東京都の有名なお祭り

くらやみ祭り

Keyaki, CC BY-SA, via Wikimedia Commons

神田祭

Jose Fernando from Tokyo, Japan, CC BY-SA 2.0,
via Wikimedia Commons

深川八幡祭り

東京の江戸時代のキャッチフレーズは「火事と喧嘩は江戸の華」というのがあり、これとともに江戸を代表するのが「江戸の祭り」でした。ですのでビルの立ち並ぶ町中でも、お祭りの季節になると賑やかに祭り囃子が響きわたる様は風情があります。
東京のだるま市として、まず、お正月に行われる昭島市の拝島大師だるま市は蚕の病気除けにだるまが効くと言われて盛んになった、全国で最も早いだるま市です。はじまりは江戸末期に逆のぼるという伝統を誇り、大小さまざまな真っ赤なダルマさんが並ぶ様は壮観そのものです。
一方、深大寺山門の紅梅白梅が見ごろを迎える頃、諸願成就の大護摩供にあわせて境内では大師様のご威力にあやかる深大寺だるま市が開かれます。100店以上のお店がでて、あざやかな朱色のだるまなどが並ならびます。
檜原村の春日神社に伝わる御とう神事は、神人共食の古い祭りの形式を伝えています。祭りの当日、午前零時になると、神饌を調理する関係者が秋川渓谷に走り下って禊をし、神社へ戻って火打石で火をおこし、大釜で米飯を焚く。炊き上がった米飯を木椀に大高盛りにして神前に供え、氏子にもこれを分配する古風な祭りです。
府中市大國魂神社のくらやみ祭りは神聖な物は肉眼では見てはだめとされ、神輿(神の魂)を見ることが出来ない暗闇のなかで、神輿を一夜を明かされる御旅所まで運びました。今日では、ちょうちんの明かりで灯され、国内外から訪れる観光客を魅了する祭りです。
神田祭とは神田明神の祭りです。祇園祭、天神祭とともに日本の三大祭りの1つとされています。三基の鳳輦を中心にした神幸祭の行列が練り歩きますが、100基の町内神輿が宮入をするために、威勢よく境内へ繰込むのが壮観です。神幸祭の見どころの1つに、「附け祭」と呼ばれる江戸時代の文化芸能を多様に採り入れた踊り屋台、疋き物、仮装行列からなり、各氏子町会で競い合って毎回テーマを変え、見物人を楽しませる行列です。
三社祭は浅草神社の祭りです。東京の祭りは、神輿の渡御を中心とする祭りが多いが、その中で、最も賑わいをみせるのが三社祭です。百を超える町内神輿の連合渡御もあるが、最高の盛りあがりをみせるのは、巨大な三基の本社神輿の宮出しです。担ぎ手と見物人で埋めつくされた境内は、まさに興奮のるつぼと化すのです。
日枝神社の山王祭は、「神田祭り」と隔年で行われます。二基の鳳輦、一基の神輿、六隻の山車が、銀座や八重洲など氏子町内を巡幸する。高層ビルが立ち並ぶ中を王朝衣装の人々が練り歩く姿は、現代といにしえの時が交錯する不思議な景色です。
厳正寺 水止舞は、雨が止むことを祈願して三匹獅子舞が舞われる。雨乞いのため踊られる獅子舞は多いが、水止めを祈願するのは珍しいことです。寺伝では、永享元年(1429年)、武蔵国一帯が大旱魃になった時、厳正寺二世法密上人が祈祷して雨が降ったが、翌々年には長雨となって洪水の被害が出た。そこで上人は三匹の龍頭の獅子を作って農民に舞わせたところ、たちまち雨が止んだ。そしてこれが水止舞として伝承されるようになりました。
大國魂神社のすもも祭は粟飯とすももが神饌として捧げられ、神社からは「烏団扇」が配布され、参道の露店ではすもも市と称してすももが売られる。「烏団扇」は、その風によって害虫を追い払うとともに、疫病をも除けることができるとされ、すもも祭は夏の虫送りと疫病送りを祈る祭りです。
住吉神社例大祭(佃祭)の3年に一度の大祭では、八角御輿の宮出し、獅子頭の宮出し、神輿を船に乗せて川を渡り地域を廻る船渡御が行われます。沿道から豪快に水が掛けられるたびに「オリャ!オリャ!」と勇ましい掛け声が響き、勇壮なお祭りとなります。
新島の大踊りは離島で踊られる盆の踊りとして特色があります。祝儀踊りと呼ばれるが、神霊を慰めるための祝いの踊りと言われ、盆行事と古風な神行事が結びついたものです。踊り子がカバと呼ぶ笠に色鮮やかな長い布を垂らして、誰が踊っているのか外からは分からない扮装も異様です。
富岡八幡宮 例大祭は深川八幡祭りと言われて、神田祭、山王祭とともに「江戸三大祭」の一つに数えられています。別名「水かけ祭り」とも呼ばれ、暑さが厳しい昼間は沿道から盛んに水が飛ぶのもこの時期の祭りならではです。見物客も一緒にびしょ濡れになり祭りは盛り上がっていくが。神輿が永代橋に差し掛かると、芸妓連による手古舞いやとび職達の江戸木遣りが神社まで先導していって渡御はクライマックスを迎えます。
東京の神楽を代表するのが江戸の里神楽です。埼玉の方から伝えられ元禄から文化文政の頃隆盛を極め、江戸の神楽師によって洗練され、江戸の庶民に親しまれて今日の里神楽になったのです。この神楽は、仮面をつけ、パントマイムで筋を進めるところであり、指先を巧みに使って表現力を増し、身体の動きにも工夫があって、黙劇でも物語の内容が理解できるのが特色です。この演技法には「壬生狂言」の影響があったといわれています。
近年東京で行われる阿波踊りとして杉並区高円寺で開催される東京高円寺阿波おどりと、JR大塚駅近くで行われる東京大塚阿波おどりがあります。いずれも地元の商店街の町おこしとして始まり、いまでは遠方からの参加者も多い東京の代表的な夏祭りとなり晩夏の風物詩として定着しています。
国立市の谷保天満宮例祭では、獅子舞行列に各町の万燈が繰り出されるが、各町が競い合って花万燈を作るので、特大のものは100Kg以上にもなる。これを一人で担ぎながら巧みに回転させての練り込みとなるのが壮観で、境内に入るとお互いに万燈をぶつけ合って壊し、見物人は花の付いた割竹を抜き取って持ち帰ります。

都道府県開催日開催地お祭りYouTubeWikipedia
東京都1月1日から7日
墨田区隅田川七福神めぐり
隅田川七福神巡り
東京都1月2日・ 3日
昭島市拝島大師ダルマ市
拝島大師 だるま市
東京都1月8日
台東区鳥越神社 とんど焼
鳥越神社とんど焼き
東京都1月28日日野市高幡不動尊 だるま市
ダルマ市 高幡不動尊
東京都1月下旬から3月下旬
大島町伊豆大島椿まつり伊豆大島椿まつり
東京都2月11日
板橋区田遊び(北野神社)
徳丸北野神社田遊び
東京都3月1日から2日檜原村御とう神事(檜原村公式ホームページ)
檜原村 春日神社 御とう神事
東京都3月3日・4日
調布市深大寺だるま市
深大寺だるま市
東京都4月第2週の土曜日台東区浅草観音うら一葉桜まつり
浅草観音うら一葉桜まつり
東京都4月の第4日曜日
練馬区照姫まつり
照姫まつり
東京都5月2日・3日
青梅市青梅大祭青梅大祭
青梅大祭
東京都5月2日・3日渋谷区明治神宮 春の大祭
明治神宮春の大祭
東京都5月3日から6日
府中市くらやみ祭りくらやみ祭 神輿渡御
くらやみ祭
東京都5月上旬台東区下谷神社例大祭
下谷神社例大祭
東京都5月11日から13日
杉並区妙法寺 法華千部会
東京都西暦奇数年5月中旬
千代田区神田祭神田祭
神田祭
東京都5月第3週の金・土・日曜日
台東区三社祭浅草三社祭
三社祭
東京都5月20日前後の土・日曜日
中央区東京みなとまつり
東京みなと祭
東京都6月2日・ 3日
荒川区素盞雄神社 天王祭
天王祭
東京都6月上旬台東区鳥越まつり
鳥越まつり
東京都6月10日と近い日曜日
中央区波除稲荷神社 つきじ獅子祭つきじ獅子祭
東京都西暦偶数年6月中旬
千代田区山王祭山王祭
山王祭 (千代田区)
東京都7月初旬
台東区下町七夕まつり
下町七夕まつり
下町七夕まつり
東京都7月9日・ 10日
台東区ほおずき市
ほおずき市
東京都7月14日
大田区厳正寺 水止舞
3年ぶり開催 水止舞
東京都7月20日前後の3日間
調布市深大寺鬼燈まつり深大寺鬼燈(ほうずき)まつり
深大寺鬼燈まつり
東京都7月20日
府中市大國魂神社 すもも祭
すもも祭り大國魂神社
東京都7月下旬の土曜日
港区三田納涼カーニバル
三田納涼カーニバル
東京都7月下旬
新宿区新宿エイサーまつり新宿エイサーまつり
東京都8月6日・7日
中央区住吉神社例大祭(佃祭)住吉神社 例大祭(佃祭)
住吉神社 (東京都中央区)
東京都8月第1金・土・日曜日
八王子市八王子まつり
八王子まつり
八王子まつり
東京都8月7日を中心に木曜から日曜日
福生市福生七夕まつり
福生七夕まつり
福生七夕まつり
東京都8月14日・ 15日新島村新島の大踊り
新島村 若郷の大踊り
東京都8月15日前後
江東区深川八幡祭り
富岡八幡宮例大祭
深川祭
東京都8月25日の直前の日曜日稲城市江戸の里神楽
江戸の里神楽(稲城・山本社中)
江戸の里神楽
東京都8月下旬の金・土曜日
豊島区東京大塚阿波おどり
東京大塚阿波おどり
東京都8月下旬の土・日曜日
府中市けやきフェスタ(よさこいin府中)
けやきフェスタ
東京都8月下旬
杉並区東京高円寺阿波おどり高円寺阿波おどり
東京高円寺阿波おどり
東京都8月の最終土曜日
台東区浅草サンバカーニバル浅草サンバカーニバル
浅草サンバカーニバル
東京都8月の最終土・日曜日
渋谷区原宿表参道元氣祭・スーパーよさこい原宿表参道元気祭
原宿表参道元氣祭・スーパーよさこい
東京都9月第3土・日曜日
渋谷区金王八幡宮例大祭
金王八幡宮例大祭
東京都9月25日直近の土・日曜日国立市谷保天満宮例祭
谷保天満宮例大祭
東京都9月最終の土・日曜日
品川区しながわ宿場まつり
しながわ宿場まつり
東京都10月中旬の土・日曜日
豊島区東京よさこい
東京よさこい
東京都10月19日・ 20日
中央区べったら市
べったら市(日本橋)
東京都11月の酉の日台東区鷲神社 酉の市
鷲神社の「酉の市」
酉の市
東京都11月上旬の土・日曜日
港区ドリーム夜さ来い祭り
DREAM夜さ来い祭り
東京都12月14日
港区泉岳寺 赤穂義士祭泉岳寺義士祭
義士祭 (東京都港区)
東京都12月17日から19日
台東区歳の市(羽子板市)
歳の市(納の観音)羽子板市

東京都の花はソメイヨシノ
東京都の鳥はユリカモメ
東京都の木はイチョウ

タイトルとURLをコピーしました