 祇園座公演

香川県の花はオリーブ
香川県の鳥はホトトギス
香川県の木はオリーブ
(香川県の公式ホームページ)

シンボル(県章・県花・県木など)|香川県
タイトルとURLをコピーしました