お祭りりんく 凧・こいのぼり

注目のお祭り( Xにポスト )

6月7日から9日に行われる 東京都 台東区鳥越神社の 鳥越まつり はたくさんの町会神輿が登場するが神社神輿の宮入りは鳥越の夜祭りと呼ばれ、千貫神輿のまわりの提灯に灯がともり神秘的で荘厳な雰囲気になる。
福井県 越前町の越前陶芸村で5月25日・26日に開催の 越前陶芸まつり は県内の越前焼窯元が一堂に集結し、新作をはじめ数多くの焼き物を購入できる催し。伝統工芸品販売や飲食・バザーや茶会もある。
福井県 の三國神社で5月19日・20日・21日に行われる 三国祭 は北陸三大祭の一つ。高さ6メートルを超える豪勢な武者人形が笛太鼓のお囃子と共に町内を練り歩く。古い町並みを巨大な山車が進む光景は迫力満点。
4月に始まった 福岡県 小郡市如意輪寺(かえる寺)の 風鈴まつり は桜やあじさい、新緑や紅葉などを楽しめる如意輪寺で夏を無事に越せるようにと数千個の風鈴が境内に飾られ、その音色は涼やか。8月31日まで。

   ライラック


埼玉県 加須ジャンボこいのぼり

写真提供:(一社)埼玉県物産観光協会

静岡県 浜松まつり

写真提供:静岡県観光協会

都道府県開催日開催地お祭りYouTubeWikipedia
北海道4月上旬から5月上旬札幌市南区定山渓温泉渓流鯉のぼり定山渓温泉渓流鯉のぼり定山渓温泉
宮城県2月上旬の日曜日登米市とよま凧あげ大会とよま凧あげ大会
宮城県5月下旬の日曜日気仙沼市気仙沼天旗まつり気仙沼天旗まつり
茨城県4月下旬から5月中旬常陸太田市竜神峡鯉のぼりまつり竜神峡鯉のぼりまつり竜神峡
群馬県3月下旬から5月上旬館林市世界一こいのぼりの里まつり世界一こいのぼりの里まつり館林市
群馬県4月下旬から5月上旬神流町かんな鯉のぼり祭りかんな鯉のぼり祭り神流川 (利根川水系)
埼玉県4月下旬から5月上旬越谷市不動橋こいのぼり(越谷市公式ホームページ)不動橋こいのぼり
埼玉県5月3日加須市加須ジャンボこいのぼり加須ジャンボこいのぼりジャンボこいのぼりジャンボこいのぼり
埼玉県5月3日・5日
春日部市春日部の大凧あげ祭り
春日部の大凧あげ祭り小流寺
東京都3月下旬から5月上旬港区333匹の鯉のぼり333匹のこいのぼり
神奈川県5月4日・5日相模原市相模の大凧まつり
相模の大凧まつり相模川
新潟県4月中旬から5月上旬
加茂市加茂川を泳ぐ鯉のぼり加茂川を泳ぐ鯉のぼり加茂川 (新潟県)
新潟県6月第1木曜日より翌週の月曜日
新潟市白根大凧合戦
白根大凧合戦白根大凧合戦
新潟県6月第1土・日曜日
三条市三条凧合戦
三条凧合戦三条凧合戦
新潟県6月第1土・日・月曜日長岡市長岡中之島大凧合戦中之島大凧合戦今町・中之島大凧合戦
富山県5月中旬の日曜日射水市越中だいもん凧まつり
越中だいもん凧まつり
越中国
石川県4月下旬から5月上旬珠洲市大谷川鯉のぼり川渡し大谷川鯉のぼりの川渡し
岐阜県3月下旬から5月上旬垂井町相川鯉のぼり一斉遊泳こいのぼり一斉遊泳垂井町
静岡県5月3日から5日浜松市浜松まつり浜松まつり浜松市
三重県4月下旬から5月上旬熊野市七里御浜海岸 鯉のぼり七里御浜海岸 鯉のぼり七里御浜
滋賀県5月最終日曜日東近江市東近江大凧まつり東近江大凧まつり
山口県5月4日・5日防府市佐波川こいながし佐波川こいながし佐波川
徳島県3月中旬から5月末三好市鯉のぼり 秘境大歩危峡を泳ぐ
鯉のぼり 秘境大歩危峡を泳ぐ
大歩危
愛媛県5月5日内子町いかざき大凧合戦いかざき大凧合戦 内子町
高知県5月3日から5日いの町仁淀川 紙のこいのぼり紙のこいのぼり仁淀川
佐賀県3月中旬から5月中旬佐賀市川上峡春まつり川上峡こいのぼり川上峡
長崎県4月上旬から下旬長崎市長崎ハタ揚げ
長崎ハタ揚げ大会長崎市
熊本県4月1日から5月6日小国町杖立温泉鯉のぼり祭り杖立温泉鯉のぼり祭り杖立温泉
沖縄県4月下旬から5上旬糸満市平和祈念こいのぼりまつり平和祈念こいのぼりまつり
沖縄県5月4日・5日本部町もとぶカツオのぼりまつりカツオのぼり本部町

北海道 

4月 札幌の湯の杜といわれる定山渓温泉は、北海道を代表する温泉地のひとつです。定山渓温泉渓流鯉のぼりは山々に雪が残る4月上旬から新緑が芽生える5月中旬まで、約400匹の鯉のぼりが豊平川上空を泳ぎます。ビューポイントは温泉街中心部にある月見橋からの眺めです。

埼玉県 

加須市は、日本有数のこいのぼりの生産量を誇る「こいのぼりの町」です。こいのぼりは、明治の初め、傘や堤灯を作っていた職人達によって作られ始めました。5月3日の加須市民平和祭には、全長111メートル、重さ730キロの世界一のジャンボこいのぼりが、利根川の上空を遊泳し、「こいのぼりのふるさと・加須」を 全国にアピールしています。

神奈川県

相模の大凧まつりの大凧の魅力は、大きさと題字で、最も大きい凧が8間(14.5メートル)四方で、材料は竹と和紙です。竹で骨組みを作った後、反りを入れ、別に和紙を貼り合わせた複数の大貼りを作り、2文字の漢字を赤と青で書く、いわゆる字凧です。大凧に書かれる題字は、その年の世相を反映したものとなっており、現在は相模原市民から募集するようになっています。

新潟県 

4月中旬から5月上旬にかけて行われる加茂川を泳ぐ鯉のぼりは、加茂川の青空の下を約500匹の鯉のぼりが春風とともにいきいきと泳ぐ、加茂市の春の風物詩ともいわれるイベントです。河川敷は、毎年鯉のぼりを観にくる多くの人たちで賑わいます。飾られる鯉のぼりには、子どもが成長して使わなくなり、寄付してもらったものも含まれています。
6月菖蒲の節句を祝っておこなわれる白根大凧合戦は、畳24畳分の大凧が信濃川」の支流中ノ口川を挟んでぶつかり合い、入り乱れて凧合戦を行うもので、どちらかの大凧が切れるまで引き合い、勝負を決めます。約三百年前から行われているもので凧合戦の起こりとされています。

静岡県 

5月 浜松まつりは大凧が5月の空に悠々と舞う。凧揚げまつりの一番の見どころは「糸切り合戦」で、これは、参加する各町の凧糸を絡ませ、互いに擦り合って相手の糸を断ち切る戦いです。夜は、市中心部で、お囃子の笛と太鼓、三味線の音に合わせて御殿屋台が引き回されます。美しくライトアップされた屋台には、各町様々に趣向を凝らした彫刻が浮かび上がり、祭り絵巻を見ているかのような感覚で、見るものを魅了します。

徳島県 

3月中旬 鯉のぼり 秘境大歩危峡を泳ぐは三好市の景勝地、大歩危峡(おおぼけきょう)の吉野川中流域の渓谷にワイヤーを張り、全国から送られてきた鯉のぼりを約100匹近くを吉野川の川面に泳がせます。吉野川を挟んだ両岸の岩は国指定の天然記念物に指定されていますので、そこに泳ぐ鯉のぼりの大群は一見の価値があります。

愛媛県 

5月5日に内子町のいかざき大凧合戦が繰り広げられる。男子の初節句を祝う伝統行事で、小田川の豊秋河原の両岸から数百流の大凧が舞いあげられる。かっては両岸が五十崎村と天神村に分かれていたことから、両岸の凧が空中で絡み合って引っ張り合い喧嘩になることから「喧嘩凧」と異名をとった。近頃はルールがあって喧嘩になることはなく、空中での壮大な凧合戦は観衆をわかせます。

長崎県 

4月 長崎ハタ揚げは、出島のオランダ人の付き人だったインドネシア人が、望郷の思い忘れ難く、凧を揚げたのが始まりといわれています。長崎では凧のことを「ハタ」と呼び 長崎の凧は揚げて楽しむのではなく、他の凧と掛け合い、切り合うのが目的です。そのため、糸にはガラス粉が塗ってあり、糸同志に喧嘩させて、相手の凧糸を切って落とす仕組みになっています。

タイトルとURLをコピーしました