広島県の有名なお祭り

因島水軍まつり 海まつり

写真提供:広島県

三原やっさ祭り

尾道ベッチャー祭り

広島県はかって安芸、備後の二国でした。広島県を南北に分けてみると、安芸の芸南、備後の備南は主に海の文化圏、安芸の芸北、備後の備北は山の文化圏、その中間部の平野や盆地は野の文化圏が広がっており、それぞれの文化圏に伝承された伝統文化を今に残しています。
福山市新市町には備後一宮の吉備津神社が鎮座している。その吉備津神社の節分の日にほら吹き神事があります。節分祭の豆撒きが終わると、本殿南の広場に火の手があがり、その火のまわりに人びとが集まってくるとほら吹き神事となるのです。それぞれに自慢のネタを面白おかしく話し出すが、順番を決めて話すわけではない。夜が更けてくると色話が出るようになり、明るい笑い声が交錯する。ささやかな楽しみが盛り上がる節分です。
「神明祭」とは、もともと、左義長と小早川一族が重んじた伊勢信仰が習合したものです。三原神明市は当日露店が軒を並べ、飾り人形とともに近頃はダルマ市が名物となり、三原駅前には大トンドが飾られ左義長の名残りが今も残されています。
広島市にある稲荷大明神の夏祭りとうかさん大祭は「浴衣祭り」とも呼ばれるのは、この日に真夏への衣替え、浴衣の着初め日になり、女性の参詣者の多くが浴衣を着る風習となったからだいわれています。今では夜店が立ち並ぶ賑やかな祭りとして知られるようになりました。
本地の花笠踊りは四方にむかって細かく割ったシビを半円形に垂らし、これに紙花をつけた大きい花笠をかぶって踊る。体をまわす振りでは、垂れ花が美しくまわり、風流踊りらしい雰囲気に満ちあふれています。男子が女装し、小歌に合わせて踊ります。この踊り由来は、天正年間、吉川元春が南条元続を攻略したおり、壮者を踊子に装わして功を奏したのに始まるともいわれています。
因島水軍まつり海まつりは、鎧兜を身に着けた武将が登場する「島まつり」、暗闇の中で幻想的な大松明が練り歩く「火まつり」、村上海賊が使っていた船を再現した「小早(こはや)」レース「海まつり」の三つで構成されますが、見ものは、約1キロメートルのコースを競う「小早」レースで、櫂のこぎ手と舵取りの船頭、太鼓を打つ人が力をあわせて船を漕ぐ姿が勇壮です。海上からの太鼓の音が鳴り響き、木造船が疾走する風景は因島の夏の風物詩となっています。
厳島神社の宮島管絃祭は、京の都の平安貴族の音楽を平清盛が厳島神社に移したものである。厳島神社には雅楽舞台があって、その舞台で舞楽も演じられるが、管絃祭は船上で管絃が奏されます。波の上に流れる管絃の調べの優雅な響きと船の灯火が波に映って美しい夏の夜の祭りです。
尾道市の吉和太鼓踊りは、戦国時代から江戸時代の初期の風流念仏踊りであるとみられている。吉和から浄土寺まで行列を組んで進むが、木枠で作った御座船を先頭にし、二列になった総勢百人あまりが大太鼓、小太鼓、鉦を響かせ、踊っていくのは壮観です。歴史の積み重なった港の歴史的街並みの中を、中世の名残を残す荘厳な伝統行事です。
三原市には三原やっさ祭りがあります。三味線、鉦、太鼓、笛、四つ竹など賑やかなはやしと歌声にあわせて踊る、流し型の盆踊りですが、足の踊りといわれ、テンポの速い乱舞スタイルに人気があります。北前船によって運ばれた九州のハイヤ節の流れを汲むものといわれます。
神石高原町の亀鶴山八幡神社秋祭りは、盛大な神儀が展開されます。亀鶴山八幡神社に向かう総勢百人にもなる行列で、太鼓と鐘の音に合わせ、勇壮に跳ね踊り、練り歩く渡り拍子が見事です。跳ね踊りは、美しい衣装を付け頭にはしゃぐま(尾長鳥の羽根で作ったもの)をつけて踊ります。
  尾道市吉備津彦神社の秋の祭り尾道ベッチャー祭りは神輿渡御の行列の先頭にベッチャーと称する役の者が参加します。ベッチャーとは天狗面のショーキー、武悪面のベタ、般若面のソバのことで、ベッチャーと獅子が、神輿とともに市内を練り歩き、子どもを見つけると追い回し、手にした「ささら」や「祝棒」で頭をたたいたり、体を突いたりします。「ささら」でたたかれると頭が良くなり、「祝棒」で突かれると子宝に恵まれ無病息災が約束されると言われています。

開催日開催地お祭りYouTubeWikipedia
節分の日福山市節分祭・ほら吹き神事
ほら吹き神事
2月第2金・土・日曜日
三原市三原神明市三原神明市と三原ダルマ
2月第2土・日曜日
廿日市市宮島かき祭り
宮島かき祭り
2月第2日曜日
廿日市市大野かきフェスティバル
大野かきフェスティバル
2月中旬から3月中旬
福山市鞆・町並ひな祭鞆・町並ひな祭
3月下旬の日曜日
廿日市市宮島清盛まつり
宮島・清盛祭パレード
3月下旬から4月上旬廿日市市宮島 雛めぐり
宮島 雛めぐり
5月3日から5日
広島市ひろしまフラワーフェスティバルひろしまフラワーフェスティバル
ひろしまフラワーフェスティバル
5月上旬の土・日曜日
尾道市尾道みなと祭
尾道みなと祭
5月中旬
福山市福山ばら祭福山ばら祭
福山ばら祭
6月1日から9月上旬三次市三次の鵜飼
三次の鵜飼
6月の第1金・土・日曜日
広島市とうかさん大祭
とうかさん
とうかさん
6月第1日曜日北広島町壬生の花田植え
壬生の花田植え
壬生の花田植
6月第2日曜日北広島町本地の花笠踊り
本地の花笠踊り
6月末頃
尾道市因島水軍まつり 海まつり因島水軍まつり海まつり
旧暦6月17日 廿日市市宮島 管絃祭宮島厳島神社管絃祭
管絃祭
7月第2土曜日福山市お手火まつり
お手火神事
お手火祭り
7月最終土曜日
三次市三次きんさい祭三次太鼓 三次きんさい祭
7月末から8月上旬
尾道市おのみち住吉花火まつりおのみち住吉花火まつり
おのみち住吉花火まつり
西暦偶数年の旧暦7月18日尾道市吉和太鼓踊り
吉和太鼓踊り
8月第2金・土・日曜日
三原市三原やっさ祭り三原やっさ祭り
やっさ祭り
8月14日・15日
福山市福山夏まつり
福山夏まつり
10月第2土・日曜日
東広島市酒まつり
西条酒まつりin東広島
酒まつり
10月第2土・日曜日呉市亀山神社 秋祭り
呉 亀山神社 例大祭
11月1日から3日
尾道市尾道ベッチャー祭り尾道 ベッチャー祭
ベッチャー祭り
11月上旬庄原市お通り(東城町)
備後東城秋祭り『お通り』
11月17日から20日
広島市胡子大祭胡子大祭-えべっさん
胡子講
11月17日から翌年1月3日
広島市ひろしまドリミネーションひろしまドリミネーション
ひろしまドリミネーション

広島県の花はモミジ
広島県の鳥はアビ
広島県の木はモミジ

タイトルとURLをコピーしました